空を見上げて
トップページ » ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング

ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング


皆さんの身の回りの木で出来たもの、どれくらいありますか?!
今は探すほうが大変かもしれませんね。
住宅そのものでも、木が見えているところも少ないでしょうし、見えていても、集成材やベニヤのような合板かもしれません。
一番身近なところでは、お味噌汁を頂いてらっしゃるであろう「お椀」。
おそらく、漆塗り風(本漆ではなく、普通の塗料だと思いますが)のものが、どこのご家庭にもあるので花でしょうか?
また、お箸ももしかしたら木かもしれませんね。
一時のマイ箸ブーム(?!)もありましたので、木のお箸も多いかもしれません。

そんな日用品以外にも、未だに現役で木が重宝されているところもあるんです。
それは、野球のバット。
当然金属バットもありますし、必ず木が必要というわけではありませんが、木のバットは今でも選手の記録や成績を左右する、とても大事な木の製品です。
樹種としては硬くて粘りもあり、反発力の強いメープル)も一部の選手は使用していますが、やはりバットといえばコレ。


ホワイトアッシュ130 N 3














少し前に丸太の入荷と、フローリングの製作案内をさせていただいていた材で、バット用材として広く用いられている、ホワイトアッシュの幅広無垢一枚物フローリングをご紹介します。


ホワイトアッシュ原木 2














ここで、それだけではないよ!と突っ込んでくださる方は、野球か木材をよくご存じの方ですね。
そうです、ホワイトアッシュよりもバット材で有名になっているのはタモの方です。

こちらがタモ、一枚物幅広(13cm・15cm)無垢フローリング。
写真では違いが少しわかりにくいところもありますが、木目も色合いも、ホワイトアッシュよりはっきりとしています。

タモ(アッシュ) 130 p2




 金具不使用縞黒檀木製名刺ケース(名刺入れ)と共に









タモ(アッシュ)幅広無垢一枚物フローリング
まだ紹介出来ていません(汗)・・・近々ご紹介したいと思います。
今回はホワイトアッシュです。
学名をFraxinus americana と言います。
「americana」 というだけあって、北米からカナダにかけてが主な産地といわれています。


ホワイトアッシュ130 N 2















ホワイトアッシュ130 S 4




  金具不使用タモ木製名刺ケース(名刺入れ)と幅比べ









近頃はバット用の良材が少なくなりつつあり、野球のセレモニーなどで植樹式などが行われたりしていますね。
その苗木の行く先まで知りたいと思うのは、私だけでしょうか…まさか植木鉢で栽培ということではないでしょうし・・・

脱線しましたが、そのタモとホワイトアッシュは同じモクセイ科の樹木で、近縁の樹種ですので、やはり用途が似ているのです。
とはいえ、同じ環孔材(導管という組織が年輪状に規則的に並んでいる材)であり、似てはいますが性質や外観等は若干異なりますし、育った地域によっても違うので、同一視はできませんが、タモと同じくバット用の貴重な原料であることにはかわりありません。


ホワイトアッシュ130 P 2















ホワイト、とつくだけあって、仲間であるタモのグレーがかった木目と違い、やはり全体的に薄いグレーといった色合いが多いです。


ホワイトアッシュ130 N 10



 中には当然、辺材と芯材の色違いは含まれます。










ホワイトアッシュ130 S 6














さらに細かく言うと、アメリカなどではブラックアッシュやブラウンアッシュ、ブルーアッシュ(これは内樹皮から青染料がとれる事に由来するそうです。)やグリーンアッシュなどと、えらくカラフルな分け方をされているところもあるようですが、近縁種と製材時の色合いで分けられている事があるそうです。
これらが、ホワイトアッシュとしても入荷していることがあるので、「ホワイト」の名を信じて「白い」と思いこむのは無垢の木材には通用しませんのでご注意を・・・
蛇足ながら、ノーザンアッシュ、サザンアッシュといわれる事もしばしば・・・
木材は難しいなぁ・・・・・・・・


ホワイトアッシュ130 S 2















写真からもわかる様にやはり天然の木材。先の様に色と名称だけではお伝えしきれません。
丸太の性質や、木取りした部分などにより、ホワイトアッシュでもタモに近い様な濃い目の色合いを呈するものもありますし、白太(辺材)部分に黒っぽい筋や木目が絡んでいる部分なども多く見る事ができます。

