空を見上げて
トップページ » 洋酒とミズナラ、そして焼酎

洋酒とミズナラ、そして焼酎


急な木材利用ポイントの告知で一回分飛んでしまいましたが、もう少しだけミズナラからのお酒のお話。

前回までにワインはもちろんのことウィスキーのような洋酒もオーク(ナラ)の樽で熟成させられていること、そして、その味わいのことをお話しましたが、実はそんな海外のお酒以外にも、オークの樽を使って熟成させている日本のお酒があるんです。
それは焼酎。

一時はワインの次にブームになった、あのプレミアム焼酎の中にもオークの樽で熟成させているものがあるのをご存じだったでしょうか?!
その焼酎というのは好きな方の中では有名な蔵元である「黒木本店」の百年の孤独。

百年の孤独

もう、そのネーミングだけで「やられた!」感のある焼酎ですが、その名前と見かけだけではなく、中身もすごいんです。
通常、皆さんが想像する焼酎というのは「水割り・お湯割り」などで透明のグラスを透かして見ると、ほとんどが水かお湯を想像するような透明なものだと思いますが、この百年の孤独は違います。
グラスに注いだ瞬間から、「おい、中身ウィスキー入ってるぞ!入替えたんか?!」と言ってしまうほどに、まさに琥珀色に近い、熟成されたウィスキーのような色合いをしているのです。

もちろん、その飲みごたえも色合いに比例してかなり濃厚で、とろけるような舌触りかと思えば、熟成とはこういう事か!と思わせる香りとのど越しが鼻とのどを抜けていく感覚は、焼酎の域を飛び出しています。

それからも想像できるように、やはりオーク樽の熟成能力というのはすごいんだなぁ、とその味で身をもって感じることができるのです。
ウィスキーやブランデーなどの洋酒の場合は、色合いも味も、最初からこんなもんだろうという風に決めてかかっていることもあって分かりにくいかもしれませんが、焼酎でもこんな味がでるのがオーク樽、というのを日本で証明したのが百年の孤独のような気がします。

蛇足ながら、有名ワインメーカーが使っているオーク樽で仕込んだ日本酒、というのも以前に購入したことがありますが、そちらもやはり独特なオーク風味とまろやかさがついていたことを報告しておきましょう。(あっさりとした紹介ですみません。写真とデータがどうしても見つからず・・・)

そんなまろやかな味わいの熟成焼酎だからこそできることがあります。
それがこちら。

百年の孤独ボンボン

焼酎好きの方でも、これを知っている方は殆どいらっしゃらないのではないでしょうか?!
実はこれ、百年の孤独焼酎ボンボン、です。

よくあるウィスキーボンボンと同じく、チョコボールの中に焼酎が仕込まれている「ボンボン」なのですが、それが百年の孤独なのです。
私はお酒も好きですが、チョコレートも大好きです。
3歳に満たない時、叱られることを予想して祖母に隠れて板チョコレートを半分食べました。
隠れていたのは、「鼻血でるからやめなさい!」と好きなチョコレートをたらふく食べることができなかったことから、「食べてもでぇへんことを証明しよう」と思ったのは、今でもはっきりと覚えています。
結果は、、、、案の定、だらだら鼻血流して物置に閉じ込めの罰をうけたのでした・・・・
そうではなくて、それくらい好きなのですが、その好きなチョコレートと百年の孤独のドッキングとなると、食べずにはいられません。

しかしながら、これを入手できるのはお義母さんのおかげ。
ずっと前から百年の孤独をはじめとした焼酎を注文していたために、焼酎と一緒に毎年のバレンタインに合わせて私の為に買っておいてくれるのです。
家内と結婚する以前からずっと「代わりばえせんとごめんねぇ」といつも渡してくれる箱を楽しみにしています。
因みに、その同封の説明書きにも「樫樽で熟成させた・・・」とあるのですが、念のため、たぶんオーク=ナラの樽であろうと邪推するのも毎回のお決まりなのです。(今となっては、美味しいしどっちでもいい。)

因みに因みに、あんまり食べてはもったいと、日にちを置いていてはいけません。なるべく早く食べきってしまいましょう。
なぜなら、百年の孤独はアルコール度数40度を超えるウィスキーやブランデー並の数値ですので、「天使のわけまえ」がとっても多いのです。

天使のわけまえ、とは angel's share といい、蒸留酒を作っている最中に、水分やアルコール分と一緒にお酒の原酒の量が目減りする、まさにその目減りのことで、要は、熟成中に天使へのわけまえとして原酒をささげる、という事ですね。
自然に目減りするのを、そんなしゃれた言い方ができるのもやはり日本人との感性の違い。

あ、だからこそ百年の孤独ボンボンの中身も、いくら外がチョコレートで漏れ出てこないとはいえ、やはり中身は「天使に持って行かれる」のです。
大切に大切に置いていたボンボンを久しぶりに口にほおばった時に、中から出てくる焼酎に期待しつつも、何も出てこない時のあの落胆というと半端ないもの。
一度だけやってしまってからはもうそんなことはありませんが、皆さんは気を付けてくださいね。

百年の孤独やボンボンの写真を探している間に、今まで飲んだお酒のラベルをみていると、めっちゃ性格が出ていることに気が付きます。
特にこれ。

蒐集癖

一時期にたまたま買い揃えた、というのかどうしても飲み比べたくなり、一つ買うとまた一つ、そしてこれもや・・・と増えて行って、同じ時期に同じ銘柄(この時はすべて宝山の芋と製法違いばかり)を集めたくなってしまうのです。

これはもう木材と同じで、趣味的に「ヒノキの仲間」とか「ナラの仲間」とか、そうやって集めていきたくなるマニア心をつかんでいます。
悔しくもはまってしまうのです。


さて、これを書いている夜中22時55分。今日の飲みながら木材談義は、この忘れられない思い出の百年の孤独ボンボンをほおばりながら、少しあま〜いお話をかんがえようかな・・・・

百年の孤独2

 


 



トラックバックURL
コメント
1. Posted by M.A   2015年03月27日 12:33
百年の孤独いいですね♪もう10年ぐらいのんでないです。作り方によってかなり違うものですね、私ももうすぐ40年の孤独です(笑)
2. Posted by M・Aさま   2015年03月30日 16:45
M・Aさま
こんにちは。百年の孤独は流行りの入手困難焼酎だった時にも「うわ、これすごいなぁ・・・」と飲み手をいい意味でも悪い意味(洋酒やアルコール度数の高いものを飲み慣れていないと飲めない・・・)でもうならせていたと記憶しています。
他の黒木本店さんの商品も好きです。
40年の孤独(笑・・失礼)ですか。さぞかし人間味が熟成なさっておられることと推察いたします。
拙記事への書き込みありがとうございました。
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星