空を見上げて
トップページ » ネシアンチーク幅広無垢一枚物フローリング

ネシアンチーク幅広無垢一枚物フローリング


前回から続くチークのお話。
今日はフローリングについて・・・

今から20年ほど前、現在ほど多様なスタイルや建築材料が普及していない(と思っていた)頃は、住宅建築においては概ね「この用途にはこれ、ここにはこれ」といったように、ある程度の定番というものがあったように感じます。
もちろん、自分が無知であったこともあると思いますが、現在のようにインターネットを介した情報というものも当然なく、住宅建築は地域性やその「定番」によって行われていたように思います。

そんな中で、私たちの納める無垢のフローリングといえば一般的にはナラでした。
カスクオークフローリングの記事でも書いたように、この流れが現在も変らない事を考えるとやはり、ナラというのはいつの時代も受け入れられる一定の魅力を持っている木材といえます。
また、それとともにナラ以外で少し高級な注文住宅向け、という時に必ず提案していたものの一つが「チーク」でした。

家具に詳しい方や、木材の好きな方だとその名はご存知かと思いますが、以前はそれよりも「高級フローリングの代名詞」としてとりあえず間違いないものの提案としてお話していたものでした。
「間違いの無いもの」というのは、フローリングの寸法精度。
現在でも、完璧に寸法の揃った曲がりも反りも無い無垢のフローリングというのは提案することはできませんが、無垢材の中でも材の伸縮の差が少なく安定しており、尚且つ少し濃い目の茶褐色が落ち着きを感じさせるため、内装仕上げにダーク系の色合いが好まれていた時代には、多く販売させていただいたものです。

ですから、今でも私の頭の中には「チーク=高級フローリング」の計算式が抜けません。
今では、ブラックウォールナットブラックチェリー、そして様々な幅広無垢一枚物フローリングを扱っていますので、単純な価格でいえばチークに匹敵、もしくは現在ではそれを上回る様なフローリングもあり、私の中では少し出番は減っていました。

今日は、そんな懐かしいチーク材の無垢フローリングをご紹介するわけですが、少し昔とは趣が異なります。
こんな感じ・・・・

ネイキッド2



昔からチークを見てきた方には、若干違和感があるかもしれません。
もちろん、私がすすめるフローリングですからこれも無塗装ですので、色合いが薄く感じるかもしれませんが、これもチークなのです。
以前、私もよく扱っていた時期のチークといえば、前回もあった様に濃い茶褐色から金褐色と表現される様な色合いが多く、油をひいたかのような材面の光り方と「ぬめりのある」と表現したくなるような、蝋を触っている様な感触がありました。
おそらく、よくチークをご存知の方もそんな印象ではないでしょうか。

このチークが入荷したての頃、お客様に言われましたよ。
「お宅のはチークですか?!」と。

想像通りのお言葉に、用意していた回答をさせていただいたわけですが、なぜわざわざそんな答えを用意するのかというと、やっぱり「チークのイメージ」というものが大きいから、ということと無塗装だから、という2点の理由からです。

ネシアンチーク セレクショングレード2

このフローリングの写真を見て、濃淡が素敵だな、と思ってもらえると嬉しいです。
偏見なく見ていただける証拠。
でも、木材に詳しくなればなるほど、チークに関するイメージというものが出来上がっているものです。

前回の最後に、とても高級材であるチークは多くの国で植林され、その一大産地がインドネシアであることをお伝えしましたが、安定供給されるチークの多くは一般的に持っておられるチークの色合いのイメージとは異なり、薄茶色から赤茶褐色の芯材と白色の辺材に、黒紫色の縞が混じるという感じで、「安定した濃い茶褐色!」というイメージではありません。
そのために、「お宅のは本当にチークですか?!」といった質問を受けることになるわけですが、私にとっては話始めるきっかけづくりをしてもらうようで、反対にエンジンがかかるわけです。

ネシアンチーク セレクショングレード5

この少し明るい材色が、今までのチークに持っていたイメージと異なるという事で、イメージと違うというご意見を頂くわけです。

そしてもう一つの理由は、これも同じく材の外観で「色調のバラつきと白太を含むこと」がイメージと違うと言われます。
どの木材でもそうですが、同じ樹種であっても育つ場所や環境、気候や土壌によって色や表情に若干の違いがあるもの。
特にチークは、生育環境や土壌によって色調が変る事が知られています。
それは同じ樹種でも二つとして同じものがない、また同じ表情に育たない無垢の木材の個性その物なのですが、いかんせんチーク程のスーパーメジャーな樹種になると、イメージ通りでなければいけないという意識があるようです。

チークを求める人全てが造船をするわけでもないですから、こうでなければいけないというように縛ってしまうのではなく、個性の違いを感じ尚且つ、貴重な材を安定的に使うことができるメリットを感じてもらいたいと思います。

ネシアンチーク ネイキッドグレード5


しかしながら私も冒頭の様に、昔のチークを多少は知っている人間として、今回紹介のチークの最大の特徴を伝えておかなければなりません。
今回のネシアンチーク幅広無垢フローリングの最大の特徴は、「無塗装であること!!」です。

