空を見上げて
トップページ » 北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物目透かし羽目板

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物目透かし羽目板


もしかして、日本人に一番身近な木材のひとつかもしれません。
外国産材ですが、もちろん、日本産材を含めても、住宅や家具などの材料としてかなり多く使われていますので、もしかすると杉や桧よりも日本人がお世話になっている木材の内の3本の指に入るものでしょう。

その名も「レッドパイン」。
今日紹介するのは、その名の通り海外で育った赤松の仲間「北洋赤松(レッドパイン)」です。
学名をPines sylvestris。
英名をscots pine。
ヨーロッパに広く分布していますので、レッドパインと一言にいっても「これが同じもの?!」というくらいに異なる場合がありますし、レッドパインという名称から赤っぽいものだというイメージを持っていると、実際の色合いを見た時に「赤くないじゃないか!」と思われることと思いますので、名前からのイメージは取り去ってくださいね。
確かに赤身部分で赤っぽいものはありますが、必ずしも赤いものではありません。

北洋赤松丸太 2










先の話の続きをする前に、日本ではこのレッドパインとレッドウッドとを混同することが多々あります。
そこにホワイトウッドというものも登場し、本当に「色々」な名前のイメージが独り歩きする場合があります。
ここで、いったん整理。

まず、レッドパインはレッドウッドと称する事も稀にありますが、レッドウッドというのは、基本的にはアメリカ大陸で世界一の樹高を誇る木=世界一背の高い生き物として有名な「セコイヤ=レッドウッド」を指します。
レッドウッドの話まで派生すると果てしなき旅になりそうな予感がしますので割愛しますが、樹種としては全く異なった種類のものです。
対してホワイトウッドはというと、正式には「オウシュウトウヒ」という名前でこれは本当に白い木です。
白いといってもペンキを塗ったような白さというわけではなく、木の白太(辺材)の部分が大きく、赤身と白太というあの色のコントラストの少ないのが大きな特徴で、こちらの場合はその材を見ると「なるほど、ホワイトね・・・」と納得するような材色です。

木の名前は難しいですね。
だからこそ、毎回難しく登場する「学名」という世界共通の名称が必要になってくるわけですので、もし木に興味のある人は学名も覚えてみてくださいね。

さて、皆さんは今日から「レッドウッド」ということはないと思いますので、ここからはレッドパインという名称で進めさせていただきます。
話は冒頭に戻って私たち日本人に身近な木材である事実とは一体何なのか?!

おそらく、木材業界や建築業界の方はピーンとくるのではないかと思うのですが、日本の住宅の見えない部分にたくさん活躍しているのがこのレッドパイン(北洋赤松)です。
天井板を貼る下地や、外装材をとりつける下地、その他様々な下地(したじ)と呼ばれる、表面に取り付ける部材にかくれてしまう部分に多く使われているのがこの樹種です。
それは、決して劣っているから見えない部分に、ということではありません。
どちらかというと優れているから「縁の下の力持ち」的な存在として重宝されているのです。

北洋赤松(レッドパイン)



 ロシア産赤松下地用材。










というのは、下地というものはある程度の釘やビスの保持力をもっていないといけません。
それには柔らかすぎたり、または部分ごとに全く違った硬さなどではとても使いにくいのです。
その点、欧州赤松の中でもロシア近辺にて生育しているものは、以前に御紹介した「ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物羽目板」や「ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物フローリング」と同じように樹齢が高く木目の細かい良材がとれます。
それを製材して、先述の下地材にするのです。

まさしく縁の下の力持ち。
間柱(まばしら)や集成柱として活躍する「ホワイトウッド」と梁や桁などの構造部材として活躍する「米松(べいまつ・ダグラスファー)」に並んで、外国産材の雄であることに異論はない所でしょう。
もちろん、ここにベニヤ板の原材料である「ラワン類」が含まれては来るのですが、あちらは例外としておきましょう。
しかし、ラワン類といいロシア産レッドパイン(赤松)といい、どちらも貴重な天然林にて大きく育った原木を使ったものであることや、以前新聞に掲載されていた時もありましたが、どちらも一部での違法伐採が問題になっているのが悲しい共通点です。
違法なもの、といっても現地では違法伐採という「仕事」をしなければ生活できない人もいると聞きます。
森も大切ですが、人々の生活も身に迫るものです。
こういった樹種からも人と木々の共生を考えていかないといけないところなのかもしれません。

