空を見上げて
トップページ » 木と人は共にあるもの 野間の大けやき 平成26年度改定版

木と人は共にあるもの 野間の大けやき 平成26年度改定版


今年は暖かかったせいか、山々が色づくのが遅い様に感じ、色とりどりの木々の眺めも永く楽しめているように感じます。

いつもは休日もバタバタとするこの時期、気が付くともう道路上の散っていく紅葉を見るばかりで、ライフワークの巨樹訪問においても時間が取れない時期なので、イチョウにせよカエデにせよ、いい写真が少ないのが巨樹の記事に足りないところ、といつも感じてはいるのですが、こればかりは時期的な物なのでどうしようもなかったところに、今年のながぁーい秋で、やっとこさ一日フルに休日を使える日を作り「今日は巨樹の紅葉狩りだ!!」と意気込んで、「ここへは、秋にいくんだ!」と決め込んでいた紅葉の巨樹中心に廻ることにしたのです。

まだ見ぬ巨樹も訪れたいのですが、ひとつ気になっていたのが以前に訪れたことのあるケヤキも、よく考えれば色づいているはず・・・ということ。
街路樹がそうであるように、あの樹もきっと色づいているはず・・・・
そういう期待を込めて、都会の紅葉を抜けて山道に入ったのです。

目的地はここ。
西日本最大のケヤキの巨樹で、インターネットのマップにも記載されている「野間の大けやき」です。

野間の大ケヤキ 秋バージョン 7

山間に位置するとはいえ、大阪府に存在することとドライブの好きな私のよく通るコースにあることも関係し、以前から何度も訪れているにも関わらず、黄葉の写真はなくそれに、最近になって大けやきのそばにカフェもできた、という事でこの機会に寄ってみよう!と思ったわけです。

結論・・・、遅かった。

野間の大ケヤキ 秋バージョン 3


まだ市内では、イチョウは青い葉を残しているものもあり、けやきは丁度よく色づいているにもかかわらず、大けやきはもうほとんど散っているではありませんか!!
このアングルだと、黄色い葉が輝いて映る予定だったのにぃ。

なんじゃそりゃ・・・せっかく来たのに・・・・
と少し肩を落し掛けましたが、奥にある大けやき資料館の隣の駐車場に車を入れて、とりあえず秋の巨樹の撮影に入ろうとしたのですが、そこに漂ってくる何ともいい香り・・・・・・・・・・

野間の大ケヤキ 秋バージョン 1

こんな大きな看板出てたら、イヤでも覗きたくなるってもの。
コーヒーにもちょっとうるさい(というか、好きなだけ・・)な私には、巨樹のそばでいただくコーヒーの味がどんなものか、気になってしかたありません。
それにこのネーミング。
「ありなし」というのは、この大けやきに由来します。それに関しては以前の記事を見て頂くとして、おしゃれなコーヒーを我慢することはできず、撮影もそこそこにいただくことにしたのです。

うーん、美味しい。少し涼しげな空気と和やかな雰囲気、周りには季節抜群のこの時期に京都の山を越えてツーリングに来られているライダーさんもくつろいでいたりして、ほんとほっこりします。

野間の大ケヤキ 秋バージョン 2

そんな調子で飲んでいたもので、コーヒーの写真は撮っていません。あしからず。
しかしながら、このカフェは実は企業が営業しているのではなく、人口の減少を懸念し、地域の振興もかねて地元のNPOの方たちが運営しているというのです。
なおさら旨く感じてくるコーヒー。販売されている女性スタッフも物腰柔らかくてとてもいい印象です。
ちなみに、子供にはサイダーがあります。うー、子供は飲まれへんでぇー、と言えないこの巧さ。
しかし、昔を知っている私としては、すっかりと「いい意味」で変わった巨樹の周りの活気は、聞かずとも皆さんの取り組みが実を結んでいることを見て取れました。
黄葉は少し遅かったけれども、違った心の収穫をもらってとてもほっこりしました。
木とその周りの人のいい関係。素晴らしいです。
やっぱり、木のそばには人が、人のそばには木があるんですねー。

野間の大ケヤキ 秋バージョン 4

そんな活性化されている大けやきの周りでは、また次の取り組みが行われていました。
わざと何ができるのかは聞かずにおきましたが、スギ材の良い香りを漂わせて、皆さんでワイワイと何やらこしらえている。

野間の大ケヤキ 秋バージョン 5

また、よさげなスペースができそうです。
こりゃまた来ないといけないな・・・

巨樹や古木は、保存が目的になるので、維持はされどもこのように盛り上げていこう!とはなかなかならないのではないかと思います。
管理はされていても、整備され近寄れないだけになってしまうと何か寂しいものですが、ここは本当にあったかい感じがしました。
是非、時間をとって「撮影andお茶タイム」を楽しんでほしいと思います。

今回は、この近くにあるイチョウの巨樹を撮影することに成功しましたから、黄葉を撮影するという趣旨も何とかクリアできましたし、満足の一日でした。

次回訪れるまでに、けやきの周りがまたどのように変わっているか、楽しみです。
大阪にお越しの際は、ゆっくり時間をとってレンタカーでお越しくださいね。
豊能郡にある、「天王のアカガシ」や「安穏寺のイチョウ」、「倉垣天満宮のイチョウ」などとともに、一日巨樹ツアーしてください。
もちろん、3時の休憩はここですよ!
(カフェはこちらのページから営業日を確認して向かってください。)

野間の大ケヤキ 秋バージョン 6




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星