空を見上げて
トップページ » 木材利用ポイント制度の経過状況

木材利用ポイント制度の経過状況


この4月から制度がスタートしている「木材利用ポイント制度」。

もう制度がスタートしているにもかかわらず、私たち材木屋向けの説明会が先日行われたところで、ゴールデンウィーク明けには施工業者様向けの説明会が予定されています。

え?いまから説明会?!、と思われるでしょうがそんな状況です。
まだまだ不明な点も多く、お客様にもはっきりといいきることのできる部分は限られているのですが、基本、指定樹種を用いた新築住宅には30万ポイント(東日本大震災の特定被災地域は50万ポイント)、内外装の木質化(リフォーム、新築含む)にも最大30万ポイントが発行される制度です。

1ポイント1円換算のポイントが付くこの制度、無垢の木材を使う事で地域の林産業を活性化して農林水産を活発に機能させる事を目的としていますので、以前の住宅エコポイントとは少し趣旨がことなりますので注意が必要ですが、30万ポイント分のエクストラを活用して、どんどん無垢の木材が住宅に採用されることを期待しています。
もちろん、内装も外装も含めて木がたくさん使われると良いのですが・・・・

良いのですが・・・としたところには、先にも申し上げた通り不明な部分がまだまだ多いので、無垢の木材を選ぶお客様にどこまで還元されるのかはまだはっきりとはお伝えできないのが悔しいところ。
実際、制度が動き出すのは7月頃からかと思いますが、現在無垢の木材を検討中の方や、4月以降に木の家の請負契約を締結された方は、もしかするとこの制度に当てはまるかもしれませんので、詳しい内容が順次掲示されますこちらのホームページにて、逐次ご確認いただければと思います。

もちろん、弊社からもどんどんポイントを発行できる商品をお届けしますので、ご相談お待ちしています。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星