空を見上げて
トップページ » 北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリングの施工完了

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリングの施工完了


節あり無垢フローリングの定番商品、北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物フローリングが貼りあがりました。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工1

















綺麗な節が並んでいます。
建築業者様もお施主様も、節ありフローリングと言って先ず思い浮かべられるのが納得する、「木の素材感」そのままのフローリングの様な気がします。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工5

















近年になって印刷技術の向上と新しいスタイルのおうちに向けて、無垢のフローリングでなくとも、合板に印刷で、北洋赤松の様な節ありのフローリングの表情を再現できる物も出始めています。

印刷?!

















どうです?これ印刷の節ですよ!
写真ではホンマかいな?!と思ってしまいますが印刷です。
これだけリアリティーがあると、私の撮った写真もホンマかいな?と疑われそうな位のクオリティーですね(汗)。

確かに外観は似ています。
凄い技術。少し離れてしまうとわからないくらいに風合いはそのままと言っても良いでしょう。
しかし、真似できないのは足触り。

これだけは印刷技術がいくら進歩しても、手の感覚や足の感覚には敵いません。
踏み込んだ時の微妙な柔らかさや仄かな温かさは、節の視覚的効果だけではなく、直接触れる部分だからこそ本物の木のフローリングにするという本来の意味をそのまま実感できる、無垢のフローリングならではの特徴です。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工10

















光を受けて、節の周囲が光って見えます。
このあたりも印刷でも表現されていますが、この光沢が見る角度によって変化する様は、さすがに表現しきれません。

実は撮影日は生憎の雨模様で、室内は決して明るかったわけではないのですが、差し込んでくる光を温かく見せてくれる北洋赤松の表情は、その曇天を感じさせない様な明るい雰囲気を醸し出しているようでした。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工2

















これらの写真だけ見ていると、綺麗だねー、の一言かもしれませんが、結構こだわっているところがあるんです。
普通、杉や桧の節ありフローリングを使うとなると、実際の節の部分が加工の際に抜け落ちたり欠けてしまったりしている事があるので、パテで埋められていることが多いのですが、北洋赤松はここまで節が多いにも関わらず抜け落ちている節は、軽微なものを覗いてはほぼありません。
また、加工中の欠けなども、軽微なものは許容しますが大きなものは見当たりません。
これは、加工で出来たものを全て梱包して発送する、というものではなく検品をして選別をする工程があるからこそできるもの。
また、北洋赤松は、木によってはプロペラの様にねじれのきついものや、フローリングの幅方向での反りが大きいものがで易いものです。
この様に・・・(このサンプルは、弊社取扱いのものではありません。)

反り

















材料となる北洋赤松はよく乾燥されているのは有難い事なのですが、乾燥にもやはり「いい具合」というものがあって、どんどん乾かせばいいというものではありませんで、そのあたりの匙加減もフローリングを含む無垢の木材の難しいところでもあります。
何が言いたいかというと、過度に乾燥していても反対に水分を吸ってしまい、本来の癖が出たり、ふくらんで寸法が大きくなりフローリングを突きあげたり、ということの原因になる事があります。

だからレッドパインと一言でいっても、実は色々なところで違いがあります。
もちろん、先の節もそうです。
ボコボコと引っかかるようなところがあったり、ほぼ抜けている様なものがあったりするものもあり、樹種で選べばどれも同じとは行かないのはやはり他のフローリングと同じなのです。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工4


















弊社の御紹介する北洋赤松も無垢の木材。検品がすんで加工場をでて来たものは全て同じ品質、というわけにはいきませんから、少々捩れるものや曲がるもの、反るものも含まれることは否めませんが、そういったものは物入れや狭いスペースの切り使いに廻す、見え隠れ部分に廻す、などの配慮を以て施工していただけますようにお願いしたいところです。
とはいえ、このお宅はそんなこと微塵も感じさせない仕上がりで驚きました。

見どころは節の美しさだけではなく、こんなところもあります。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工9

















北洋赤松もやはり松です。
フローリングとしてくる物は比較的大人しいモノが多いですが、なかにはこのようにたくさん松の油を含んでいる物もあります。
ピンクとホワイトの色合いを想像していると以外に思われるかもしれませんが、これが本来の松の表情、といっても良いかもしれません。
とはいえ、やはり清楚なピンク&ホワイトの方が柔らかい印象を与えてくれますから、お施主様のイメージとは少し違ってくるかもしれませんね。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工3

















他にもこんなにワイルドなものもあります。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工8

















たくさんあるわけではないですが、丸い節に交じっているけど、どうしても目立ちたがり屋の様でして・・・
これも自然の風合い。

また、節だけではなく下の写真みたいな「マジックで落書き!?」とも思えるような筋があったりもします。
これは木の髄、芯の部分の断面です。節ありのフローリングには含まれていたりしますから、なんじゃこりゃ?!と驚かれないように。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工7


















やっぱり杉や北洋赤松(レッドパイン)などの針葉樹のフローリングも良いもんです。
寝転びたくなくなるのは無垢フローリングの当たり前、ですがゴロゴロとして節の部分を一つづつ眺めてみたり、その成長を想像してみたりする楽しみがある様に思います。

優しい足触りの北洋赤松のフローリングは、広いリビングをごろ寝スペースに変えてしまうかもしれません。
是非、イスではなく床レベルの生活スタイルも視野に入れてもらってはいかがかと思いますね。
そうすれば、手も触れてより一層質感を楽しめますからね。

北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング 施工6


















北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物フローリングはこちらから

弊社へのお問い合わせはこちらから


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星