大阪の本物の木材を追求する材木店のページ
空を見上げて

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 Α

どの樹種についても、正確に分類しようと試みるとどうしても植物学や樹木学的な分野に入っていかざるを得ません。
少し難しく感じるかもしれませんが、少しかじっておけば名称の違いに迷うこともないですし、「カバ桜」に右往左往することもありません。
それに、よく誤解される「芯材の方が水分が多いから重たい」ということや、反対に「芯材の方が水分が乾きやすいから腐朽しにくい」といった誤解を解くことが出来ると思います。


おっと、どうしても脱線したくなって困りもの。
メジロカンバの魅力は伝わったでしょうか。
樹木としては「ウダイカンバ」なのに、木材としては「マカバ」であり「メジロカンバ」であるという、なんともややこしい名称ですが、良い得て妙というか雅な名称だと、私は気に入っていたりします。

書籍にあるマカバの材の詳細な解説はいつも、緻密で均質な散孔材、とあります。
比重でいうと0.5〜0.78(平均0.67)なので、特別重硬というわけではないのですが、その緻密さが材の硬さを感じさせるのでしょう。
用途としては、家具・建築・船舶材・ドア・紡績用木管など。
最初は桜材の代用から利用が始まったともいわれますが、戦時中は航空機や戦艦などの軍事需要で多くが伐られてしまったとのこと。
その時代、樺合板は非常に強度が高く作ることが出来るため、プロペラ機の翼などへ利用されたとのことです。
そのころ、ブナ合板も試みたようですが、強度はそれの8割ほどだったと言います。


さて、そのマカバ(材木屋なので、木材の商業名で書くことにします。)ですが、広葉樹の中では通直な部類で樹高30m×直径1mという記述も残るほど、昔は良質な材がたくさん出たのでしょう。
おそらく、メジロカンバという名称が一般的になるより以前、マカバの美しい芯材が取れた時代です。
枝下が長く真円に近い樹形は、やはりかなり伐採されてしまったようです。

というのは、上記の様な昔話の記述は残っているものの、私が趣味にしている巨樹巡りにおいては、ウダイカンバの巨樹というものには、殆ど行き当らないからです。
もちろん、生息地域が私の住んでいる近畿地方から遠いこともありますが、巨樹の書籍によると新潟県妙高市に胸高直径1.5mのものが存在するとか・・・
逢ってみたいものです。


さて、一つの樹木に様々な名称があるということは、それだけ有用であるということの証明ではないかと思います。
前回までにも書きましたが、色調の淡い木材としては硬質な部類に入ることと、良質な原木が多いことから単板(たんぱん)の製造が多く行われています。

カバ単板


厚み0.2mm近辺という超薄板にかつらむきする単板。
単板になる、ということは合板フローリングとしても流通しやすくなるということ。
合板フローリングの登場で、カバという樹種を知った方も多いはず。
デビューは遅かったものの、今では様々なところで見かけるマカバ材。
北海道が主な産地であることはお伝えしましたが、広葉樹王国北海道では、マカバ以外にもカバ材が出てくることが多くあります。
しかし、マカバ以外のカバは基本的にそう重要視されていない為か、「雑(ザツ)、もしくは雑カバ」とひとくくりにされる場面が多いのです。

カバ桜ならまだいい感じですが、雑って・・・
いや、もちろん広葉樹全般を指して「雑木(ぞうき、ざつぼく)」なんて言いますから、おかしいわけでもないんですけども、なんとももったいないネーミング。

いや、真樺に対しての雑樺なので、その扱いも仕方なかったのか・・・
それほど、マカバのみが材質的に優れていた、ということの証拠が名称として残っている、ということなのでしょう。

マカバ框角2

マカバの芯材の美しさも、メジロカンバの辺材の輝きも双方素晴らしいものです。
乾燥での木口割れは入るものの、成熟した材の板目と柾目の収縮率は小さいと言われていることも、木材としての価値を高めているのでしょう。

では、価値が低いとされる雑樺の中の数種は本当にザツなのか・・・
次回以降は彼らにスポットを当てたいと思います。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

本当はこの辺で一度脱線して、木材における芯材と辺材の違いについてお話しておきたいところ。
いろんな誤解もありますし、ただ色調が異なっているだけと思われている両者には、非常に大きな差があるということを知ってもらいたいのですが、脱線ではなく本番シリーズになってしまうので、ここでは差し控えさせていただきます(汗)。

