空を見上げて
トップページ » 久し振りにコテコテの・・・

久し振りにコテコテの・・・


コテコテ、といえば大阪の代名詞のような感じで通じるところがあるのではないかと思うのですが、私の場合のコテコテは残念ながらそれではありません。
もっとすっきりとしたコテコテ(?)です。

松 赤柾無垢フローリング 1

何かお分かりでしょうか?
これは今から加工に取り掛かる無垢フローリングです。

20年ほど前は定番(?!)とまではいかなくとも、高級な住宅には大変よく使われたものです。
特に和風の住宅には・・・

そのときには「ラオス松」や「カンボ松」といっていました、松の柾目のフローリングです。
弊社では柾目の無垢フローリングは百年杉柾フローリングを紹介していますが、このような松の柾目のフローリングも製作可能です。
わざわざ製作可能、としたのは定番商品としてご案内しにくいからです。

先ほど昔は定番だった、としたのは現在は使われる場面が極端に少ないことと、拍車をかけて良質な材料の入荷が少ないことが大きな理由です。

木材というのはいつの時代も、優秀な木材といわれると利用されつくし、なくなりかけると似たような材料で代用する、というのがサイクルになっているのですが、分かりやすいところでは、日本のヒノキの大木がなくなり台湾ヒノキや米桧に変わり、最終的にはラオスヒノキ(今でもスーパー銭湯のヒノキ風呂として目にする)というものが流通し、台湾ヒノキは現在では大変入手困難になっていますし、松においてはラオス松の入荷が細ってくると中国松と称して似たような目合いの松を代用してきました。

ラオス松は油気に富み、色合いも濃く年輪も細かなものが多く良質なものが多かったように思います。勿論、中国松もいいものがあったのですが、現在ではラオス松どころか中国松も入荷がかなり細っている現状。
柾目のフローリングの木取りの難しさは百年杉柾フローリングにてお話していますが、かなりの大木からでないと、綺麗な柾目をとることは出来ませんから豊富だといわれた中国松といえども、資源量が少なくなっているのかもしれません。

そういった使い切っては次を探す、というようなものではなく、木材利用をもっと幅広く捕らえて、いろいろな答えを出すべきだと思うのですが、お施主様によってはやはりこだわりもあり、今回はご指名の中国松を使うことになり、先日検品に向かった次第です。

柾目のフローリングは、木の目のおおらかさというものはあまりありませんが、通直に続く柾目の流れはとても心地の良いものですし、まさに自然の持つリズムである、1/fゆらぎといわれるものに通じる「心地よさ」を感じます。
それが長さ4mにもなると、壮観で、見事としかいえません。

松 赤柾無垢フローリング 3

因みに、私が今までの仕事のなかで一枚の伝票に一品目で記載した価格でもっとも高額だったのが何を隠そう、実はラオス松柾目のフローリングでした。
桁を間違っていないか、幾度確認したことか・・・
何せ、一枚の値段が、普通の高級無垢フローリングの一坪の価格に相当するくらいでしたから、その額は推して知るべし・・・です。

しかしながら価格ばかりではなく、それだけの価値のある木材ですから、出来上がったお宅は迫力満点。
こんなコテコテの部分があります。

松 赤柾無垢フローリング 4

これが松のフローリングの見せ所。
ヤニが出てくる、とか言わないでくださいよ。
松の上物は、老齢木で樹脂をため込んだものを「肥え松」といい、銘木扱いをされています。
全てがそうではありませんが、中には肥え松に相当するコテコテにあぶらの乗った「刺身」のような原板もちらほら。
仕上がりが楽しみです。

貼り上がりを紹介することが出来るかわかりませんが、貴重な松の柾目のフローリング。
私には懐かしく、皆さんには新鮮だったでしょうか?!

原板の状況によっては製作可能です。
定番商品として紹介することは出来ませんが、気になる方はお声かけくださいね。
納品の日を心待ちにしながら、加工出来上がり待ちです。

松 赤柾無垢フローリング 2


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星