空を見上げて
トップページ » 魅惑の杉ワールド 第二話〜巨樹・巨木〜

魅惑の杉ワールド 第二話〜巨樹・巨木〜


さぁ、シリーズ第二話はお待ちかね(私が・・)の、日本の杉の巨樹・巨木を紹介します。
杉の圧倒的な存在感、近寄りがたいほどの様相、そして古くから守られてきた杉と地域の人との深い絆などなど。
「桧舞台」といった言葉がありますが、桧に比べて少し陰の薄い感のある杉ですが、巨樹巨木に会うとそんなこと吹っ飛んでしまうくらいに、木々の命と神々しさにただ立ち尽くすのみです。

杉の巨樹はこれまでにも「杉の大杉」「高井の千本杉」「ひぜんや大杉」、「大杵社の大杉」などを紹介してきました。
今回はそんな中で、私が今まで会ってきたその他の存在感あふれる巨樹達をいくつかご紹介します。(記事の都合上、各杉の謂れなどは割愛しています。申し訳ありません。)

まず一番手はうっすらと暗く静かな境内にその存在感をあふれさせている朝倉神社の大杉です。

朝倉神社 1
























ここ、実はあんまり「ひいて」写真が撮れません。
正面から写そうにも逆行と社殿がかぶさり、さらに他の樹木の葉があるためにどうも全景が撮りづらい。
にしても、上のアングルでわかる様に背が高い。
太さも当然のことながら真っ二つに裂けた幹を並列で天へと押し出すその様はまさしく杉なのですが、それにしても枝ぶりなどは出方や伸び方などが少し日本海側の杉に近い様な印象を受けるところがあり、もしかすると、このあたりの地域がウラスギとオモテスギの中間地点か?!などと邪推をしてしまいます。

朝倉神社 2
























大きさがわかりにくいかもしれませんが、それでも太平洋側にお住まいの皆さんの想像する杉とは少し趣が異なっているのではないでしょうか?!
社殿をひっくり返しそうなほどに聳えるその姿は、まさしく見上げるしかない様な、そんな気分になる杉の巨木です。

所在地:京都府南丹市園部町千妻岡崎7

京都府指定天然記念物
駐車場なし


さて、次は異形といってもいいでしょう。
近寄りがたい雰囲気満点の八つ房杉です。

八つ房杉 1














拝んでいる私を見てもらえば、根元の太さがわかるでしょう。
しかし、この八つ房杉は単純な幹の太さというよりも四方八方に幹を伸ばしている様が、今にも襲いかかってきそうな様相なのです。
どうすればこのような姿になるのかと思いますが、これも自然のなす姿。

八つ房杉 2














幹の中心部を見るともう、一本の木であるというよりも上に伸びずに横に枝を張る事で、自身の場所を確保したといったところでしょうか。
枝張りが大きすぎて、八つ房杉の周りにはワイヤーがいたるところに張りめぐらされています。
そりゃ、これだけの垂れた大きさの枝(?!)を支えることはできないでしょう。
この異様なくらいに枝を伸ばしているのがこの八つ房杉です。

所在地:奈良県宇陀市菟田野佐倉76

国指定天然記念物
駐車場あり

さぁ、次もまさしく「正統派杉」と呼びたくなるくらいに見事に伸びた杉。
それも2本並んでいるのは杉の大杉かと思いたくなるのは私だけではないはずです。

栢野の大杉 1
























境内にかけられた歩道を挟んで林立する巨木。
栢野の大杉です。
ここは周りに大きな植栽もなく、鳥居をくぐるまでもなく巨大に聳える杉を眺める事が出来ます。

栢野の大杉 3
























二股に分かれている部分がありますが八つ房杉の様に、異様な枝ぶりや幹の状態はなく、通直に育つ針葉樹のイメージを保持しているといったところでしょう。
幹に触れると、厚い杉皮がとても温かく弾力性がある事がわかります。
住宅の屋根を見ていただければわかるとおり、私のいつも通りのパターンで冬の巨樹めぐりですので雪がありますが、雪の降る地域にも関わらずに枝があまり垂れていないのも、なにか親近感を感じたところなのかもしれません。

栢野の大杉 2














当然、柵を乗り越えて抱きつきに行きたい!ところですがグッと我慢し、ギリギリのところでその背丈を眺めます。
こう見るとしだれていますね・・・(汗)
こうやって見上げるというのは、やはり偉大な先輩の大きさを感じる瞬間でもあります。
まだまだ元気そうな幹ですから、これからもその雄姿を拝ませてくれることでしょう。
蛇足ながら、何かのツアーバスも停まっていました。
パワースポットツアーだったのか、若い女の子たちが「すごーーーいぃ」とかいいながら記念撮影していました。

所在地:石川県加賀市山中温泉栢野町ト49

国指定天然記念物
駐車スペースあり

さて、最後はこれまた怖ろしい杉の巨樹。

西光寺 1
























うひゃー、でたぁー・・・
こわいこわい。
膝上まで雪に埋もれながら、誰も踏みしめていない雪の参道を通り抜けてたどり着いた先には、接近を拒むかのような異形の巨躯が待ち構えていました。
西光寺白山神社の杉です。

これが山中だったら、もしかすると近寄ることはできなかったかもしれません。
明るい日中の町はずれだったからこそたどり着いたような場所。
それ位の存在感であり、これこそがウラスギか!!?と思わせるような枝垂れ方をと枝ぶりを呈しています。

西光寺 2














もう、あっちゃこっちゃにグニャグニャと枝を伸ばし、今にも伸びてきて捉えられそうです。
ハ○ー・ポッ●ーに登場していれば、必ず動いていたことでしょう。
もう、この鞭の様な枝で一撃です。
いや、ご神木ですからそんな事は無いのですが、近寄るのに数分、もっとかかったのは私がビビりだったからなのと、やはり畏敬の念を抱かざるを得ない見事な巨杉だったからです。

西光寺 3














やっとお近づきになれました。
上を眺めると枝を広げた傘に包まれている様で、さっきまでとは反対に何か守ってくれているような気になります。
不思議なものです。
もちろん、考え方次第ではありますが、巨樹に会う人が悩んでいたり病んでいたり考えるところがあったり、迷っていたり、若しくは幸せな時であっても、やはり如何に異形の神でも拒むことなく受け入れてくれるということが、偉大な木々の前で人が心を開き、またパワースポットなどといわれる所以の一つなのではないかとも思います。

所在地:福井県勝山市鹿谷町西光寺5−17

市指定天然記念物
駐車スペースあり


以前の記事にも書きましたが、「身を美しくする」と書いて躾(しつけ)、「立木を見せる」と書いて親(おや)と読みます。
物があふれ、木の重要性や道具などとなり身近にある大切さをしみじみと感じ、時には親子で山に入り立木を眺めていた時代はとうの昔。
これは仕方のない時間の流れですが、今も現存する巨樹巨木達は、自身の存在を通じて、親子の意味やそこから生まれる躾られた人間性を説いているのかもしれません。

パワースポットと言われるのもよいかもしれませんが、パワーをもらうと同時に数百年数千年間動かずに生き続けているその姿に、違う何かを感じられるといいなぁ、と想っています。

さて、次回は世界に目を向けましょう。
世界で最ものっぽなスギ属のお話。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星