いつも通り、グレーディングによって仕分けしている中でみていても、中には真っ白に近い(少し大げさですが)ものもあれば、グレー一色といったものもあるので、そのコントラストを楽しむのが、ホワイトアッシュ無垢フローリングの本来の楽しみ方なのかもしれません。

フローリングといえば、意識が木目と色合いに集中しがちなものですが、ホワイトアッシュは性質的にも優れた素材なのです。
バットの材料になるだけあって、一般的には重硬で強く、耐衝撃性が高い事が大きな特徴です。

バットに使われる理由は以前の記事である「木材がいろんなものに加工される理由」というところで少し書きました。
天然の木はすごいもんです。それを上手に利用してきた先人たちもすごいですが、ホワイトアッシュやタモの「材質は硬く反発力が強い割には衝撃吸収力があり、ボールを打ち返す感覚を的確に手に伝える事が出来る」という性質を細かく理解し、活用していたわけですから、いつもながらに驚くばかりです。



ホワイトアッシュはバット以外にもスポーツ用品にたくさん利用されている樹種でもあります。
有名なところではラケットやホッケーのスティックから、ビリヤードのキューなどが挙げられます。
ブナ科の樹木である「楢(なら)オーク」などと同じように曲げ木にもできますので、その性質を利用してカヌーの材料にも使うところがあるそうです。

ただ、ホワイトアッシュだとなんでもいいのかというとそうではありません。
私も以前の製材加工の時に感じたのですが、ホワイトアッシュの「比重」といわれる密度を示す数値は一説に0.59〜0.83(平均的には0.67〜0.69となっています。)という幅があり、比重の軽いものは環孔材特有の「糠目(ぬかめ)」という状態になり、強度が低い場合があるのです。
環孔材は成長が遅いと、導管という空洞部分の組織が材中に占める面積が多くなり、「穴だらけ」のような状態になるのです。
そのため、先にあげたスポーツ用品に使われるものは比重値や年輪幅を決められているところもあるのだとか・・・
それほど強度に関係するものなのですが、糠目だからといって、使えないというわけではありません。
強度はなくても、導管が多いということは材質が柔らかくなるので加工性がよくなり、年輪もとても密になるため、元々木目の美しいホワイトアッシュですが、更に細かく綺麗な木目を出すようになりますので、ドアやテーブルなどの家具や装飾部材、細工物としての用途にはとてもよい材料といえます。


ホワイトアッシュ130 N 9














良いところの反面、欠点は芯材・辺材ともに耐久性は低いということです。
通常の木材は赤身部分には芯材物質というある程度の耐久性をもった成分が沈着するのですが、ホワイトアッシュに関してはその芯材部分でも耐久性は低い事は、使用する上で一つのポイントになるところです。

大きな木目でありながら、色合いで主張することが少ない珍しい樹種だと思います。
当然、芯材部分には黒っぽい部分があったり色ムラはありますし、タモには少ない「金条(かなすじ)」といわれる楓(メープル)によく見られる模様が入っていたりしますので、名前と同じで一言で表すことはできません。


ホワイトアッシュ130 P 5




  茶色っぽい筋が金条(かなすじ)。もっと顕著に現れるものもあります。







また、ロシアンバーチ板屋楓などで好評のつなぎ目V溝幅広フローリングを、このホワイトアッシュでもご用意しています。

ホワイトアッシュ幅広無垢フローリング vプルミエ5





 白っぽくて、縞黒檀がないとピントが合いません。







ユニ(UNI)と言われる数枚の短尺のフローリングを長さ方向につないで、一枚の1.82mのフローリングに仕上げるユニ加工。
普通は切り取っていった短いフローリング5から10枚をつなぎ合わせて造られるのですが、このつなぎ目V溝フローリングにの特徴はつなぎ目は多くても2カ所まで、つまり3枚までのつなぎで仕上げられているということです。
これは実物の貼り上りを見ていただくのが一番よくわかるのですが、一枚物の乱尺(長さの決まっていないもの)の無垢フローリングを貼りあげたような、心地の良い不規則なリズムを、施工性に優れた定尺(長さの決まっている物)の商品に持たせていますので、プルミエグレードといえど価格的にもお求めやすくなっています。

