空を見上げて
トップページ » 紅い巨塔、表紙を飾る

紅い巨塔、表紙を飾る


少し前の広告を見て知っていたのですが、なかなか平日に動く事が出来ずに手にしていなかったものを日曜日にやっとこさ入手しました。

セコイア記事 2










これです。
写真の素晴らしさをもって、世界の驚きの自然や現象、生物などを特集しているこの書籍、前々から気にはなっているのですが、私の性格上、一回見始めるとやめられなくなることは明白ですし、ただでさえ未読の書籍が山積み(本に囲まれるというのは、これはこれで結構幸せ・・・笑)になってしまう現象に拍車をかけるだけですので、グッとこらえているわけですが、その中で特集が「木」となると、これはもう買わずにはいられない!!

それも、先日記事で紹介したタイミングを計ったようなかたちで「世界一の高さをもつ巨樹の森」に関連する記事を掲載しています。
今回はレッドウッド・セコイアの中で最大のものを取り上げているわけではないのですが、やはり写真には圧倒されます。
そして、付録のおまけがまたなかなかのもの。

セコイア記事 1
































縮尺的にどこを基準にしたいか迷うところなので、このもの自体の大きさはまた別のお話として、付録のポスターは、その怖ろしい程の樹高を十二分に伝えてくれる迫力の仕上がりです。
幹の傍に、茶色いのが写っていますが、人です・・・
周りの木が細いのではなく、写真の木が大きすぎるのです。

幹の上にはもう一人いるのですが、「この写真の人が大きく見えるのは・・・」と注釈がついている様に、「これ以上に大きいですよ!」とわざわざ伝えてくるくらいにすさまじい大きさだということですね。

セコイア記事 3










私の所有する写真集にも当然、これらの仲間の写真はあるのですが、雪化粧をしたものはなく、その樹皮から「紅い巨塔」のイメージを持つこの樹種も、すっかりと「白い巨塔」に衣替えしているようです。

特集とはいえ、そんなにたくさんのページ数ではないですが、このポスターだけでも満足です。
他の記事でも「シャーマン」についてのものや、こちらも以前の記事にて紹介した「メタンガス」についての記事もあり、もちろん写真も充実していますので、とても興味深く読む事が出来ます。
これは皆さんもゲットしておいた方がいいのでは・・・ないでしょうか。
因みに、調べると過去の既刊にもセコイアの記事が出ているようなので、そそくさとそちらも注文です・・・・・・・

あーあ、またどんどん本がたまるぅ〜。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星