空を見上げて
トップページ » よみがえる雄姿 紀ノ川神代樟in紀伊風土記の丘

よみがえる雄姿 紀ノ川神代樟in紀伊風土記の丘


以前から出てきたという事実は知っていたのですが、それからどうなったのか気になっていた木がありました。
それも、知らないうちに結構とりあげられてたみたいで、メディアでも報道されていたのですが、先日やっと会いに行くことが出来ました。

紀ノ川神代樟 3



宇宙船ではありません。
もちろん小高い丘でもありません。木の株です。
大きい・・・・!!



高さ7m、直径3.9m、幹回り12m

これは、平成23年9月の台風12号によって和歌山県は紀ノ川に1300年ぶりに姿を現したクスノキです。
いわゆる材でいうところの神代木です。

紀ノ川神代樟 6


このクスノキは、今から約1600年前に芽生え、樹齢約350年を数えると言われるものです。
この木がこうして見える大きさになっていた1300年前といえば飛鳥時代頃。
やはりその時には、このような巨木が紀州には多く存在したのでしょうか。
紀伊国=木の国、と称された和歌山だと納得です!
以前に製材されたことを紹介した、同じく紀州は有田川に現れた「紀州有田川神代樟」(勝手に命名)も、同じく和歌山県から出てきたものです。

有田川神代樟


今でも大阪府堺市や泉南地方では樟の巨木を見る事が出来ますが、そんなクスノキ達が林立していた時代があったのかと思うと、思わず心震えます。

また、このクスノキが珍しいのは巨樹であり根株として残っていること。

紀ノ川神代樟 5


神代として出土するものは、昔の火山活動や洪水などで立木が折れたりして流され、これだけ大きな株の部分がそのまま見つかるということは稀だからです。
もちろん、魚津埋没林博物館の様に海中埋没林の場合は見事に根がそのまま残り、本当にエイリアンの襲来かと思うようなおそろしく感じる程の存在感を見せつけてくれますが、殆どの土埋木はここまで見事な根を持っていないはずです。

紀ノ川神代樟 4


しかしながら、樹齢は約350年と推測されたそうですが、クスがいくら大きく成長する樹木だとはいえ、このスケールからいくと優に500年オーバーかと思っていた想像程ではなく、もちろん確定ではないにしろ大きさと樹齢とのギャップを感じるほどの大きさ、と言えるでしょう。

その巨躯は大きさのあまり、移動させる道路事情を考慮して3分割されて運ばれてきたといいます。
その為に、3つの胴体は展示の為にボルトで固定されています。
いっそのこと、ヘリコプターでそのままの状態で運んで欲しかったなぁ・・・と思ったりしたのですが、平成24年の7月に川から引き上げる折、25tクレーンで失敗し70tクレーンでもワイヤーが切れ、3度目の正直の70tと50tの2台による連携でようやく川岸に引き上げる事ができたという話を聞くと、おそらくヘリも飛べないのかもしれません。
というか、街中に落ちたりしても大変ですし、現実は無理ですけれど・・・

紀ノ川神代樟 1



クスノキは紀伊風土記の丘という施設の入り口前に展示?!されているので、その大きさの為すぐに目につくのですが、普通は大きさばかりに気をとられがちです。
が、この株はクスノキ。
クスノキと言えば、昔は虫よけ等の為に材から「樟脳」を採取していたという位に独特の香りを持っています。
それは幾千年を経て土中・海中・川中にあったとしても絶えることはありません(今まで見た中では・・・)。
だから、施設の風向きによっては「神代樟特有の香り」が漂ってきます。
予備知識がないと、近くの花か何かの匂いがえらくキツイ日だなぁ、と感じるかもしれませんが、通常のクスノキの様な「メン○レー○ム」を彷彿とさせる香りではなく、もう少し柔らかい涼しげな香りがします。
この香りがとても好きで、自宅のお手洗いはクスノキのカウンターと神代樟の敷き板の香りで満たされています。

いつも自宅でその香りに慣れている同行した子供達はすぐに、「めっちゃ匂いするぅーー!」と言っていました。
是非その香りを体感してもらいたいものです。
どこかの角度からは香るはずですから、廻りを一周してみてくださいね。

