空を見上げて
トップページ » 未確認フローリング?! 「UNI」

未確認フローリング?! 「UNI」


未確認飛行物体「U・F・O」のことは、いつの時代も話題になり地球外生命体の事や、その存在の真偽が様々なメディアで語られてきたのをよく覚えています。
特に私は恐竜が好きだったためか、様々な情報や写真が話題になった「ネッシー」に大きな興味を持っていましたが、夢のある話というのはいつの時代もいいものに変わりありませんね。

こちらも夢と言えば夢、マイホームの夢のある未確認・・・フローリング?!のお話。
おうちの事を考える時、様々な初めての言葉、初めての作業が続き何が何やらわからない、若しくは調べるのに時間がかかる事でしょう。
どの世界もそうかもしれませんが、中でも建築の世界は初めて聞く言葉や用語が特に多い業界ではないかと自分で思います。
なにせ、範囲が広いですから・・・

私も若い時は、注文一つを聞くにもちんぷんかんぷんな時期がありました。
偉そうに言うことではありませんが、要するに「商品の意味するところがわからない、そのサイズがわからない、その後に続く言葉はなおさらわからない・・・」ってなもんで、聞いたそのままもって帰って(携帯などない時代です・・・)先輩に聞いたものでした。
先程範囲が広いといったのは、木材だけではなくその使い方によって色々な専門的な分野に分化することと、そこに建築が絡んでくるので、余計にややこしくなるという現象のことで、同じ木材が使う場所によって呼び方が変わったりするのが良い例材になりますが、とにかく分かりづらいのです。

話を戻して未確認フローリング「U・N・I」についてですが、これは別に地球外建築材料でもなんでもなく、フローリングの加工形状を意味する言葉です。
「UNI=ユニ」と発音します。

へぇー、なぁーんだ・・・と思った方。
それは知った後だから言えること。普通じゃ読めないと思います。
「ウニ」、なんて寿司屋みたいなことを言う方もいらっしゃいますが、笑ってはいけませんよ。そう読めますよね。
建築や木材用語というのはそんなものです。
だからこそ、説明が必要になってきます。

それでは改めて「UNI(以降「ユニ」)」のお話。
ユニとは、一枚の決まった長さの無垢フローリングにするために、長さ方向で数枚(およそ2〜10枚)の短いフローリングをつなぎ合わせて造られたモノを指しています。
「たて継ぎ」と呼ばれるものです。

フローリング加工形状 1

一枚一枚は短くても、その長さをつないでいくことで決まった長さのフローリングが作れるということです。
長さが決まっているかいないかということは、フローリングの面積の計算や貼り込みの施工手間などに大きく影響しますから、多くの無垢フローリングはユニタイプを採用しています。
また、ユニにすることで材料のロスも少なくて済みますし、短いものでも使えるようになるという利点があります。

それに対してつなぎ目のない無垢のフローリングを指す言葉が「OPC、一枚物」という文言。
OPCというのは、one pieceの略と言われていますが、文字通り一つの木材ということです。(写真左)

フローリング加工形状 3

ユニに対してどこにもつなぎ目のないフローリングのこと。
丸太から切り出される一本の板。
そんな雰囲気を味わえるのが一枚物フローリングです。

ここまで来たついでにといえばおかしな話ですが、もうひとつフローリングの加工形状の略語を見てみましょう。

「FJL」というものがあります。

JFKちゃいまっせ。大抵の人は某大統領を、阪神ファンは勝利の方程式を思い浮かべるところですが、そうではなく、「長さも幅もつないである」フローリングの事です。
ユニは長さ方向だけをつないでいましたが、FJLは主に製品の幅を広くとるために幅方向も接着してつないだモノを指しています。
こんな感じです。

フローリング加工形状 4

木口から見たら幅方向に4つの板が接着されているのがわかると思います。
接着方法はユニと同じく、ピースサインをした指の隙間にもう一つのピースサインを合わせたような加工形状で接着されています。
この接着方法をフィンガージョイント、つまりFJといいます。
(下写真がつなぎ目です。指の様になっているのが見えますか?)

フローリング加工形状 2

それによって長さ幅双方に接着されたフローリングをFJLといいます。

フローリングの場合は大きく分けてこの3タイプになると思います。
弊社では、より本物の木材の味わいを知ってもらいたく、一枚物フローリングを多く紹介していますが、それぞれに様々な特徴がありますから、ご自身がどのタイプを採用されるかは、マイホーム建築の迷いどころでもあり、楽しいところで
はあると思うのですが、煩雑なことには変わりないかもしれません。

私たちも少しでもみやすい記事になる様に努めていかなければいけないと思っています。
今日のところはこの3点まで・・・


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星