空を見上げて
トップページ » さわり心地のいい床、ってどんなだろう?!

さわり心地のいい床、ってどんなだろう?!

前回まで、「さわり心地のいい床」をテーマに見てきましたが、昔の私ならば「やっぱり、無垢ですね!」と無垢材贔屓の結論に導いていたところでしょうが、前回までのように合板フロアーや挽き板貼フローリングが、お客様の求める姿に多様に対応するようになれば、どちらかしかない、というような結論には至らないような状況です。

さて、そんなフローリング(フロアー)たちですが、無垢材と見まがうほどのきれいな「顔」をしていることはよくわかりました。
しかし、もしやその代償として合板フロアーの優位性である「表面の耐汚染性」=汚れにくさが劣っている、というようなことなないのだろうか?!
ふとそんなことを考え、今回もやりましたよ。
以前、無垢材のオイル塗装フローリングでも行った、「醤油対決」です。
その名の通り、フローリング(フロアー)の表面に直接醤油をたらしてわざと汚れをつけ、その汚れが時間の経過でどれほど残っているのか?をみるのです。

ということで、今回参加するのは前回までの流れでこのメンバー。

2

右下から、表面3mmの銘木挽き板を貼った幅広フローリング(オイル塗装)。
右上は、10年ほど前までの定番!普及品の合板カラーフロアー(塗装品)。
中央上下は、某有名合板フロアーメーカーさんの表面2mmの銘木挽板を貼ったフロアー(マット塗装)。
左上下は、これも某有名メーカーさんの表面1,2mmの銘木挽板を貼ったフロアー、でありながらもオイル塗装という代わり種。

一昔前までの流行だった、ピカピカの鏡面塗装のような塗装面を持っているものは、いかにも「汚れません!!」感満載でしたが、中央のマット塗装のものは触れた手で木目を感じられるほどに塗装感がないので、木目に醤油が浸透するのでは?!!と楽しみなのですが・・・

1

競技(?)開始は午後3時。
シチュエーションとしては、夕飯時に醤油をこぼしてしまったものの、食事が終わるころまで気が付かずにそのままだった、というようなことを想定しています。
およそ1時間ほどです。

3

美しいサンプルたちを汚すのはさすがに気が引けますが、ここは採用を検討する皆さんのためにやっちゃいます!

で、こんな状態からスタートします。

4


さて、この中で醤油の汚染に負ける選手は出てくるのでしょうか?!
興味は尽きませんが、写真が増えてきますので、次回にサクッと百聞は一見に如かずの結果をお届けしますので、どうなるのかを予想しながらお待ちくださいませぇ〜。

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp






これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星