空を見上げて
トップページ » 帯に短したすきに長し、ちょうどよけりゃ購入済み

帯に短したすきに長し、ちょうどよけりゃ購入済み


まぁ、なかなかはまるもんじゃない、という例えといいますか・・・

ここ最近、よく木材の問い合わせいただきます。
珍しい材から天板材、かと思ったら杉でこんなのできるかなぁ?とか。
加工の場合は、機械さえクリアすれば何の問題もないわけですが、素材その物となると、いつも歯がゆく感じてしまうんですね。

稀少材などになると、ある程度使う方が木材の寸法や仕上がりに合わせないといけないと思うので、すり合わせさえすれば問題ないのですが、寸法ありきで探されている場合や、樹種限定の場合はこれまた大変です。
何が大変かって?
多くの場合は、丁度その寸法にちょっとたらんねやなぁ・・・というものか、ばっちりやん!けど、乾燥してないわ、、、、、のどちらかですね。

倉庫材 1










大きい材を所望の場合はちょっと小さいものしかなかったり、逆に小物の場合は大きな盤しかなかったり・・・
ほんとに難しいもんです。
「帯に短したすきに長し」とはよく言ったもんです。
人間が勝手に寸法を決めて木材を探すんだから、丁度いいものなんてなくて当たり前。
必要以上に工場規格品やカタログ品というものの便利さに慣れてしまって、規格に沿わなければ(その寸法でなければ)ダメだと思ってしまいます。
しかし、その規格にとらわれないのが木材であり、木の面白いところ。
帯に短いところは他の工夫をプラスして、たすきに長い場合も無駄にすることないように考えて使っていきたいものです。

しかし、たまにはおっしゃっていた寸法にばっちりの材を用意してお客様を待っていても、「これ、えぇーなぁ。まてよ、これやったらあっちでこうできるから、これくらいの方がえぇなぁ・・・」などと、話が膨らみ、結局全く違う寸法の物に決まったりします。
それはそれでいいんだけど、なんか恋人に振られたような感じが残ります。

倉庫材 2










そしてたまにあるのが、「うわぁ・・・嘘やろ。もう決めてしもたがな・・・・」という答え。
色々と探していらっしゃって、その末に私の様な零細材木屋の扉をたまたま叩かれたような方には多いお言葉。
適度な大きさの材料を求めていらっしゃったはずなのに、上記の様な驚き。
何かというと、さんざん探した揚句、これくらいしかないな・・・と購入を決めた後に弊社によっていただいてドンピシャな材とご対面、という具合です。

先日も、その「うわぁー・・・・」を聞きました。
こっちもうわぁーやで、と内心思いながらも、こればかりは出会いのものなので仕方なし!とくぎりをつけるのでした。

しかし、そういっていただけるのは有難いこと。感謝です。
できる限り、よい出会いを増やしていきたいと思います。来年もよろしくお願いいたします。

倉庫材 3











トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星