空を見上げて
トップページ » 売れる家?!喜ばれる家?!

売れる家?!喜ばれる家?!


現在のお住まいが木造であろうとなかろうと、また、新築であろうとなかろうと、住まいについて検討する場合、当たり障りのない間取りの「販売営業の方が売りやすい家」がいいですか?!それとも「生活と住まう人の事を考えた家」がいいですか?!


お客様には聞くまでもないでしょうが、住宅業界では現実的な答えは圧倒的に「前者」です。
売れる家を建てる、それは建売であっても注文建築であっても、「お金をもらえる売りやすい家」です。
建築金額は関係なく、どんなお客様でも可もなく不可もなく、特別な要望がない限りは特に不自由もしない。
けれども、どこにでもあって、住む人の事を考えているのではなく、求められた敷地とスペースにどれだけ詰め込めるかを考える家。

もうそろそろ、考え方を変えないといけない時期です。
が、どうしても家も「販売」という商品の様な扱いで考えるもんですから、どうしても「売れるかどうか?!」に意識が集中してしまう。

それは材料の選定でも、間取りでも、住まう人の事ではなく売る方の都合で全てが決まっていく。

「部屋は○LDKと表示した方が売れる、南にはこれをもってきちゃ売れないよ、○●部屋は最低○畳ないと売りにくいね。」

その基準はなんでしょう。
もし、部屋を仕切ることなく家族で団欒を楽しむ方ならば、無駄な間仕切り壁と使えない配置の部屋数はまったくもって必要ないでしょうし、方角を気にして使いにくい配置になるならば、いっそ素材や作り方を工夫して方角の不利を克服できないか考えるのが本当のところ。無理矢理配置する部屋の広さも、もし応急の用だけのスペースなら、いっそ最小限にして、その分を毎日の家族の生活のスペースとしてや子どもの為のスペースとして使えないのか・・・

直前に志賀直哉旧家を見ているせいか、家族の事を考えた間取りや、広い部屋もあれば、それに比べて小さな部屋もある。
それらが、不自然ではなくおさまっている事があってこそ、見事な建築だと感じますし、それこそ売れる家ではなく「住む人の為の家」であると思います。

志賀直哉旧居 2



 こんな窓をしつらえる心はどこへいったのでしょう・・









だからこそ、大切に残されているのだとも思います。

著名人の家でなくとも、同じ様な「住む方に対する想い」をもってあたりたいではないですか、ね。大工さんや工務店さん、不動産屋さんも。
すぐには理解してもらえないかもしれない、売上に直接つながるかどうかはわからないけれども、それでも変えていかないといけない。
お客様のためでもあり、自身のためでもある。

材料や、法律のみの転換ではなく、本当に考え方も転換していくべき時代であると、ほんと、小さな図面打ち合わせから感じた一日でした。
どんどん、お客様想いの大工さんや工務店さんが出てくるように、木材からウンチクその他(笑)まで、できることはサポートしますので、どんどん勉強して一緒に脱皮していきましょうぞ!!

zumen1















(掲載図面と本文は関係ありません。)


トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星