空を見上げて
トップページ » 杉がなくなる?!

杉がなくなる?!


建築業界だけだろうか?!いつも慌ててるの・・・

経済新聞などをご覧の方々はご存知だと思いますが、今(というか昨年来ずっと)住宅用の断熱材が大変な品不足に陥っています。
事情はいろいろとあるようですが、注文しても入荷日はわからない、注文数量全てが入荷しないなど、様々なところでバタバタと苦労をしています。

そんな中、便乗なのかどうかは定かではありませんが、他の建築資材も品薄や値上げの動きがモクモクと出ています。
で、なんと、その中に「杉」も入っているような感じなんです。

杉?!今、国を挙げてどんどん使っていこう、利用しようと躍起になっているあの杉が、です。
木材市場への入荷が少ないそうです。
どういうこっちゃ・・・・・
訳がわかりません。

建築業界だけなんでしょうか、こんなおかしな現象。
いつもそうです。
仕事量が増えると、それ以上に品薄になったり値上がりしたり。
以前、住宅の耐震に効果を発揮するということで「構造用合板(こうぞうようごうはん)」という商品が出始めたころ。


針葉樹構造用合板



 これが構造用合板です。
下の写真のラワンベニヤと違って、見えない部分に使うため、抜け節や、多少の表面割れなども含まれます。







ラワンべニア



 こちらが日本人が永年親しんできた、通称ラワンベニヤです。
 主にクロス仕上げの下地(直接クロスを張り上げる面)に使うため、表面は平滑で節などの欠点はほとんど見られません。




その構造用合板の出始めの時期から、ラワンベニヤに代表される熱帯雨林材(伐採してしまうと、人の手での再生が難しかったり、再生できたとしてもとても永い年月を要する)による製品は、環境に配慮して少しづつ、他の木材に転換していこうという動きがあったこともあり、その構造用合板と称されるものは針葉樹である「唐松」を主原料に生産されていました。
それも輸入による、国産ではない外国の唐松です。


その構造用合板を紹介された時のセールストークは今でも忘れられません。

「ラワンと違って、唐松は伐っても伐っても腐るほど生えてますから」

この言葉を聞いたのはつい10数年前の話です。
それが今はというと、外国からの唐松は入手が厳しくなり、急ピッチで国産の針葉樹、殊更杉や桧を使った製品に転換されています。
たしかに、国産樹種を使ってもらうのは良いのですが、先の言葉は一体何だったのか?!

外国から何かしら探してきては、そのうち入手できなくなることの繰り返し。
木材、建築の業界はいつまでそんなことをしているんだろうかと思う。
そりゃ、きちんとした形での流通を考えている方もたくさんいらっしゃるんだろうけども、今のところ、このわけのわからないシステム?!の繰り返しの様に感じます。

今回の断熱材についてもどこか、いろんなところのいろんな事情が絡んでいそうな気がします。
本当のところはどうなのか?!

断熱材は工場が造ってくれれば商品はできあがりますが、冒頭の杉は一体どうなっているのか?本当に原木がないのか?!
気になったので、見に行くことにしました。


丸太がいっぱい 1



 どこぞの外国ではありません。

 日本です。丸太をどんどん加工していくところです。







丸太がいっぱい 2















なんじゃこりゃ。
めちゃくちゃあるやん。
これでも一部です。これの数十倍、いや、もっとか。とにかく広大な土地に文字通り山積みです。
そりゃそうですわな。
普通に考えて、なくなるわけないですもの。

ただ、木はあるけども、製品となるとまた別の話。
私が書いていた、杉がなくなる、というのは製品の話です。
今まで外国産材に頼ってきた分、いざとなったら供給力不足であったり、製品の精度や規格に細かな違いがあったり、また、一番大きなところは価格が決して安くはないということでしょうか。
供給力不足なところに、需要が集中するとそりゃなくなりますね。
他の理由もあるのですが、どちらにせよ、真面目に生産したらコストはかかる。
それをきちんとした適正価格で購入できない現在のどん底住宅建築価格があるかぎり、全体的に国産材が普及することはないでしょう。

だから、私たち街の材木屋がきちんと国産材の良さ、違い、生産コストやかかる労力の事をきちんと伝えなければなりません。
真面目に生産しているところは、そんなに量も供給できません。
だから、真面目な材料を得るにはお金だけでなく、時間も必要です。
それらとともに過ごすには、ある程度の木に対する理解も必要です。

これからはそれらを、額面だけでなく本当に理解していただけるよう、国産木材も含めて、貴重な輸入材も大切にお届けできるような体制を作っていきたいと思います。

安くて早い方が良い方はそちらの専門業者様へ。
仲間も含め私たちは少しでも誤解無く、木のもたらす恩恵をお届けできるような環境を、これからもしっかりと造っていきたいと思います。
そのために、皆さんはきちんと木に対する正しい意識を持って、適正価格で購入いただけますようにご協力をお願いいたします。

おかしな理論で、「杉丸太が入ってこない!」ということがなくなる様に切に願います。


丸太がいっぱい 3




















トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星