空を見上げて
トップページ » 天竜林業 弾丸珍道中

天竜林業 弾丸珍道中

天竜・・・

カッコいい地名ですよね。
吉野、にも負けてないですよね。
天を駆ける竜の姿を想像する響きですが、天流地域に流れる天竜川は古くは「暴れ天竜」と称されていたほど、氾濫があったようです。
もちろん、現在ほど河川の治水技術が無い時期の話でしょうが、その「暴れ」はきっと竜がその肢体をくねらせて暴れるが如くだったのでは、と推察します。
ただ、それほどの水量があったということは、水の恵みも多かったということでしょう。
だから、お米やお茶、もちろん林業も発展したのではないでしょうか。

そう言えばもう5月。鯉のぼりの季節。
ウチの鯉達も少しづつ竜に近づいているのかもしれないなぁ・・・

鯉


ただ現在では、その天竜川も立派なダムができたことからか、すっかりおとなしい流れになって、優しげな竜の舞いのような佇まいに感じます。
その清流沿いを走りながら、今回の天竜林業の森へと向かうのですがその前に少しだけ、にわか天竜知識を書き留めておきます。
訪れる前に聞いていても、「そうなんだぁ。」という程度ですが、やはり実際に行ってみると聞いていた情報の正確さを実感することになります。


浜松市街から、天竜区へと入っていく道は天竜川に沿って伸びていますが、今の季節、車の窓を開けて走ると気持ちいいのなんのって(笑)。
山の緑の美しさと水があることによる爽快感というんでしょうか、どこまでも走れそう!
しかも、信号も多くないので加減速の少ない気持ちいいドライブが楽しめます。車でもそこまで気持ちいいんだから、自転車の人達(ロードレーサー)も多く見かけました。

そんな清々しさを感じながら走る道ですが、道の左右を見渡すと距離はあるのですが「山の壁」に囲まれている様に感じます。
遠くまで稜線が続いている、という様な表現ではなく本当に目の前の斜面が、結構な角度で立ちあがっています。
あぁそうか、やっぱりこの辺りはある程度の傾斜がある上に、天竜川に向かって双方向から山の斜面が下ってくるために、自ずと「暴れ天竜」だったのかもしれないなぁ・・・、と推察します。
要は峡谷、というイメージ。
(一人で走ってるので、運転中の撮影出来ずで写真ありません・・・汗)


そんな急峻な山々に育っているのは、主にスギ・ヒノキ。

下草の森2


北上すれば、谷間や岩場付近に広葉樹は見られるものの、民有林での人工林率が80%を超えるというのですから、見える景色は整然と並んだ運動会での学生の様です。
現在は巨大な区割りをもつ天竜区も、春野町、龍山町、佐久間町、水窪町などの周辺の区域の合区だということなので、そりゃ大きなはずですね。
それらの山々から、天竜川を使って運び出された木材が、多く使われ発展したのも至極当然だったことでしょう。

天竜程ではないですが、私の住む大阪も「水都」と申しまして、ちょっと水=川には歴史がありましてね。
特に、木材を流通させるために使われたところで、昔の名残によって現在の地名が「○○堀」とか「○○橋」というのが結構あります。
現在ほど運送が発達していない時代は、川というのは本当に大切な存在だったことがわかります。
森がきれいなところは、川の水もとってもきれい。

20180421_150835


さて、お待たせしました。
やっと次回は山に到着です。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星