空を見上げて
トップページ » そのこととこのこと、何が違うのか・・・ 物事の本質とは?

そのこととこのこと、何が違うのか・・・ 物事の本質とは?


以前にお伝えした「あるものを製作」するという記事、覚えてもらっていますか?!
そのあるものが仕上がったということで、依頼先に見にいかせてもらいました。

木曽桧秘密材2



 この木曽桧(きそひのき)を使って製作予定だったものです。









出来上がりの作品は後日の記事でご覧いただくとして、その品を見ながら製作の苦労話を聞いていた中で、素晴らしい言葉を教えていただきましたので、紹介したいと思います。
それは、仕上げていただいた物にまさに通じるような言葉でした。

「手が機械と異なる点は、それがいつも直接に心と繋がれていることであります」

無知な私はよく存じ上げなくて恐縮ですが、民芸運動創設者の柳宗悦さんの言葉だそうです。
仕上げてもらった作品と、使用した道具などを眺めながらこの言葉を聞くとまさしく、人の手によって生み出されるものに対する敬愛の心に気がつきます。
今回の作品も、販売してお金をいただくものではありません。
ですが、無償で製作するにはあまりにも困難かつ時間と労力を要するものです。
では、そこまでして製作する意味とは?!
手で作業をする意味とは?!

その全てが、上記の言葉に詰まっている様に思います。
この言葉は、今回作品を製作していただいた方の座右の銘だと聞きました。手仕事に誇りを持っていらっしゃる方にとっては、これ以上のない言葉かも知れません。
手に技術のない私でも、感じます。

街中で、日頃何気なく見ている新築の住宅。
ほとんどがプレカットという、工場で構造部材の継ぎ手などを作ってくる事で組み立てれば完成する住宅です。
その方が安くて早く家が出来ます。
ほんの10数年前まではまだ手刻みで、大工さんが一つ一つの部材を材木屋で加工していたものです。

地栂盤 3













それならば、木の使いようや使う部位、それぞれの適性などを相談して建てていけますが、今はどこか組み立てるだけになってしまったような気がします。

決して早くて安価なものが悪いという、善悪のことではありません。
しかし先の言葉通り、手で生み出されるものと工場で機械から出てくるものとの違いは、その物に心が通うかどうかだと思います。
とりあえず加工が出来ればよいのか、それともお客様の事や家の事を考えながら加工をしていくのか・・・
私の扱う無垢の木材やフローリングにしても同じことです。

BC 130-Nユニ 3














いつもいつも、お客様に会ってお話しして販売したいと言っているのは、商品だけを発送する機械的な材木屋ではなく、商品となる木がどこからきてどう加工され、何が異なり、どんな癖があり、何がいいのか、それらを伝え愛着を持っていただける「心をつなぐ」事が目的です。
当然、表情豊かな木材の一部しか見えないカットサンプルや、画面上の写真や価格表示だけでもいいのかもしれません。
しかし、それはやはり「よい、悪い」ではなく、「そこに心はあるのかどうか」だと思います。
今回の作品の様に、売り上げにはつながらないかもしれない、時間も労力もかかるかもしれない。しかし、それでもこだわりたいことがあります。
それは何を意味するのか。
上記の言葉に凝縮されている様に思います。

丸太がいっぱい 3













高価か安価か、良いのか悪いのか。
全ての物事が、そういった事ばかりに囚われすぎて「安ければよい、悪いと決まっていなければ構わない」というような、安易な行動理念がまかり通る様になっている場合も見受けられます。
生きていく上で、先を見ることは非常に大切だと思いますが、先人の言葉にも耳を傾け静かに考える時間を持つことも、同じ様に大きな意味を持つのではないかと感じた、座右の銘でした。

私は、時間がかかろうとも、儲からなくとも(それでは困るけど・・・)そんな材木屋で木を探したい!というお客様をお待ちしています。




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星