空を見上げて
トップページ » 天竜林業 弾丸珍道中

天竜林業 弾丸珍道中

最初の山主さんの山を移動し、次は違う山主さんのところへ向かいます。

贅沢にもお二人の山を一日にしてみる事ができるというものですが、しかし本当は、もっと別の場所には「是非見てもらいたいさらなる良い山」もあるというのですが、私の様な舗装路走行仕様のお車では、ボディー下廻りを損傷しかねない、ということで今回は断念なのでまだまだ奥は深いということです。

移動中も、実際に山に入っておられる御本人から色々とお話を聞きながら、材の色の事や求められる質、どの方面に出荷しているのかということを教えてもらいました。

下草の森


材の地域性や求められる用途を考えると、適正な出荷地方が見えてくるわけですが、現在でも「天竜にいけば大丈夫(良い材を確保できる)」という自信をもって丸太を求めに来られる方がいらっしゃるということで、育林の指標にもなっているようです。

次に訪れた山も、一言にいえば見る価値のある山。
お手本のように、しっかりと手入れされています。
前回の山も含め、主要な木材を産出すると思われる立ち木の樹齢構成は主に80年生が多いようです。

第二の森4

前回の山と比べると、下草が無い?と思われるかもしれませんが、前回が特別多いと思われるので、これでも健全。
すくっと伸びる幹。
そして、地面に届く日の光と幹が浴びる明るさ。
作業道を歩いていても気持ちがいいし、木材としての可能性もさることながら、山としてのレクリエーション性を含めても魅力的なものだと感じました。
また、山主さんが直接素材生産にかかわっていることから、伐る樹木を選別して伐ることができることと、並んで選んで育てる事が出来るのもポイントかもしれません。
つまり、一斉に同じ様に、ではなく一本だけを特別に育てることや用途を限定して育てる(残す)ことも、希望を聞いてもらえるという事。
事実、山に木を選びに来ての伐採や通常の製材用の原木生産以外の磨き丸太生産などにも力を入れておられる様子。4

第二の森2


そんな魅力的な天竜の山ですが、意外なことに林業で重要視されると認識している「枝打ち」という作業が、実はこの50年ほど前から実施されているという。
天竜の中でも阿多古地域という場所のみは、それ以前から行われていたそうですが(特別な用途があったのか、街道に阿多古材の古い看板も見受けられた。)、こんなに美しく手入れされていることからは想像できないお話に、やはり現地に行ってみることの大切さを感じました。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星