空を見上げて
トップページ » 能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板


前回の能登あて無垢フローリングはいかがでしたか?!
今回はその能登あての無垢一枚物羽目板の紹介です。

表情の比較的豊かな広葉樹に比べ、針葉樹を写真で紹介するにはなかなか苦労します。
特別に色合いに特徴があったりすると視覚的に伝わりやすいのですが、そうはいきません。

もちろん、実物を見れば桧や杉との違いはわかっていただけると思いますが、念の為、並べてみましょうか・・・

桧・能登あて・杉

左から、桧・能登あて・杉、の順です。

こうなると違いが見えますよね。
と言ってもそれぞれが赤身や白太で表情が変わるので、一様に比べられない為に、どうしてもそれだけではわかりづらい。
そんな時、見分ける大きなポイントはやはり香り!
能登あて(ひば・ひのきあすなろ)は桧などとは全く異なる、特有の芳香があります。
すぐにそれだとわかるはっきりとした香り、その一番の識別ポイントを室内のワンポイントに使うと樹種の個性を活かすことができ、無垢のおうちを際立たせてくれると思います。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 2

その香りは、おうちの顔である玄関まわり、一日の始まりを迎える洗面所や、芳香材を使いがちな御手洗いの壁材として使うと、日によって仄かに香る「能登あて材」の香りが心落ち着けてくれるのではなかろうかと思います。

そしてもう一つ、能登あて幅広無垢一枚物羽目板の特徴があります。
能登あてフローリングもそうですが、それは「節あり材がとれる」こと。

ここで、どうして節あり材がとれることが特徴なんだ?!と思われるでしょう。
いや、思って下さい。
一般的に木材というのは、節(枝の部分)のある方が板材・角材共に木取りし易く、価格も抑えられるので、市場流通しやすいというのが通常なのですが、そこはやはり生き物である木のこと。

ここでいう「能登あて材」は先の記事でもお伝えした通り、「ひのきあすなろ」です。
そしてひのきあすなろでもうひとつ有名なのは「青森ひば」ですが、その青森ひばは、天然林や200年生を超える木々を多く持っているのが特徴で、大径木やそれを活かした節の無い和室用材やその他の仕上げ材で美しいものを切りだすことが出来ます。

ひば


ただ、その反面節ありの材を主に切り出すことは得意ではなく、また節ありの材があったとしても節が極端に大きく、欠けていたり、薄板にすると抜け落ちてしまったりするためにフローリングや壁板は節の少ないものが大半です。
もちろん、大径木から節ありの部分だけを取り出せ、というのはなんとも勿体ない話になりますから、適材適所として節なしのものが得意な青森ひばには、その用途の時に活躍してもらうのが一番よいのです。

しかしながら、節のある板材も使いたい!
そうなった時に活躍してくれるのが、実は「能登あて」なのです。

青森ひばに隠れて知名度は決して高くない(大阪ではどちらもおんなじか・・・)かもしれませんが、同じ仲間の能登あては、フローリングや羽目板の様な薄板でも生き節の状態で木取りすることができるのが大きな特徴。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 6


針葉樹の節なしは確かにとても凛として美しいものですが、無垢板の表情としては大人しすぎると感じる方も多いでしょう。
その為に、わざわざ節あり材を指定される場合もあるほどですから、能登あてや青森ひばでも節ありの表情を見たくなるというものです。

もちろん、能登あてと青森ひばでどちらがいい、ということではなく使う場所と用途によって上手に木を活かすことが出来るかどうかの違いですからね。
無理矢理優劣をつけようとして「明日は桧になろう」のような個性の無いことにはならないようにしましょうね!

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 5


能登あて幅広無垢一枚物羽目板の形状は角面目透かし、つまり板と板を合わせた時に隙間が出来るようにし、その部分が目地に見えるように加工しています。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 4

フローリングの付きつけ(ピッタリとくっつく)に対して目透かしは、リズミカルで、尚且つ節ありの材でありがちな「節目ばかりですこしうるさく感じる」という感覚を目地で和らげてくれる効果があります。
その為に、より一層節ありの能登あての表情を楽しむことができるので、お勧めの羽目板であること間違いなし。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 3


特有の芳香がお気に入りで節の表情を楽しみたいとなったら間違いなく能登あて幅広無垢一枚物羽目板です。
の高貴な香りももちろんいいものですが、私は「あて・ひば」系のちょっと色気のある香りに惹かれてしまいます。
針葉樹の最高峰と思われている桧ですが、もっと生き節材においても知っておいてほしい樹種、それが能登あて幅広無垢一枚物羽目板です。


弊社へのお問い合わせはこちらから。

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから


貼り上りイメージ


能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 1


(写真は羽目板現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


*能登あて(ひば・ひのきあすなろ)節あり幅広無垢一枚物羽目板を採用頂くにあたって

・能登あてフローリング(羽目板共)は原木の有効活用もかねて、若干の白太も含みます。厳密には赤身と白太の耐朽性には差があります。
また、能登あてを含む「ひのきあすなろ類」は唐松と並び強い旋回木です。
そのため、如何に乾燥をしていても、吸放湿によってねじれや反り、曲がりの生じやすい部分も少々ふくまれますことをご了承ください。
(表情の違い部写真参照ください。)

・能登あてを含む「ひのきあすなろ」の仲間は、本文中にある様にヒノキチオールなどの「有効」とされる成分を含みますが、その成分においても体調や体質によってはアレルギー反応が出る場合がありますので、敏感な方は検討の際にはサンプルを枕元に一晩過ごしてもらう、手で長時間触れる、などのテストが必要な場合があります。(桧においても同じです。)

・能登あては多くの有用な精油成分を含んでいます。そのため羽目板同士が長時間束に結束されたままなどで密着していると、表面に析出したひばの油分を含む節の跡などが、別の羽目板に写ることがありますので、到着しましたらできるだけ早く開梱し、施工していただく事をお勧めします。
(永く開梱して置きすぎることも寸法精度変化につながります。)

*本文中のフローリング写真の一部分が赤っぽく見えていますが、表示の関係上の様です。実際はそうではありません。

・材の有効利用の為、一部木裏加工も含みます。ご了承ください。


能登あて(ひば・ひのきあすなろ)節あり幅広無垢一枚物羽目板
(寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :9×120×3900

(エンドマッチ加工が無い為、商品の長さはまちまちで、伸びのあるものも含まれます。)

・形    状 :一枚物 角目透かし

・入    数 :7枚入り(3.27崙り)/ケース

・エンドマッチ :無し 突きつけ施工となります。ご注意ください。

・価    格 :一枚物 無塗装 ¥17500(税込¥18900)/3.27

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :ネイキッド  節、源平(赤身白太)、パテ補修込み。強度的に問題のない節や欠けを含みます。 

・納    期 :無垢商品のため、余裕をもってご確認ください。 


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


・お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから 
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
             


・表情の違い 参考


節割れ部のパテ

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 8


節の表情例

能登あて(ひば・ひのきあすなろ)幅広無垢一枚物羽目板 7


反りの大きいものの例(1820mm間で)

能登あてフローリングの反り 1



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星