空を見上げて
トップページ » 天竜林業 弾丸珍道中

天竜林業 弾丸珍道中


話を林業に戻しましょう。

前回は「適寸」というお話をしましたが、それだけではないんですね。
林業は完全計画性で進むわけではないので、適寸以外の丸太も出てくるわけです。
というより、近年はその適寸をオーバーする丸太からどのように生産性を上げていくかが一つの課題でもありますが、既存の製材寸法や用途にとらわれない方法で、活用する場合も出てきています。
それが「芯去り製材」。

芯去り、というのは字の如く木の芯を外した製材品ですが、狂いや割れが少ないなどの特徴がありますが、ある程度大きな丸太からしか生産することはできません。
それが適寸をオーバーして大きくなったものだから、贅沢に「芯去り」が生産できるようになっているのです。

下草の森3


通常は、大きな丸太を贅沢に使うことは価格アップに直結しますが、それを少しのアップ率で、芯去り材を提供できるという林業再度のメリットは、潤沢な山の資源と天竜地域の林業が人工美林と称される品質を有しているからこそのものだと思います。
そういう意味で言っても天竜の山々の木は、これからどんどん活用したい資源を持つ山、といえると思います。

人工美林、と称されるからにはよほどの歴史があるもの、とここでもイメージ先行で考えてしまいますが、実はこれも、意外と古くは無かったりするんですね。
人工林での美しさを語る時、今回もそうですがどうしても吉野地方を引き合いに出すことになるのは仕方なしとしても、彼の地での植林の父が土倉氏であるように、天竜においても近代林業の父がいてその名は金原明善氏。
金原氏については、私よりも明るいページが多くあるのでそちらに譲るとして、やはり此の地でも植林に多くを費やしてくれた方の功績があったのかと思うと、木々の見方も変わります。

急峻な部分があったり、岩場があったり。そんな天竜の山々に木を植えていく事は容易ではなかったと思います。
山中に行くと所々で目にするのは、沢というよりも滝に近い切り立った岩場を流れる水しぶきであったり、その周辺に根を伸ばす杉たちの姿。
そしてそこから少し離れた岩場に根を張る桧たち。
もちろん、それらすべてが植林ではなく植林されたものから次世代の種が落ち、それぞれの適所で芽吹いたものでしょうけども、やはり、それぞれの樹種に適した場所に植えていくという事は、守られていたようです。

石抱く桧


現在からすると、車でいくことや道路のある場所などでも、こんなところまでびっしりと造林されたのか!?と驚くような森林率を見て取れる天竜地域。
今からはその苦労を察することは容易ではありませんが、もしかするとこの地の人たちは、「苦労」とは思ってはいなかったのかもしれません。

というのも、天竜には「木を植える」という行為自体に抵抗がなかったのでは、と思わせる歴史が本格的な植林時代以前に存在していたようなのです。
それが、現在でも天竜地域の春野町に残る「秋葉杉」に見て取れます。

秋葉杉3


春野町の山の頂近くに在する秋葉神社。
社からの眺めは、さながら「天空の社」ですが木が目的である私にとっては、眺めよりも樹木!
で、驚くのがこの秋葉杉なのです。
解説板には天然林も含め、文明年間より植林の歴史がある、とされています。

ん?!ちょっと待てよ。
それでは、日本最古の歴史を誇る植林地である吉野林業よりも古い530年ほど前から植林されていたことになる?!
マジで?!・・・・


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp

 



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星