紀ノ川神代樟 7


もう期間が迫ってきていますが、このクスノキの発見から展示までの足跡を追った写真展が、同施設で5月6日まで開かれています。
傍には移動の時に切り落された樟の枝の部分が展示されています。
原則触ったりすることはできません(でも普通に触れる・・・)が、匂いをかいだり
することが出来ますので、期間中にお出かけの方は施設内部も見学してみてください。
入館料も驚きの大人190円!!しかも子供無料。
安すぎます。ありがたや・・・

紀ノ川神代樟 2


もし、入館まではいかなくとも、このクスノキが展示された時に配布されたと思われる資料を受付傍の資料販売棚で見る事が出来ます。
300円で購入できますから、それだけでも購入したいものです。
写真展に出ている写真も、掲載されています。

パンフレット

そして、その写真展を通り過ぎると別の展示になるのですが、ちょっとストップ!
木に興味のある方ならば素通りはされないでしょうが、別の展示に移る入り口の両端にこれまた興味深い丸太が2本。
どう見てもクスと同じく神代丸太。
(写真撮影禁止の為写真ありません。残念。)

綺麗に年輪を見る事が出来る事からクスノキとは異なる針葉樹である事が想像できますが、では一体何なのか?!
最初に思い浮かぶのはスギ。
神代といえばスギ、と思う位に神代木でも多くを占める樹種ですが、念の為に香りの確認を・・・・・・・・

おぉ!!この香りは・・・
息子達曰く、「コーラの匂いがする!!コーラや!」

流石は我が息子・・・正解!!!

私も同じく「コーラ、若しくは似た炭酸飲料のサイダーの様な香り」と表現しているその神代は、「神代桧」です。
神代の樹種の中でも珍しい神代桧が、何の説明もなく2本もゴロっと立ててあるのは何かわけでもあるのか?!
どこから来たものか?!
興味が尽きません。

我慢できず、ご存じかどうかわからずも受付のおねぇさんに聞いてみました。

そうしたら、以前に「熊野地方の展示」を行った時に、その地方の方から「不要だから持って帰ってもいいよ」といって頂いてこられたものらしく、これと言って謂れもなく、また、どうして熊野の方が持っておられたのか、保存はどうされていたのか、などは謎のままでした。
当時を知る学芸員さんも岩手に転勤されたということで、それ以上は知ることができませんでしたが、稀少な神代桧を素通りするのは勿体ない!
また、万が一処分されたりすることのないように、おねぇさんには「珍しい神代桧ですから、大切に保管展示してください」とお願いをして帰りました。

おねぇさんは「僕たち、木が好きなん?!」と聞かれていましたが、一応「木が好きなのはお父さんです・・・」と言っておきました。
もっと、木が好きな人に見てほしいもんですね。

紀ノ川神代樟 9


またこの施設は、館内だけではなく敷地内を散策できるようになっていて、樹木や花を見たり、少し時間をかけた散策コースなども設定されていますので、これからの季節緑の中を爽快に歩く事が出来ますから、今回は時間の都合でそこまではいくことが出来なかった私も、次回また訪れてみたいと思っています。

蛇足ながら、この施設の近くには木の神様とされる「五十猛命(いたけるのみこと)」をお祀りする「伊太祁曽神社」があります。
五十猛命は、日本に木を植えられた神様として知られていますから、神代(かみよ)のクスと対面した後は、木の神様を拝んでいかれると良いのではないでしょうか。

しかし、今回の様なクスノキが現在も生きていれば、本当にそれその物が神様の様に感じます。
巨樹に会うといつも感じることです。
発見から移設のニュースを聞くまでは、どこかの市場に製材されて出てくるのではなかろうか?!と気が気ではなかったのですが、材にならず保存されることになって良かったと思います。
施設を訪れる木に興味のなかった方も、このクスノキを見て縄文飛鳥の歴史とともに樹木にも関心を持ってもらえるといいなぁ、というのが感想です。

キリスト教のイエス様ではないですが、時代を超えてよみがえった神様の様なクスノキ。
現代の私たちに何を伝えてくれるのか・・・
それは受け取る人次第・・・

紀ノ川神代樟8



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星