空を見上げて
トップページ » 閑話休題 冬のお楽しみから学ぶこと

閑話休題 冬のお楽しみから学ぶこと


さて、購入するモデルからサイズまで完全に決めていて、あとは念のための試着の作業に入っていた私に声をかける販売のおにぃちゃん(あえてこう呼ぶ。しかも前回の写真でメーカーさんわかるし・・・・)。

おにぃちゃん「ブーツお探しですか?もうメーカーとか決まってます?!」

私「あぁ、はい。(もう試着しかけてるし、決めてるし、)」

一目でスキー用品のメーカーさんからの委託販売員さんだとわかる「メーカー名入りのポロシャツ」が視界に入る中、自分に時間を使ってもらわなくていいのになぁ、という思いで答える私。
どうせやんわりと好みを聞いておいて、じわじわ自社商品に誘導するんだろうと思い、まぁちょっと聞いてみるか的な感じで「おにぃちゃんの営業トーク」にお付き合いする予定だったのですが・・・
そろそろ自社商品がくるだろうなぁ、というタイミングだと思うのになかなか出してこない。
しかも私は指名買いの商品に違和感を感じていない。
このままでいいのか、おにぃちゃん!!
そう思いながら時間をかけて試着していたところ、私のスキースタイルや嗜好を聞いていたおにぃちゃんから、やっと自社商品のお話が出てきた。

ふふっ・・・一応聞いておくか、という気持ちで説明を聞き足を通す私。
するとどうだ、一番しっくりとくるじゃないか!!!
しかも、今まで我慢するつもりだったポイントで、おにぃちゃんに「それは仕方がないと思っている」と漏らしていた私の痛みの出るポイントが、まったくと言っていいほどに自然にフィットするではないかっ・・・・
なんということだ!
若いころ以来のブランド志向で硬派に行こう!と決めていたところに伏兵登場である。
こうなったらもう、おにぃちゃんのペース。
こんなところが合うと思うんです、ここがこうなってたから痛かったんじゃないですか?!、ほかのメーカーさんに比べての優位性とともに他メーカーの優位性は、なんてことまで話し出す。

気が付けばもう、「これしかない!」になって結局おにぃちゃんのメーカーのブーツを購入。

ブーツ3

はっきり言って、全く眼中になかった。
説明を聞いても、私の欲しているものはこれ!という想いがあった。
しかし、それを変えたのはおにぃちゃんの正しい説明と知識と、少しだけの押し付けない姿勢。
最後まで気に入っているメーカーを履くのも一つの選択ですよ、と私の選択肢も残していたところ。
もちろん、もっとも足に合ったものが見つかったことも大きいものの、それを全く興味がなかったところから導いていったおにぃちゃん、すごいなぁ。

お客さんの意向やスタイル、そして希望と予算と実際の使用環境などを総合していろいろな選択肢を提供してくれる。
これがお客様への本当の気配りなんだと思う。
建築の場では時折、自社に有利なように、もしくは「営業力」という名のもと営業マンがグイグイと進めてくる商品に決まってしまう。
お客様の都合関係なく進むその手法から、選択肢が多く様々な情報を得られるインターネットの急速な普及がもたらされた、とも考えています。

もっと専門的でもっと親切に、そしてお客様の要望に応えられる選択肢を提示することができ、そこに少しの自信を持つ自社商品を混ぜることができれば、お互いにうれしいと思うんだけれど。

結局、そんな感じなもんでいろいろとしてくれたおにぃちゃんのために、急いで買う必要のなかった家内のブーツまでおにぃちゃんのメーカーのもので揃えちゃった(汗)・・・

ブーツ2

てことで、今年は冬に向けての楽しみが膨らみまくった結果、支払額も膨らんでいるので目下、このおにぃちゃんから学んだ営業手法で無垢の木材拡販にとりくもうとしているところ・・・・
早くこの支払の分、稼ぎ出さんとあかんぞぉ・・・・・・・
だれか、私の営業トークききにきてぇ〜。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




これより先はプライベートモードに設定されています。閲覧するには許可ユーザーでログインが必要です。



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星