空を見上げて
トップページ » ネットワークが不完全、だからこそ・・・

ネットワークが不完全、だからこそ・・・


あんまりよくわかっていないものが、最新の機械をもつのはあんまりよくないですね。
この6月から、某N○T社の携帯電話の通話料金形態が変わることと、私のスマホ初期号のバグ状態(動かない、突然のシャットダウン、連続リダイアルなどなど)の時期が重なり、最先端のLTE機種に変更する運びとなりました。
幸いにもポイントがたまっていたので、実質0円くらいで交換する事ができたので嬉しい(というか、それだけ通話料払っているっていうこと・・・・)反面、すぐに不便さも痛感。

機種変更してすぐに感じたのが、エリアの狭さと通話の途切れの多さ。
ちょっとした場所でも相手から「もしもし・・・途切れてるなぁ…」と言われるし、少し山間部にいくと電波0・・・
丁度兵庫県の北の方に位置する福知山方面に仕事で訪れたのですが、ちょっと山に入ると、民家があるにも関わらず電波0。
地図も持参していっているものの、結構曖昧な住所を教えられる場合があるので、スマホのマップが頼りになるのですが、電波が来ないのでマップも位置特定できず?に無意味。
初期型スマホはGPSか何かである程度測位してくれたのですが、新型は現在地検索するととんでもないところを表示する始末で使い物にならず・・・

LTEが普及しだして結構なると思っていたのに、やはりまだまだ電波がたりないんでしょうか。
初期型が使えなくなったとはいえ、正確な場所が特定できないと困ることが私には一つ・・・

趣味の一つである巨樹巡りの際、訪れた巨樹の場所を正確に記録する目的でマップ機能を活用しています。
訪れたその場所でマップ上に印をつける事で、曖昧な住所や市町村合併による地名の変更、山間部で住所の表示の無い場所などでの位置特定にとても重宝しています。

星印

地図上に星印がついているのが訪れた巨樹の場所です。初期型になるまでに訪れたところなどは登録できていませんが・・・

たとえば、前に見てもらった夫婦ヒノキなどはその良い例です。
あんなの、マップに表示が無かったら行く気になりません。
一本道とはいえ、自車の通行で精いっぱいな道をひたすら走り続けるんです。Uターンもできないところです。
そこにいけたのは、マップが自分の位置を測位してくれて「もうすぐ着く」という意識があったから。
でないと、途中棄権です。

そんなこんなですから、本当にお世話になり続けた初期型なんですが、最新機は電波なのか設定が出来ていないのか、どうもダメです。

しかしながらそれだから良い事もありました。

目当てを探して右往左往、もう1時間半もうろちょろとしていたのですが、その途中で3人の方に道をたずねました。
おばぁちゃんお二人、おじぃちゃんお一人。
迷ったら地元の人に聞くのが一番。それに話をした方が色々なことを聞けますし、特に巨樹探訪などでは頒布されていないような、その木にまつわる言い伝えや昔の状況、自分たちとその木の関わりなどを聞く事ができ、とってもいい体験談となります。

今回も最新機種の頼りなさゆえ尋ねたところから、場所もわかりお目当ての樹木に関するお話を聞く事が出来ました。

福知山市 大年神社のイチョウ

とんがった太い乳が印象的な福知山市の大年神社のイチョウ。
決して巨木というほどではないですが、若々しく大きく立派です。
道を教えてくれたおじぃちゃんは言っていました。

昔はこの木の葉っぱが落ちると雪が降ってくると言われていて、まさしくその通りになっていた、との事。
冬になると結構な積雪になる場所だけに、地域の人たちのふれあいと季節を知る羅針盤の役割を担っていたということですね。

さらにおじぃちゃんは言いました。
あぁー、しかしざんねんやなー、もうイチョウは伐ってしもうたで・・・株しかのこっとらんわ・・・・え?!でも写真ではちゃんと生えている?!
ちょっと、いや、かなり話が大きくなっていたおじぃちゃん、社殿にかかる大きな枝を選定したお話をしてくれたのですが、あたかも切り株になっているかのようなお話だっただけに驚きましたが、上の写真のように無事逢うことが出来ました。


こんな話が聞けるのも、人と話すから・・・

電波がどこでも追いかけてくれて、言い忘れたこともすぐに伝えられる。
でも、やっぱり本当に顔を見て表情や感情を交えて人と話をすることの大切さは更に強く感じます。
ふれあいや共感は電波の力に負けていません。
地図上に保存されている私の星の数は、ふれあいと感動の数です。
本業の材木も、電波の上やネットの世界だけではなく、本当にお話して触れあって(木に)共感してもらいたいです。
その為に、御買物カートがあるような販売は私には向きません。
電話やメールでじっくりとじっくりと、そしてお会いして共感していただけるように。
最新機種が改めて教えてくれたこと、でした。


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星