空を見上げて
トップページ » 高樹齢杉 純白無節浮造り(うづくり)羽目板

高樹齢杉 純白無節浮造り(うづくり)羽目板


今年に入って、国の政策面で低層(主に2階建てまで位)の公共建築物は木造化することとする案(強制ではなく努力ですが・・・)が採用されたり、住宅購入についても木造の住宅に対して
一定の条件をクリヤーすることで、100万円の補助金がが出るなどの木造支援策がとられており、木造住宅を考えていらっしゃる方や、木材業界にはかなり良い風が吹いている様に思います。

ただその中においても、ただ木だから何でもいいということではなく、産地を証明できるものだったり、伐採の情報が開示出来るものなどを採用することを条件とするものもありますので、やはり材木屋がとにかく儲かるのか!?というと、また話は違います。


その木造住宅を建築するにあたり、やはり地場・国産の材料は欠かせないものであるのは言うまでもありませんね。
国の補助をもらうんですから、是非とも日本の林業に活気が出るような材料を使ってもらいたいところです。

そこで注目されるのは・・・・・


そう、杉です。

日本の人工林の大部分を占める杉。
花粉症の元凶とされたり、建築現場では加工精度が悪いという昔の商品イメージから敬遠されたりしていますが、一方で、昔から日本人の生活になくてはならない木もこれ又杉でした。

古くは船は杉で作れと文献に記され、和室には杉の天井板や廻り縁といった部材が必ずと言っていいほど必要です。
また、環境の面をみても成熟した森が多く、資源として安定供給出来るということと、杉の持つ柔らかな風合いと、安眠効果の実証されているその香りなどから、私たちの生活にとても大きな恩恵を与えてくれるのが杉です。


そんな優秀な日本の樹木「杉」に、丁寧に研ぎ出しをかけて仕上げた羽目板(壁仕上げ材)を御紹介します。

杉純白浮造り羽目板 1















それも、節や色の強い芯材部分である赤身のない、「純白無節材」の羽目板でそれに杉無垢節あり浮造りフローリングでおなじみの丁寧な浮造り処理を加えていますので、木目がはっきりとし、大人しい純白無節がひと際際立って見えるような仕上げになっています。


杉純白浮造り羽目板 4

























杉純白浮造り羽目板 13















仕上げ方法は企業秘密!で詳しくは好評できませんが、丁寧な時間のかかる工程を経た浮造り加工ですので、一般的な「一回機械に突っ込んだら出来上がり!!」という商品とは全く異なる表情を見ることができます。
特に杉の場合は比較的柔らかいので、一回の加工でもそこそこの商品が出来上がります。
ですが、その「そこそこ」を良しとせず、納得いく肌触りまで仕上げるために、複数回の(その原木の硬さや木肌によって加工回数、内容が変わります。)加工工程を経ています。


杉純白浮造り羽目板 10















杉純白浮造り羽目板 11















また、好評の杉柾浮造り無節フローリングや、杉無垢節あり浮造りフローリング杉赤身のみ使用デッキ材と同じ選別原木からつくられるため、クオリティーが高く、丸太の一部分のみを使う場合と違い、赤身の中心部・柾目・板目といった部分でそれぞれの役割にあった製材をし、無駄なく原木を活用できるためにできる製品の安定性も見逃せないところです。(一本の同じ丸太から全てをとるわけではありません。)


フローリングに杉を採用すれば足に負担が少なく、優しい足触りで落ち着きますが、壁や天井にこの高樹齢杉純白浮造り羽目板を採用いただくと、浮造りによって表面積が増えたことにより、浮造り加工のない商品に比べて吸放湿の性質も高く、木目も雄大に見えます。
例えばそこを活かして、住宅内部の入り口ドアや引き戸などの建具類の中央部分の化粧板、通称「鏡板(かがみいた)」として使用しても、美しい純白の杉の優しさとと浮造りの力強さを味わうことができるのではないでしょうか。


また、一般に床には節があってもそう気にならないのですが、天井の場合は少し事情が違います。
想像してみてください。
自分の上の天井を見上げた時、大きな節がたくさんあると、まるでいくつもの目に見られているような感覚になりませんか?!!!

大袈裟かもしれませんが、以前からそう言って天井にはめったに節のある木材は使われません。
今の洋風の住宅ならいざ知らず、和風建築の豪邸などになると、夜の暗い廊下ではきっとブルッと寒気がすることでしょう・・・・・・・・

冗談はさておき、その性質も当然ながら、純白の浮造り加工は落ち着いていながらも、杢の楽しみを味わうことのできる秀逸な仕上がりです。
直接手足で触れる部分ではないですが、それでも丁寧にかけられた浮造りの妙を、眺める楽しみを是非御自宅で味わってみてください。


杉純白浮造り羽目板 14















厳選された材料を使用していますが、以下の点は無垢の特性ですので、御理解の上採用頂きますようお願いいたします。


・木端部分の小節

杉純白浮造り羽目板 8














・木口部分の節跡残り

杉純白浮造り羽目板 7














・浮造り加工による木端部分等の木目の段差

杉純白浮造り羽目板 5














杉純白浮造り羽目板 12














・機械加工時の若干の加工跡

杉純白浮造り羽目板 9













かすかな赤身残り

純白羽目板1

軽微な葉節

純白羽目板2

端部の赤身

純白羽目板3


*純白表記はあくまでも名称です。経年変化で退色変色しますし、一枚ずつ色合いが異なりますので、真っ白という意味の表記ではありません。
また、材を有効活用するために、根元に若干の赤身を含む場合があります。



・高樹齢杉 純白無節浮造り(うづくり)羽目板(壁・天井用)  白太無節のみ使用


・寸    法 :9.5×100×2000   (寸法表記は全てmm表示)
              :9.5×115×2000
              :9.5×130×2000

・形    状 :一枚物浮造り加工

・入    数 :100幅 17枚入り(3.40屐
              :115幅 15枚入り(3.45屐
              :130幅 13枚入り(3.38屐

・エンドマッチ :なし

・価    格 :100幅    ¥16116(税込¥17405)/3.40
         :115幅     ¥16508(税込¥17829)/3.45
         :130幅       ¥17235(税込¥18614)/3.38

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :節なし材のみを使用(不揃い、木端に小さな葉節を含みます。)

・納    期 :お問い合わせ下さい。   


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。


・お問い合わせはこちらから

・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から

・高樹齢杉 純白浮造り(うづくり)羽目板施工写真はこちらから

・高樹齢杉 純白浮造り(うづくり)羽目板の天井施工写真はこちらから

古希杉板目浮造り無垢フローリングはこちらから(2m施工写真はこちら4m施工写真はこちらから)

百年杉柾浮造り無節フローリングはこちらから(施工写真はこちら






コメントを書く




情報を記憶: 評価:  顔   星