空を見上げて
トップページ » 出先でのこんなことやあんなこと

出先でのこんなことやあんなこと

あぁ、気が付けば7月ももう終わり。
忙しい7月!と思っていたのがいつのことかと思うように過ぎていきましたが、いろんなことやってましたよ。

 

山5

ある程度のところまで作業道があり、ほどほどの大きさに成長したものや、場所によっては間伐されておらず細いものや根曲がりの大きなものが残っているところなどがあるものの、山主さんが有効活用を願っておられるところ。
ここで、勉強会などなどを絡めたものを企画中・・・


そして、ちゃんと商品の具合も確認に行っております。

検品


美しい材です。
これが今からの加工でさらに磨きをかけられて、ピッカピカになるんです。
いい材、出してくれてます。

一般的に山というと、近頃では特に「人工林」という杉や桧を植林された山を想像する場合が多いように思いますが、たまにはこういった山も行きます。

山2

こんなのが、ボッコボコ生えてます。
天然のブナ林。

こんな見事なブナ、まだこんなにかたまって残ってるの?!しかも通直!!
そう驚く私に、アテンドしてくださった知人は「これくらいの標高になるとありますよねぇ〜。」と・・・
むぅぅ〜・・・やはり行ってみなきゃ、わからない。
広葉樹の林をまとめて「雑木林」なんていいますが、決してそんな言葉で片づけたくない宝の山でした。
とはいえ、伐採はできないんだけど・・・・・


それと、こんなところも。

山1

なんとまぁ、美しい森。
下草は適度、その中に広葉樹の幼樹が生え、針葉樹の成木が通直に、見事に成長しています。
しかも、明るい上に劣勢な木が少ない。
入った瞬間、ウソでしょ?!、と言ってしまうくらいにお手本的な森。

自然のままとか、完璧とかいうのではなくこれからのことをたくさん考えられる森。

山4


奥には手が付けられていない場所もあるし、こちらも道はついてるし斜面の勾配は緩いしで、もうなんでも企画できる!!
今からでも人を集めたい気分満開。

いまだにどこで何をするか、まとめきれていませんが、これから少しづつ小出しにしていくつもりです(笑)
乞うご期待!



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星