脱線してしまいましたが、そんな縁の下の力持ちも表舞台に登るときがあります。
それが北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板です。
後に同じく北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物フローリングもご紹介いたしますが、下地で使われるロシア産レッドパイン(赤松)とはまた一味違った表情を持つのが北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板です。

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 3














北洋赤松(レッドパイン)は、育つ産地によっても色合いや性格、木目に大きな差が出ます。
そのため、ロシア産赤松程の目の細かさはないですが、強すぎない木目の伸びと可愛い節目は、十分に魅力的なのではないでしょうか。

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 2
























日本産の樹種でも桧や杉、松といった無垢フローリングがありますが、それらの印象とはまた少し違った表情をみせるのがこのレッドパインです。
節の表情といい、桧や杉ほどメリハリの利いたものではありませんが、そこが少し優しい印象に感じさせます。

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 ログハウスにて 2



 自然光なので少し暗いですが、壁一面に施工中。








もちろん、赤身(あかみ、芯材)の部分の色合いと白太(しらた、辺材)の色合いも美しいものですが、あまりでしゃばり過ぎない木質感はすっきりとしたお部屋の内装にも馴染んでくれるのではないかと思います。

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 ログハウスにて 1














無垢の羽目板の中では格段にお求めやすいのも人気の一つですが、価格以上に本物の木材を楽しめることは間違いありません。


北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 1














(写真は羽目板現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)

・弊社へのお問い合わせはこちらから。
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板塗装仕上げ施工写真はこちらから


*北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板を採用頂くにあたって

北洋赤松(レッドパイン)は松特有の樹脂道をもっています。
中には、永年貯め込んだ樹脂をたくさん持っている物も含まれます。
製品加工段階では十分にチェックされてはいますが、木材の性質上、梱包されている状態にて羽目板同士が密着していますので、樹脂の多い部分が表面に析出してくる場合があります。
全てがそうではありませんが、採用においては、開梱時に羽目板表面に樹脂分が析出している可能性がある事を含みおき頂きますようによろしくお願いいたします。(下写真参照)
また、その樹脂に経年による埃や生活上の汚れなどがついて、外観上黒っぽくなる部分もありますが、それもレッドパインの特徴です。
気になる場合は、薄いホワイト系のオイルでの塗装を施しておくか、サンディング処理などのお手入れをお勧めします。

また、製産国にて人工乾燥されていますが、開梱後時期を問わず日本の環境下に置いたままですと、ねじれや曲がり、寸法伸縮現象が顕著になる場合もありますので、色柄あわせの後は速やかに施工頂きますようお願いいたします。

北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物フローリング 1














・北洋赤松(レッドパイン)以外の無垢フローリング・羽目板の記事はこちらから

・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ


北洋赤松(レッドパイン)無垢フローリング(寸法表記はすべてmm単位)

・寸法

12×110(働き。実により若干の誤差あり)×3900

・形状

一枚物

・エンドマッチなし

・品番と価格

HA-17HN OPC一枚物 無塗装 12×110×3900 ネイキッド
¥10,800(税込)/8枚入り(3.43屐

・運賃

別途地域により、お問い合わせください。

・グレード

プルミエ:材の特色を活かしたトップグレード
セレクション:小さな節や軽微な色むらを含むグレード
ネイキッド:色むら、節、パテ補修、など強度に問題ないものは全て含みます。

・納期

無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産するということができませんので、余裕を持って確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 

お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから

・表情の違い 参考


北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 7





 実(さね)内部の隠れる部分の欠け








北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 6



 丸面部分に加工歯があたる事による若干の節の欠けが含まれることがあります。








北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 5




 若干の節部分の逆目を含みます。








北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板 4














北洋赤松(レッドパイン)無垢一枚物羽目板には材によっては木裏加工のものも含まれます。

北洋赤松(レッドパイン)木裏加工




 木裏加工羽目板










木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星