空を見上げて
トップページ » 黒船襲来!?圧巻の厚張りフローリング

黒船襲来!?圧巻の厚張りフローリング


巷で話題になっている・・・
と思っているのは私だけか、いや、書き込みなどの反響も結構あるようなので間違いないと思いますが、今、厚張りフローリングがとてもアツい!
特定の建材メーカーさんの名前を出さずとも一目瞭然なので、あえて申し上げませんが、先日行われた記念展示に出席させてもらったときに見た厚張りフローリングのサンプルをさっそく届けていただけたので、見てみました。

挽き材フローリング










さすがにすごい!
合板フローリングとは思えない仕上がりです。

そりゃそうです。
表面に見えているのは厚さ2mmの挽き材単板ですから、いえば、無垢の木の薄くスライスしたものが貼ってある状態なので、表面は無垢であることに変わりはありません。
通常の合板フローリングは原木をかつらむきの様に0.数mm(1mm以下です!これはこれですごい技術!)むいていったものを貼りつけていますので、この挽き板とは木目の印象が異なります。

挽き材フローリング 7
 挽き板フローリングだと、合板の上に2mm程の木材がのっかっているのが見えます。これはオークなので、道管まで確認できます。





挽き材フローリング 8
 こちらは一般的な「かつらむき」合板フローリング。表面側(写真上面)に茶色い単板が見えますが、これもベニヤの部分です。さらにその上、写真では確認できないくらいに薄い部分がオークの化粧単板です。



そういった点も手伝って、「無垢の貼りあがり」を実現しているわけなので普通に一部分を見ても、無垢フローリングと見まがうような商品です。
塗装もコテっとしたものではなく、木の手触りが感じられるかのような塗装を施してあるので、なおのことまさか合板だとは思われないと思います。

実際ほら、こうしてみてもわかりませんよ。

挽き材フローリング 4










左がブラックチェリー、右がブラックウォールナットです。
それぞれ、上に重ねているのが無垢フローリングです。幅も同じく150mm。

挽き材フローリング 6

 こうして木口を見ればわかるのですが、表面だけではもはや判断がつきません。







挽き材フローリング 5
































こんな状態でも違和感ないです。白い縁がなかったら、遠目にはわかりません。というか、近くでも表面は無垢なんだから同じといえば樹種は同じ。
木材の良さは当然ながら、合板のフローリングの利点である床暖房に対応できることや寸法変化の少ないこと、一枚の幅が300幅(150幅の二つ並びで)なので施工性を落とさない、などを維持してこの存在感を出す技術やデザイン性はさすがです。
すごい。

こりゃ、うちも負けてられへんぞ!!無垢フローリングで勝負だ!!
150幅広だってあるし、オイル塗装もできるし、バリエーションは多いぞ!
と、そんなことは考えません。

そもそも、床に使うフローリングという用途であることは双方おなじかもしれませんが、そのもの自体は全く異なります。
勝ち負けでもなければ土俵も違います。
選ばれる方も異なると思います。

もう、一昔前の様に無垢のフローリングより安く「無垢の味」を味わえるというような合板フローリングとの競争は、施工業者側や販売側が思うほどには存在しないように思います。
どうしても売る方は、何かと「無垢はこうだから合板の方がいい。」とか「合板はあぁだから無垢のほうがいい」とかいう形で比べがち・・・
でも、お施主様にとってはそういう欠点合戦ではなく、どちらのフローリングが自身の求める生活スタイルに合うのかということが一番大切。

実際のところ、私は純粋な無垢フローリングをお勧めします。
理由は今まで散々お伝えしてきました通りですし、私自身がお勧めできると思うからです。
ただ、やはり色変化を好まれないとか、隙間は許容できない、床鳴りが気になる、といった場合には合板フローリングの方がそれらの減少の起きる確率は格段に低いので、無垢フローリングを無理にお勧めする必要はないと思います。

今日の挽き板フローリングはフローリングに対する幅広いニーズを満たして、なおかつ施工性や外観までもカバーできる優れモノです。
その至れり尽くせりの機能性には驚くばかり。

それでも無垢の木がいい、この樹種の無垢フローリングを自宅の床に、という想いがある方は弊社にいらしてください。
必ずしも床の選択肢は一つではないですが、挽き板を含めた合板フローリングも無垢フローリングもわかる立場でお話させていただきます。

それにしても、何度見てもすごいものです。十分すぎるのではないかなぁ・・・

挽き板フローリング 3


 オークの虎斑までくっきり・・・








トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星