空を見上げて
トップページ » 空手用の割り板のリピートを頂きました。

空手用の割り板のリピートを頂きました。


昨年に「茨木で相談するなら戸田さんかなぁ・・・」とご来店いただき、一時は「きちんと役割を果たせるのか」と心配しながら製作した、空手用杉の割り板ですが、納入後すぐに気に入って頂けて、この度、再度のご注文をいただきました。


空手用割板のリピート














前回も子供さん用ということで、厚みを1.5cmにしていたのですが、今回はさらに小さなお子様らしいので、更に薄く1.2cmにてのご注文です。
また、実際は写真よりも更に長さを短くしてのお渡しでした。

前回お買い上げいただいた時に、一枚を目の前で割っていただいたのですが、大人だからという事もあるにせよ、見事に「パコっ!!」と割れていました。
普段は木材の割れというと全然嬉しくないのですが、その時ばかりは「おおぉー!」と感心したものです。

今回も、うまく割れてくれるといいのですが・・・

前回も書いていますが、これを使う子供たちが「杉のやさしさ、あたたかさ」をその拳で感じて、大人になった時に「あの時に触れた木の感触」を思い出し、少しでも木の事、現実的な環境の事、そして木造住宅の事などを考えてくれる事をのぞみます。

少年空手家たちよ!自らの拳で木を感じるのだ!!



トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星