空を見上げて
トップページ » 神域に至る一里塚 大塚丘のヒノキ

神域に至る一里塚 大塚丘のヒノキ


北口本宮さんのヒノキの林の香りに誘われて境内をうろうろ・・・

地図で見てもどうも少し離れている。けれども境内外は道路で、それを辿っていくと富士登山道の一つ吉田口へと続きます。

大塚丘のヒノキ 7


ここで頭をよぎるのは距離。

携帯で表示される地図は特にですが、拡大縮小がスムーズなだけに、安易に考えていると結構距離が離れている場合があります。
ましてや歩いて向かおうという時は要注意。行けども行けどもたどり着かない場合は、もう少しか?という淡い希望を持っていくのですが、不発だった時の戻りのしんどさと言えばたまりません。
今回はしっかりとタクシーの運転手さんに聞いておきました。
北口本宮さんからは歩いて5分程で次の目的地、「大塚丘」にたどり着くということ。

一安心して歩きだすと、予想よりも早く大塚丘に到着。
看板もありすぐにわかりました。

大塚丘のヒノキ 2


緑の続く道路の端にあるため、車だともしかすると通り過ぎてしまうかもしれない位、こじんまりした静かな場所です。
今まで北口本宮さんのスケールに慣れた体には小さすぎると感じますが、華美ではないことが廻りの森にもよく馴染んでいると思います。

大塚丘のヒノキ 1


先程、スケールが小さいなどといいましたが基。
解説板を見てみるとなんと、日本武尊が東征の折この丘より富士を遥拝し・・・・とあります。
えぇー、そんなに昔のお話なの?!
昨年、お伊勢さんと出雲大社の遷宮が重なる大遷宮年だったこともあり、日本に伝わる神話のお話も盛んに語られていたので、日本武尊のお話なども耳にされたこともあるかと思いますが、遥か神話の時代にこの丘に最初に浅間大神を祭り、その後に北東に社殿を創立したとあります。
そんなにスケールの大きな丘だったのね。

おみそれしました。どんな丘やねん、と思っていた自分が恥ずかしい。

そんな由緒正しい丘にはやはりヒノキが似合うのか・・・
「スサノオノミコトの胸毛」が飛んで来ていたのかどうかは定かではありませんが、北口本宮さんの社殿裏を始め大塚丘にもヒノキがあります。
そのなかでも一番大きいと思われるのがこの大塚丘のヒノキ。

大塚丘のヒノキ 4


急斜面にしっかりと根を張ってまっすぐに伸びている紅い羅針盤、と言ったところでしょうか・・・
ガイドさんから聞いた話だと、富士山の「1合目、2合目」の”合目”とは、登山道で登ってくる道中で持参しているランプの油一号が無くなるところが「○●合目」とされているらしいです。
つまり、いくつかある富士山登山道ごとに、1合目や2合目の場所が異なるそうなのです!!
知っていましたか?私は知らずにビックリです。
ただ、登山道を山頂まで10分割しているだけだと思っていました。お恥ずかしや。
無知とは罪なものですね・・・
他にも諸説あるそうですが、こういうお話は興味をかきたてられて日本一の山にふさわしいとも感じますね。

それと同じ?!く、道中の目安というのは昔から存在するもので、今のように携帯のナビやマップなど勿論無い時代には、その道中の道しるべになるものが必要でした。
街道の約4キロ毎にエノキ等の木を植えて目印にされていた歴史が残っていますが、まさしくその役割をこの大塚丘のヒノキが果たしている様な気がします。
もちろん、実際にそんな意味合いはないでしょうけれども、丘にスクッと立つヒノキの紅い木肌は良く目立ち富士の山頂の雪や雲の白と合わせて紅白の色合いがとても印象的です。

大塚丘のヒノキ 5


最初に書いている様に、ホントに小高い丘に小さなお社のあるだけという立地ですし、丁度ヒノキの立っているところが急斜面ということもあり、カメラを据える場所とアングルが限られるので、あまりいい写真がとれていません。
廻りの緑の木立にひきたてられるように存在するヒノキの美しさがつたわるでしょうか・・・

大塚丘のヒノキ 6


このあたりも雪が降るからなのか、それともやはり大樹の貫録か。
大塚丘のヒノキも散在する枝が触手の様に伸び、少し垂れ下がっているのです。
もちろん、自重によるところが大きいと思いますが、下から見上げる自分に覆いかぶさるような印象はどの巨樹にあっても心に残ります。

今回の北口本宮さんからの巨樹巡りは、本当に五感で楽しめた(といっても食してはいませんが・・・それは宿でのお楽しみ・・・)ものでした。
静かでいながら枝や葉がこすれる風の音、その間に流れる鳥たちのさえずり、そして目の前には巨樹が立ちどこからかヒノキの甘い樹液の香りが漂ってくる・・・
スギとは違いヒノキの巨樹というのは、なかなかお目にかかれるものではないものですからこの五感で感じる森の存在は、流石に富士のお膝元!と、妙に富士に敬意を表したい様な気持ちになりました。

もし、吉田口登山道によることが出来る方はリラックスがてら寄ってみてください。
日本武尊の御利益もいただけるやもしれません。


大塚丘のヒノキ所在地

山梨県富士吉田市上吉田5619

北口本宮さんの駐車場より徒歩約5分




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星