空を見上げて
トップページ » してはいけないこと。

してはいけないこと。


弊社のこのブログはおかげさまで、いろんな方に見ていただく機会を与えられて、少しづつ嬉しい反響をいただいています。ありがとうございます。
書き始めたころから、批判するようなことや人の悪口になるような事は書くまいと、出来る限り考えてきたのですが、今回は少し批判的な記事になってしまう事をお許しください。

たとえ、そうなったとしても記事に残して、自分の心にも残しておかないといけないと思ったからです。


それは先日、荷物を引き取りに行った時の出来事です。
引き取り場所は、全国的に大きく展開されている企業さんの工場です。
その中にある倉庫に商品を引き取りに行ったのですが、私が向かった時間も少しタイミングが悪かったようで・・・・・・
事務所で受付を済ませ、引き取り倉庫に到着。
積み込み場所を見てみると、とても空いている。リフトマンも運転席で座っておられたので、、少量ですが積み込みお願いします、と声をかけたところ・・・・

「今は休憩時間やぞ!!!!誰もおらんわ!!」

と予想もしない怒りの言葉が飛び出しました。

よく考えると、大きな企業さんの工場兼倉庫ですから休憩時間があって然るべきです。私が伺ったのも、丁度10時過ぎでした。
タイミング悪く伺ったのですが、休憩時間中という事も知りませんでしたし、受付の方も、今は空いていますからどうぞ、とおっしゃっていた事もあり全くの不意打ちに合い、なんとも淋しい気持ちになりました。

貴重な休憩時間に声をかけてしまった私が悪いのかもしれません。お疲れのところを引っ張り出してしまった事に苛立ちが出たのかもしれません。

しかし、こんな私でもその企業さんからすれば一応はお客さんです。しかも引き取りに伺っているところです。
それを考えると、リフトマンの方の言葉にはお客様に対する最低限のマナーが無い事だけは間違いないと思います。

忙しい時、休憩時間中などは、自身の限られた時間の為干渉しないでほしい、という気持ちも理解はできます。
ですが、お客様が来られて、待っていただく言葉もなく暴言としか言いようがない言葉での対応には、人ごとではなく、私本人も含め自社においてもあってはならない事だという教訓を見せられている様に感じました。

全員がそうではないという前置きをしてから失礼を承知で申し上げますが、建設業界や運送業界などは、以前よりははるかにマナーが良くなりましたが、それでも態度や言葉に不適切なものが含まれると感じる事があります。
それは、私が日々肌で感じているからです。
接客・サービス業ならありえへんで、その対応!というように。
もし、自分がこの場でお客さんだったら・・・と考えると参ってしまうような場面も少ないとはいえあるのです。

私が好きな言葉に「実るほど、こうべを垂れる稲穂かな」というものがありますが、博学でもなんでもない私が偉そうに出来る機会はそんなにないとはいえ(笑)、この言葉をいつも想うのは、自分が成功していたり、調子がいい時、自身の所属する会社がグングン成長しているときなどは、その勢いに乗って頭も上に向いているので、頭を下げる事を忘れる時があると思います。
少なくとも、私はそうなりそうです。

だから、そうならない様に、いつも腰を低くしていられるようにと言う想いから、念頭に置いている言葉です。
簡単な様で、私はなかなか実践できていません。
それでも、私も弊社も「ふんぞり返った」稲にならない様にしながら、大きな実りを残せる会社・人になっていきたいものです。

今回の出来事を教訓とし、よりよい会社に出来るように明日からも取り組まないといけません。
良い経験をさせてもらいました。
この事を忘れない様に。



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星