空を見上げて
トップページ » 宇宙の神秘 生命の神秘 宇宙帰りの桜が発芽

宇宙の神秘 生命の神秘 宇宙帰りの桜が発芽


昨日の新聞夕刊に掲載されていたニュースですが、国際宇宙ステーション(地上350km!!)にて2008年の11月から8カ月半保管していた桜の種を、地上に持ち帰って植えてみたところ、これまで発芽しなかった種が発芽するなどの異変?!があったという。

原因は今のところ不明だそうですが、無重力な上に放射線の強い宇宙環境で、遺伝子の突然変異や細胞の活性化が起きたのではないかと推測されているそうです。
宇宙に旅立っていた桜の種は北は北海道から南は沖縄まで、子供たちが集めた14種類だそうです。

このうちの岐阜市の「中将姫誓願桜(ちゅうじょうひめせいがんざくら)」は樹齢1200年といわれる山桜の一種だそうで、米粒ほどの小さな種はまいても発芽せず、接ぎ木によってしか増やすことができていなかったそうです。
そこでその種を、地元の保存会の方たちが265粒を宇宙に送り、248粒をまいたところ昨年春に2粒が発芽し、このうち10cmの苗木に成長した一本は、他の種が混入したのではなく、誓願桜の可能性が高いと遺伝子の簡易鑑定の結果が出たそうです。

他にも、通常は1年に50cm程度しか伸びない岡山の真庭市にある「醍醐桜(だいござくら)」10本が、昨年春に発芽し現在は90cm以上になっており、うち1本は160cmを超えたそうです。
また、高知県佐川町では、1年に30cm程しか伸びないはずの「稚気桜(わかきのさくら)」が、約1年で最高135cmに成長した例もあるそうです。

通常よりもこまめな肥料の与えかたなどはあったそうですが、それだけが原因ではなさそうな感じです。

宇宙空間が人体に与える影響なども研究されていると思いますが、同じ生命である木の異変的な成長や発芽は、いったい何を意味しているのか?!
興味はつきませんが、急成長の代わりにその他の悪影響がでないことも見届けてもらいたいと思います。




トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星