さて、その芯材と辺材の性質や見た目の差によって、元来は芯材が賞用されてきた樹種であるマカバ(ウダイカンバ)。
そのマカバから区分けされ、新たに別名称で取引されるようになったのが、辺材部分の白さが際立つ「メジロカンバ」です。

メジロカンバ1


前回紹介のつなぎ目V溝フローリングプルミエグレードも、いわばメジロカンバ。
産地は異なるためそんな表記はしていませんが、辺材を活かしたものに変わりはありません。

この「メジロカンバ」という名称。
正式な命名の由来を見たことはないのですが、鳥のメジロと辺材の白さを重ね合わせた言葉に違いないと邪推します。
樹種としての違いではなく、木材として仕分けるための商業用名称の違いです。
その名前の通り、芯材部分の多いマカバに対し多くの部分が辺材である白色で占められています。

いつ頃から正式に分けられ始めたのかは定かではありませんが、今まではマカバの方が高値だったものが少しづつメジロカンバも価値が認められてきたと言われています。
それもそのはず、この白さは本当に美しいんです。

メジロカンバ2


メープル)の白さとはまた違い、柔らかいというか温かみのある白、という感じ?!
そういえば、昔「カエデカバ」なるフローリングも見たことがあります。
余りにもアホらしくて仕方なかったですが、やはりその時代はカバがマイナーだったころ。
カエデの名前とその白さに、そして価格の安さに釣られて(?!)結構売れていました。

その商品がそのままの名称で販売されたのか、それともカバが混じっています(?!)と説明してリーズナブルさを売りにされたのかは分かりませんが、もう昔の建材業界はある意味なんでもありでしたね・・・

そう思うと、メジロカンバは名称も材自体も非常に美しいものだと思います。

では、実際のところマカバとメジロカンバの双方に違いはあるんだろうか・・・
実は私もつぶさに丸太や林相、樹皮を比較したことはありません。
しかし、耳にするところによると少し違いがあるようです。
その違いとしていわれているのは、

・メジロカンバよりマカバの方が樹皮が黒っぽい(これは生育地による?!)
・樹齢140年以上は全てマカバ?
・樹皮に表れる「皮目」と言われる模様の幅が12mm以上であれば、芯材率が7割以上であるためマカバに分類されるケースが多い?

等です。

もともとはウダイカンバという樹種を、人間の判断基準で分けようというのですから、少し無理があるのかもしれませんが、樹皮の違いや皮目の違いというものは、あながち間違ってはいないのかもしれません。

と推察するのは、樹皮は幼齢から若木、そして壮年から熟齢になるにつれ変化します。
辺材部分が肥大する条件がそろっている樹齢で伐採されたものが、まとまって出荷された場合がそうなのかもしれません。
また、皮目は内部の木部の成長によって樹皮が引っ張られた部分であると記憶しています。
何らかの理由で、辺材部分の成長が旺盛な時に皮目の幅も広がるから・・・と考えられなくもありません。

あくまでも、私の浅はかな見識に鑑みての邪推ではありますが、樹木の成長のメカニズムにおいてはそんなことも考えられるのではないかと思います。

メジロカンバ3


その他にも、樹齢が200年を超えるか胸高直径が60cmを超えると芯材率が6割以上となりやすい、という話や樹冠の枝が折れたものの芯材率が高いという話もあります。
これらも、樹齢が高いものは成長が遅くなるうえ辺材の形成率が落ちる(少し意味がおかしいですが)ことが想像できます。
枝が折れることによる現象は想像が出来ませんが、これもなにか原因と傾向があるのかもしれません。
非常に興味深いところ。

興味深いと言えば、メジロカンバともくされていたものが枝を切り落として5年後にマカバの特性を持っていた、と何かの本で見た記憶があります。
本当にそんな現象が起こったのか、それもどのような状況だったのかがわかりません。
もっとも、樹木学や生物学的にいうと商業名で区分されている樹種についての違いを、つぶさに観察するのは価値が無いのかもしれません。

だって、同じ樹種なんだもの。
世間から見ると、ちょっと変態な材木屋さんがその違いにウキウキしたり、商売に長けた材木商が上手に売り分けたりする手法に過ぎないのかもしれませんしね。

それでも、その純白の素肌だからこそ他の樹種が引き立つ例が多くあります。
古材在庫であるミャンマーチークの深い焦げ茶色に、一筋のメジロが引き立たせる幅はぎテーブル材。(贅沢に、敢えて木裏の芯材を見せている!!)
このバランスは、なかなかに得ることのできない貴重な組み合わせの様に思います。
これだからメジロはマカバとくくるにはもったいないのです・・・・・(笑)


