空を見上げて
トップページ » 玉椿無垢角物・板材

玉椿無垢角物・板材


以前に少しご紹介したことのある非常に稀少な木、「玉椿材」が入荷しましたので、ご案内します。

この「玉椿材」、ホントに珍しいんですよ。
そんじょそこらの材木屋サンでは知りません。いや、ある程度木の名前を知っている材木屋さんでも「椿で大きな材ってあるの?!」というくらいに、まったく知られていません。

それもそのはず、ほとんど流通していないからです。
家具や内装材に使用するものとして流通するほどの供給量がないんです。
だから、わずかに「その木の味わい」を知る人のみが大切に活用している材、それこそが「玉椿材」なのです。

玉椿原木 2










前回の記事にも記しましたが、ここで再度詳しく紹介することにしましょう。

「玉椿」。
読み方を「たまつばき」と言いますが、椿の仲間ではありません。
ではなぜ玉椿という名になったのか・・・

それは、昭和天皇の皇后さまの入内の折の調度品の作者が、「玉椿の木をもって・・・」と箱にその材の名を記したことからその名がついたととか・・・・
それにしてもとても雅な呼び名を付けられたものですね。

しかし、樹木としては椿ではありません。
椿を知っている方にとっては、木目が全く異なるために一目で分かると思います。
要は、通称名ということです。

玉椿原木 1










材質もその名に恥じぬ良質なもので、材面は芯材の方は桑材の様に少しこげ茶色に近い茶褐色に、黄白色の辺材が入るというような状態です。
木目としては、桑や欅に似たような環孔材(導管という組織が年輪のように規則的に配列しているもの)としての特徴をもっていて、大らかな雰囲気を持っています。
手で触ってみるとわかるのですが、硬さも硬すぎず柔らかすぎずのとても扱いやすいもので、桐と桑の中間くらいの硬さと表現されます。
その為、彫刻用途にも重宝されます。

玉椿材1玉椿材赤白
















木の香りが好きな私にはとてもよくわかるのですが、香りもとてもよく、少し甘く優しい芳香があるのも特徴といえるでしょう。

また、玉椿材を柾目にとった時にでる模様も、欅や他の環孔材に見られるのと同じように美しい輝きを見せてくれます。

玉椿材 2

どうです?!
この模様を好んで使う方もいらっしゃいます。

ブナの柾目の斑に似たところがありますね。






今回はその稀少な玉椿材が再入荷しましたので、ご案内します。


玉椿材 1



厚盤、板材と小物少々。









もう、御一方ご予約を頂いてい状態ですので、いつまで在庫があるか、嬉しい様な、勿体ない(笑)様な気分ですが、小さな材も少量ありますので、小物製作の方にはお勧めですよ。

ただ、これは避けて通れない、乾燥割れがどうしても生じます。

玉椿材 3













当然、ないものもあるんですが、出ている物もあります。というよりも、ものすごく割れが多い材ですので、稀少な材としてうまく利用して製作するか、小割していただくか・・・
その用途に合わせて使っていただきたいと思います。


一度にあまりたくさんは扱えませんので、ご購入希望の方はまずご一報いただきたく思います。
あの香りと手触りはきっと「癖」になりますよ!


玉椿角物、板材


・寸     法 :様々あり(現在は1m以下の板、平角)

・形     状 :無垢一枚物厚盤、板

・価     格 :ご来店ください。

・運     賃 :別途 地域によりお問い合わせ下さい

・状     態 :天然乾燥材、仕上げ加工別途です。


*ご検討前に、下記ご注意と弊社からのメッセージをご覧ください。

ぜひ一度お問い合わせください


 
木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星