空を見上げて
トップページ » 古希杉浮造りフローリング、施主様施工中を見学

古希杉浮造りフローリング、施主様施工中を見学


久しぶりに本業の話題をお伝えすることが出来るようになりました(笑)。
全然仕事をしていないように写ってしまいますが、、、、その通りかもしれません(汗)。
いや、目立たないところできちんと動いているのです。

先日、無垢フローリングの施工の現場を見せていただくためにお客様のところへお邪魔してきました。
それも完成後ではなく、施工中です。

お客様のご厚意で(ブログのネタになりますよね?!と胸中を見透かされて…汗。)施工中のお宅にご招待していただきました。
しかもただの施工中ではありません。
お客様ご自身で施工中!!なのです。

古希杉浮造りフローリング施工 7



 見よ、この施工道具達を!!りん木(材料を置く台にするもの)も、ブロックでお手製です。







想い起せば昨年末に女性陣で「ロシアンバーチ幅広無垢V溝フローリング」を始め、その他大がかりな工事を施工されるという頼もしい記事をお伝えしましたが、今回もお施主様施工のお宅なのです。

古希杉浮造りフローリング施工 6


 「施工も施主様」の文字が・・・










ご自身のお気に入りの無垢フローリングの手配だけではなく、このように施工までお施主様がされると、無垢フローリングといえど「出来上がったもの」である床なのか、「自分たちが一枚ずつ並べたもの」なのかで、ご入居後の愛着も大きな違いがあるでしょうし、「この木目をここに持ってきたかったんだよな!」なんていうこだわりも、日々味わうことが出来るでしょう。
それに、施工という大変な作業を実体験することで、大工さんの御苦労や施工の難しさを知ることが出来るので、より一層マイホームへの愛着が深まる事もお施主様施工の素晴らしさではなかろうかと思います。
といっても、なかなか全てのお客様がそうできるわけではありませんが、私はお施主様施工を応援したいと思います。

さて、肝心のそのお宅は、街路樹が綺麗なトンネルをつくる道路から少し入ったところ、交通量の割に意外と静かなのは、やはり木々の防音効果でしょうか・・・そんな場所にあります。
お邪魔した時は丁度外の足場を組み始められたところで、ちょっと頭上に注意しながら中へと入らせていただきました。
おっ!綺麗な木目の浮かび上がり!これぞ百年杉柾浮造りフローリングを始めとする弊社自慢の高樹齢原木による杉浮造りフローリング、「古希杉浮造りフローリング」です。

古希杉浮造りフローリング施工 2













弊社にご来店いただいた時からご自身での施工に意欲を燃やされていたのですが、本当に綺麗に貼り進められていました。

古希杉浮造りフローリング施工 5
























それに、もう手順がスムーズです。
私と談笑しながらも進めていかれるのは、真剣に作業に取り組んでこられ習熟されてきたからでしょう。
大工さん、とはいきませんが「えーっと、次は・・・」ととまることがありません。

古希杉浮造りフローリング施工 1














因みに玄関には真桜(まざくら・やまざくら)の上り框を使っていただく予定です。

真桜框



 (後ろの板は別件です。)









巷で噂の樺桜(かばざくら)ではなく、本物の桜です。
それも桜材の特徴である樹脂の筋や灰緑色の芯材部が少なく、うっすらとピンクに近い色合いがとても綺麗です。
そこに仮並べ後、赤身の良い部分をご自身で選別したフローリングを持ってこられるそうです。

古希杉浮造りフローリング施工 3


 仮並べもしっかりした施工には欠かせない作業です。大工さん任せではなく、お施主様が率先して取り組んでいただきたい作業です。







実際、今回も仮並べの為に一枚一枚取り出す作業も楽しかったというお話を聞いています。
そう、本来は自身の家は楽しいもの、喜びであるものだと思います。
早く、簡単にてきぱきと出来てしまうものって、イマイチ愛着もわきにくい。
「easy come,easy go」ですね。

こりゃ楽しみです。

ぜひ、完成後はお邪魔いたしますよ。
必ず報告させていただくことでしょう。そのときまで、もう少しお施主様には頑張っていただくこととしましょうね。
(まだ、壁の左官仕事もされるそうです。すごーい!!)

古希杉浮造りフローリング施工 4














・上記の施工完成写真はこちらから

・古希杉板目節あり浮造りフローリングの1.9mエンドマッチ施工写真はこちらから
・古希杉板目節あり浮造りフローリングの30mm、アトリエFUDOさま施工写真はこちらから
・古希杉浮造り(うづくり)無垢フローリング30mm、T様邸1年後経年変化の記事はこちらから


*古希杉フローリングは2017年に仕様変更を行っていますので、本記事に掲載の表情とは異なります。
御検討の際は、2018年度の上記「T様邸1年後経年変化の記事」の写真を参照ください。また、詳しくはお問い合わせの上、サンプルなどにての確認をよろしくお願いいたします。


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星