空を見上げて
トップページ » コンクリート造みたいな木造ギャラリー 滋賀のサラさん

コンクリート造みたいな木造ギャラリー 滋賀のサラさん


先日叔父の薦めで、とあるギャラリーに見学に行ってまいりました。
ギャラリーなので当然美術品展なので叔父の作品も含め、いろんな作家さんや陶芸家の方たちの作品を眺めながら目の保養をしたわけですが、、実は叔父は作品展以外の「ある理由」でそのギャラリーを私に薦めたのでした。

その「ある理由」とは、一目瞭然でした。
ジャン。


ギャラリー サラさん 3














私が伺ったのは夕方でしたので、既に薄暗かったんですがそのとき以上に、この帰り際5時過ぎくらいの雰囲気が最高でした。

もうお分かりだと思います。
叔父の薦めた理由とはこのギャラリーの建築にあります。
私の職業の勉強を兼ねて見に行っておいた方がいいよ、という意図でした。
実はこう見えて、ギャラリー兼住宅なんです。
しかも木造なんです!!
見えないでしょ。
特にこの辺なんか・・・・


ギャラリー サラさん 2



  普通に入った人は、コンクリート造だと思うでしょう。

 そうとしか見えないです。

 が、他の部分を見るとわかるのですが、総木造なんですねぇ。














住宅部分もありますし、あまり内部は公開できないと思うので少しだけしか写真をご覧いただけませんが、私個人としてはご主人とお話していて、おそらく皆さんに見ていただきたいと思われている様に感じました。
それくらい、自信たっぷりの建築になっています。
ご主人もおっしゃっていましたが、「職人さん達は泣いていた(笑)」そうです。
それくらい「普通の」建築とおもって仕事をしていたのでは出来ない様な作業や材料を取り入れているということなんです。

といっても、木の特性でありながら職人さんの気にする「隙間」や、材料の特性による使い方の違いなどは、無理やり隠したりすることなく、「あるものはそのままで。無理に隠したりする方が余計におかしくなる」というスタンスですから、いつも、そういった部分を隠すようにしないといけない仕事に慣れている方とのギャップがあり職人さんが泣いていたそうですが・・・

お話をうかがっていてそういった職人さんの泣いている顔がみえるようでした(笑)


職人さん泣かせでなくてもいいと思いますが、こだわりの住宅や建築がまだ少ない様に感じます。
コストをたくさんかけるのが良いのではなく、仕事の美しさや建築の美しさにこだわる、金額ではない建築の良さを出した住宅建築をしていかなければなりませんね。


ギャラリー サラさん 1















そういった意味では、本当に見せていただく価値のあるギャラリーでした。
とはいっても、半分以上叔父のつてですが・・・・・・・・


皆さんにももし、機会があるならば訪れていただきたいギャラリーです。
作品をみて、その後建築に驚いてくださいね。


・名  称:gallery 「サラ」
・所在地 :滋賀県大津市北比良1043-40
・連絡先 :TEL/FAX 077(532)9020

ギャラリー サラさん4












トラックバックURL
コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星