空を見上げて
トップページ » 国産広葉樹フローリング 清涼楢の洋食屋さん

国産広葉樹フローリング 清涼楢の洋食屋さん


また、寄り道スポットが出来てしまいそうです・・・

先日から工事されていた、国産広葉樹の無垢フローリングを採用頂いた洋食屋さんが工事完成し、一足お先に仕上がりを拝見に伺ってきました。

清涼楢店舗 7

こちらの店舗は、企画段階で無垢の「本物の」フローリングで、カッコよく仕上げたいという希望を頂いていました。
わざわざ「本物の」と念押しされたのは、印刷でも表面に単板を貼ったものでもなく、一枚の無垢のフローリングで、しかもよく見かけるパインなどではなく、広葉樹で仕上げたいということでしたので、迷うことなくおすすめしたのが日本の広葉樹フローリング「清涼楢幅広無垢一枚物フローリング」です。


清涼楢店舗 1


清涼楢についての詳しくは本編に譲りますが、やっぱり森の王様は住宅でも店舗でも王様の様です。
華美ではない、落ち着いた雰囲気でありながらはっきりと「木」であることを主張できるのは、楢・オークの特権ではないかと思います。
だからこそ、印刷や単板の世界でもいつまでも人気が衰えない理由だと思います。

清涼楢店舗 9

今でこそ、昔では考えられない様な「節や傷、芯材」といった「無垢の欠点」と言われていた部分が、印刷の木目シートでも表現され、通常の無垢フローリングでは大きな節の引っかかりや傷のために、室内での素足使用が出来ない様な状態でも、凹凸の無い印刷の特徴を活かして住宅の室内用の合板フローリングなどにも「欠点」を取り入れた「斬新」なデザインが採用されるようになってきましたが、それらはあくまでもデザイン上のものであって、そこから先の風合いが良くなっていくわけでも、だんだんと変わってくる表情を愛着をもって眺めるという楽しみも持ち合わせていません。

清涼楢店舗 2


印刷で表現しきれない虎斑も勿論散見できますが、これこそ光に透かして反射してくる斑の輝きを楽しんでもらいたいところ。

清涼楢店舗 3


また、店舗の場合は住宅よりもその室内の雰囲気を重視するところが大きく、こちらの店舗も入り口も無垢のドアをしつらえ、その他の枠周りも無垢の木材作られている事で、やはり経年による変化が楽しめる無垢の利点を最大限に活かせることと、落ち着いた雰囲気を演出するには本物のしっとり感も重要な要素の一つとして機能していると感じます。

清涼楢店舗 6


もちろん、コンクリート打ちっぱなしのデザイン性を上手く利用して仕上げるのも一つの店舗の見せ方ではありますが、飲食などで落ち着いて店内に滞在する場合には、やはり無垢の木材で、しかも少し木目の変化を楽しめるものの方が、そこにいる人も落ち着きが持てることは、木材が視覚に作用する力で証明されていますから、無意識ではありますが、「なぜかしっくりとくる」と思っていただけることでしょう。
それが無垢の木材が店舗にも多く用いられる理由の一つであり、勿論のことながら、住宅においても「木の床の不思議シリーズ」にてとりあげている様な様々な良さを実感していただきたいところなのです。

そう、しっくりくる、という感覚。
まさしく、雰囲気が大切な店舗には無くてはならない条件ですね。

清涼楢店舗 8


実はナラは、輸入材が多くを占める樹種です。
日本には無い、、、のではなく輸入に頼っているのが現状です。

理由は様々ですが、日本でもナラは多く産出されています。
諸所の事情から、皆さまの元に届いていないだけ。

日本の無垢の広葉樹フローリングであるナラで、幅広の一枚物である清涼楢フローリングは、多少の色合いの差があったり輸入のナラのような木目の均一性は少ないかもしれませんが、プルミエグレードとネイキッドグレードを用意していますので、日本で生まれ育ったナラの木目を楽しんでもらえますよ。

清涼楢店舗 5

現在は無塗装の状態ですが、これが土足使用により鍛えられた木目になるのも時間の問題。
そうすれば、さらに奥行き深く味わい深くなるのがナラの無垢フローリングならではの持ち味。
ナラのフローリングの人気のもう一つの理由ですね。
お店の歴史とともに、その味わいを深めていくフローリングは店主とともに歩むお店の歴史でもあり、お客様が来ていただいた事による歴史が刻まれるもの。
それがこれからです。

どんどん深まる味わいの変化が楽しみです。


いよいよオープンが待ち遠しいこのお店は、実は弊社のホントに近くにあります。
あぁ、また家が遠くなりそうです。
というのは、お店のご主人は居酒屋さんなどの飲食業の経験も豊富とかで、御食事以外にもアルコールを提供してくださる予定だそうなので、食事以外でのお客様が夜な夜な集まりそうな予感・・・
しかも、そう宣伝はされない予定とも聞いているので、穴場的に広まっていくでしょうから、そんなお店の好きな私はもちろんいかずにおくべきか・・・

ということで、オープンが楽しみなお店がまた一軒でき、そして清涼楢のこれからの経年による変化を楽しんで見届けたいと思います。

ナラにドングリが実る様に、お客様とお店の関係も多く実りますように。商売繁盛祈念しております。
採用ありがとうございました。

清涼楢店舗 4



写真はフローリング実物ですが、夕刻に撮影しているため、夕日による画像の色合いへの影響のあるものもあります。
実際には、実物サンプルにて風合いをお確かめ下さい。


・日本の広葉樹フローリング 清涼楢(せいりょうなら)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・日本の広葉樹フローリング 清涼樺(せいりょうかば)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星