なぁーんだ、それなら他の樹種も無塗装で扱いしているじゃないか、そう聞こえてきそうです。
確かにその通り。
幾度か紹介している様に、多くの樹種で無塗装やオイル塗装(受注塗装)のフローリングを扱っているので、それを知っていただいていればどうということではないのですが、実はチークのフローリングの多くは塗装されています。
その訳は・・・

塗り黒檀

写真の通りです。
いや、写真は黒檀の塗装角材の表面塗装をはがしたところですが、さっきまで黒かった部分が、薄皮をめくると白いではないですかっ!
そう、着色で色合わせをしているのです。
もちろん、名前通り「黒檀=黒いもの」というイメージから他の部分に合わせて黒く塗装されているわけですが、チークも同じなのです。
先に書いている通り、チークを知っている方ほど、その材に持つイメージは「濃い茶褐色」のため、今までの写真の通り、実際のチークの材とのギャップを感じにくくするために、ちょっと色調の薄い部分などに着色塗装してある場合が多いのです。

セレクション3


それも、「着色してあります」なんて表示はされていません。
だから、無意識に着色してある「よりチークっぽいもの」を選ばれている場合があります。
そんなこと、実際に原板を見たり生産しているところで話を聞かないと、製品になってしまえばわからないこと。
もちろん、上の写真の黒檀もその事情を知っていて仕入れてみて「やっぱりな!」の結果なのですが、もしこれが中身まで黒いと思われていたならばがっかりしますよね。
入荷量が限られているので、記事では施工例以外に詳しくお伝えしていませんが、以前に紹介しているミャンマーチーク幅広無垢フローリングも勿論着色無しです。

それゆえに、私は色合いが違うと言われようと、イメージが違うと言われようと無塗装をおすすめしたいのです。
理由がわかっていただけたでしょうか?!
折角選ぶチークです、その樹種の個性を感じてほしいじゃないですか。
もちろん、オイル塗装をすると少し濡れ色になり色も濃い目に落ち着くので、統一された色合いよりも濃淡の出方が綺麗に感じられることと思います。

何か今日のフローリング記事は、長々と講釈を並べてしまいましたね。
しかし、それ位にネシアンチーク無塗装に想いが強いということだと理解してください。

そうだ、今回は全く材質のお話をしていないなぁ、という感じがしますが、材質は今までお話した通り、すこぶる優秀!でいいか。
少し言うと鉋仕上げには、石灰質を含むためにあまり向いていないとされますが、鋸挽きは苦労せず、サンディング仕上げはできます。

造林により、安定して稀少材を使えるありがたさと、造林材だからこそキャラクター豊かになるチークの表情を楽しめるネシアンチーク幅広無垢フローリング。
手をくわえられていないチークフローリングの無垢本来の表情と、途切れの無い贅沢な木目を満喫できる一枚物を幅広で楽しむか、ランダムに並ぶ個性的なバラつきを楽しめるUNIを選ぶか・・・
どちらをとってもネシアンチーク是非お勧めします。

一枚物プルミエグレード貼上りイメージ

プルミエ1

一枚物セレクショングレード貼上りイメージ

セレクション1

一枚物ネイキッドグレード貼上りイメージ

ネイキッド1


・ネシアンチーク以外の無垢フローリングの記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


ネシアンチーク幅広無垢フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

15×90×1820
15×130×1820
15×150×1820 

・形状

一枚物、UNI

・エンドマッチあり

・品番と価格

NT-12P OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥30,240(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-12S OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥24,192(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-12N OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥19,354(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-13P OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥33,696(税込)/6枚入り(1.63屐

NT-13S OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥26,957(税込)/6枚入り(1.63屐

NT-13N OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥21,600(税込)/6枚入り(1.63屐

NT-21P UNI 無塗装 15×90×1820 プルミエ
¥15,120(税込)/10枚入り(1.63屐

NT-21S UNI 無塗装 15×90×1820 セレクション
¥入荷待ち(税込)/10枚入り(1.63屐

NT-21N UNI 無塗装 15×90×1820 ネイキッド
¥10,368(税込)/10枚入り(1.63屐

NT-22P UNI 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥16,848(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-22S UNI 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥14,342(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-22N UNI 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥11,491(税込)/7枚入り(1.65屐

NT-23P UNI 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥18,576(税込)/6枚入り(1.63屐

NT-23S UNI 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

NT-23N UNI 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥入荷待ち(税込)/6枚入り(1.63屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考

プルミエグレードの孔補修(その他グレードにもあり)

ネシアンチーク プルミエグレード3

プルミエグレード他の黒筋(その他グレードにもあり)

ネシアンチーク プルミエグレード5

プルミエグレードの白太

プルミエ2

セレクショングレードの白太

ネシアンチーク セレクショングレード4

セレクショングレードの節

セレクション2


ネイキッドグレードの青筋、白太

ネシアンチーク ネイキッドグレード3

ネイキッドグレードの色むら

ネシアンチーク ネイキッドグレード4



木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星