ホワイトアッシュ幅広無垢フローリング vプルミエ3
























ホワイトアッシュ幅広無垢フローリング vプルミエ2














端正且つ優美な木目が映えるつなぎ目V溝フローリングです。

ホワイトアッシュは落ち着いて控え目な中にもしっかりとした木目を見る事が出来ますので、一瞬の外観ではなく、見れば見るほど味のある材ではないかと感じます。

タモ(アッシュ)やクリ、ナラ(オーク)では主張が強すぎて・・・と感じる方には是非見ていただきたいのがホワイトアッシュです。
一度、ホワイトアッシュフローリング実物に触れることのできる、弊社ショールームにてその柔らかな質感を体感してください。
写真では伝わらないホワイトアッシュの「独特の良さ」が伝わることと思います。


ショールームのご予約お待ちしております。


ホワイトアッシュ130 P 3

























*ホワイトアッシュについて

本樹種も、ケヤキやタモナラと同じように環孔材広葉樹であり、キクイムシによる食害を受ける可能性があります。
全てがそうではありませんが、採用にはその可能性がある事を含みおき頂いきますようによろしくお願いいたします。


ホワイトアッシュ130 P 1




  プルミエグレードイメージ










ホワイトアッシュ130 S 1



  セレクショングレードイメージ











ホワイトアッシュ130 N 1




  ネイキッドグレードイメージ









ホワイトアッシュ幅広無垢フローリング vプルミエ



 つなぎ目V溝加工プルミエグレードイメージ









ホワイトアッシュ以外にも、幅広V溝フローリングがございます。下記より各記事をご覧ください。

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク(ナラ)幅広無垢V溝フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢V溝フローリング
ロックメープル(カエデ)幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング
ブラックチェリー幅広無垢V溝フローリング


・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


(写真はフローリング現物ですが、時期や原木によって表情がことなりますので、ご注意ください。)


ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング (寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 
15×90×1820
15×130×1820
15×150×1820

・形    状
一枚物、UNI、つなぎ目V溝

・エンドマッチあり

・品番と価格(表示価格全て税別表記です)
WA-12P OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥24,000/7枚入り(1.65屐

WA-12S OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥19,200/7枚入り(1.65屐

WA-12N OPC一枚物 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥14,400/7枚入り(1.65屐

WA-13P OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥26,800/6枚入り(1.63屐

WA-13S OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥21,440/6枚入り(1.63屐

WA-13N OPC一枚物 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥16,080/6枚入り(1.63屐

WA-21P UNI 無塗装 15×90×1820 プルミエ
¥12,400/10枚入り(1.63屐

WA-21S UNI 無塗装 15×90×1820 セレクション
¥10,560/10枚入り(1.63屐

WA-21N UNI 無塗装 15×90×1820 ネイキッド
¥8,480/10枚入り(1.63屐

WA-22P UNI 無塗装 15×130×1820 プルミエ
¥14,400/7枚入り(1.65屐

WA-22S UNI 無塗装 15×130×1820 セレクション
¥12,240/7枚入り(1.65屐

WA-22N UNI 無塗装 15×130×1820 ネイキッド
¥10,480/7枚入り(1.65屐

WA-33VP UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 プルミエ
¥16,800/6枚入り(1.63屐

WA-33VS UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 セレクション
¥14,320/6枚入り(1.63屐

WA-33VN UNIつなぎ目V溝 無塗装 15×150×1820 ネイキッド
¥11,520/6枚入り(1.63屐

・運    賃
別途、地域によりお問い合わせください。

・グ レ ー  ド 
プルミエ    材の特色を生かしたトップグレード
セレクション 小さい節や軽微な色むらを含みます
ネイキッド   色むら、節、源平、パテ補修など強度に問題ない特徴を全て含みます

・納    期
無垢商品の為、該当年度の原材料が限られている都合いつでも生産をするということが出来ませんので、余裕をもってご確認ください。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。 


お問い合わせ・ショールームのご予約はこちらから                
         

・表情の違い 参考


ホワイトアッシュ130 N 8





 ネイキッドグレードの入り皮









ホワイトアッシュ130 N 4




 ネイキッドグレードの変色










ホワイトアッシュ130 N 6



 ネイキッドグレードのパテ補修*(このような補修の場合は実の部分が欠けている場合があります。材の有効活用にご協力ください。)







ホワイトアッシュ130 N 7




 ネイキッドグレードの成長痕









ホワイトアッシュ130 N 5




  ネイキッドグレードの色違い









ホワイトアッシュ130 P 4




  プルミエグレードの白太(辺材)









ホワイトアッシュ130 S 3




  セレクショングレードの色違い









ホワイトアッシュ130 S 5




  セレクショングレードの節











・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp


コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星