空を見上げて
トップページ » 杉埋め節フローリングを使って木材利用ポイント

杉埋め節フローリングを使って木材利用ポイント


昨年始まった木材利用ポイント制度。
蓄積量の豊富な木材を使う事で、木材利用の推進と生活、地球の双方の環境に寄与しようという名目の精度ですが、フローリング部門でポイント付与されるモノの中で、合板フローリングを除き一番需要が高いのがこの「杉埋め節フローリング」です。

杉埋め節フローリング 7


前回にも古民家の改修と同時にポイントを申請される為に使っていただきましたが、今回もまた鉄筋コンクリート造の住宅の改装に使用していただきました。

杉埋め節フローリング 2


もう御存じ頂いていると思いますが、この杉埋め節フローリングの特徴は、しっかり「節による埋め木」がされていること。
一般的な杉の無垢フローリングというと、抜け節の部分にはパテによる補修が施されています。もちろん、問題があるというわけではないのですが、御客様のなかには味気のない茶色いパテよりも、折角の節板を楽しみたい、という要望があることも事実。
広葉樹フローリングの場合はパテ補修になってしまいますが、ヒノキや杉の場合は抜け節部分に同じ様な節を埋め込む事で補修していますので、木を楽しむにはもってこいです。

また、この埋め節フローリングの加工は古希杉浮造り(うづくり)フローリング高樹齢百年杉柾浮造り(うづくり)フローリング高樹齢杉純白無節浮造り(うづくり)無節羽目板などと同じ加工場で作られていますので、加工精度はピカ一!

埋め節の部分も綺麗に納まっています。

杉埋め節フローリング 4


部屋に入ると杉のいい香りがします。
これは杉や桧などの針葉樹フローリングの特権ですね。
杉は安眠効果やリラックス効果、桧はすっきりとする覚醒効果がそれぞれの香りに証明されていますので、落ち着きとシャキッと感は抜群でしょうね。
それで無くとも、やはり木の足触りというのは自然と落ち着くものだと思います。

杉埋め節フローリング 3


とっても敏感な人間の足の裏は、ちょっとした節の感覚や天然乾燥がゆえに人工乾燥材よりは若干は起こるであろう反りも、感じ取れることでしょう。
それがわかる位に脚に優しい、ということ。
それに人工乾燥材の方が寸法安定性は高いかもしれませんが、この杉特有の綺麗な色合いと優しい香りは、断然この埋め節フローリングの天然乾燥材の独壇場!
存分に楽しんでもらえるものと思います。

杉埋め節フローリング 1


家じゅう木に囲まれる必要はありません。
家にいる間はずっと触れているであろうフローリング位は、木にしませんか?!
雄大な木目のものから足触りの温かいものまで、色々と提案いたします。
木材利用ポイントもまだまだ続きます。
精度を利用して無垢のフローリング、使ってみてくださいね。

杉埋め節フローリング 6



時間をかけた天然乾燥の杉材から生まれる貴重なフローリング・羽目板は下記からどうぞ

・杉埋め節幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・高樹齢 百年杉柾浮造り(うづくり)フローリングはこちらから
・高樹齢 古希杉浮造り(うづくり)フローリングはこちらから
・高樹齢 杉純白無節浮造り(うづくり)無節羽目板はこちらから

御案内済み無垢フローリングはこちらから

弊社へのお問い合わせはこちらから

*施工写真に加工などはしていませんが、撮影日が曇り時々晴れの様な状況だったことと、撮影時間の日光の入射の加減でカメラを通したフローリングの色合いに違いが出る事があります。(どちらも杉の芯材を多く含む赤身勝ちの原板を使用していますが、見え方の違いが大きい部分があります。)
同じ個所ではありませんが、白っぽく写ると下の様になりますので、色合いや風合いは是非実物を手にとって、また弊社ショールームにて確認頂くことをお勧めします。

杉埋め節フローリング 8





トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星