メジロカンバ4


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

ウダイカンバ
学名を Betula maximowicziana (人名であるマキシモウィッチの、の意味)
和名を鵜松明樺もしくは雨松明樺。
後者は、雨の中でも火を絶やさないというところからきているのでしょうね。
の火も強力なものの、樺の火の用途がよくわかる名称だと思います。

鵜松明のかがり火


雨つながりでいうと、樺を屋根の下葺き材に使用すると数十年もつ、という古い記述があります。
屋久杉が屋根葺き材にされていたことは知られていますが、樺もそうだったんですね。
そういえば、以前にお話しした桜皮細工が盛んな東北の青森・岩手・宮城ではなんと、「カバ桜」と称することもあると言います。
ここにきて、決着がついた(笑)はずのカバ桜が出てくるとは思いませんでしたが、これはいわずもがな、その似ている樹皮から来ているようです。
果たして現在でも使われているのかどうか。

弊社に入荷した2枚の大きな「カバ桜」の天板材は北海道産でしたが、これはおそらく北海道・東北以外で販売する為の名称記載なのでしょうが、その呼称は地方によってはマカバという樹種を指していることもあるようです。

樹種名ではウダイカンバなのですが、木材業界の商業名としては初回に書いた通り、マカバやマカンバが主流です。
英名はいわずもがなバーチ( monarch birch )です。
日本のものは Japanese red birch とされていますので、芯材である赤身が賞用されたことが要因なのでしょうか。

マカバ框角1

木材にはその役割が異なる、芯材(赤身)と辺材(白太)があります。
木材として考えた場合、ほとんどすべての樹種において価値が高いのは芯材である赤身部分。
の芯材は「赤杉」と言われ古くから日本家屋に多く賞用されてきましたし、腐朽しにくいと言われる桧でも、芯材部分を使わなければその性質を活用することはできません。

樹木が持つ有用な成分の多くは芯材に含まれますし、どの樹種も多くは辺材部分よりも芯材部分の方が色合いが鮮やかなことも、価値が高い理由の一つです。

マカバにおいてもその傾向があり、芯材部分の色合いが美しい物の価値が高くその色合いや、硬質な性質とあいまって桜と同じ用途に使用されたのでしょう。
辺材部分の白さでは、桜は連想しないですものね・・・


それでも、最近は芯材部分と辺材部分の色差を気にするのではなく、その色差を自然の表情として取り入れたい方も多くおられます。

ロシアンバーチ幅広無垢つなぎ目V溝フローリング

木材の性質は、芯材部分と辺材部分でことなりそれぞれの役割があるため、木材としては芯材利用が多いのですが、写真の様なフローリングであれば、芯材か辺材かということを気にしなくてもいいですし、杉や桧の節有グレードであるネイキッドグレードと同じく、価格もリーズナブル。

そんな理由で選ばれることが多いものです。
本当のことをいえば、芯材と辺材が混在していると非常に乾燥が難しくなったり、寸法安定性が確保しづらくなる場合がありますが、その辺りは製材と乾燥工程での技術力の見せ所。
弊社人気のロシアンバーチにおいても、一枚物からUNIタイプまでネイキッドグレードの人気は安定して高いものです。

その一方で、このような色差があると気になってしまうという声があるのも事実。
そのため、ロシアンバーチフローリングでは以前に紹介している、つなぎ目V溝をはじめとした白〜桃白色の辺材ばかりを厳選したプルミエグレードを用意しています。

ロシアンバーチ幅広無垢つなぎ目V溝フローリング プルミエグレード


非常に美しい白〜桃白色が透き通るようです。
以前は、芯材よりも価値が低いとされてきた辺材部分ですが、時代が変わり木材への考え方がかわり、そしてデザイン性というものを重視するようになると、芯材ばかりが良いということではなく辺材も芯材も、上手に使うことを重視されるようになってきました。

木材の性質を考えると、芯材部分と辺材部分の違いは非常に大きいのですが、デザイン性という意味では両者に大きな差はありません。
この白さの清々しさは、芯材部分には無い魅力。
木材の用途の上で今までの固定観念になかった、特徴を活かした商品なのです。


そして、その特徴が大きく出ているものは時代とともに丸太や木材としても区別されるようにすらなりました。
それが次回にお話しする「メジロカンバ」です。



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

ウダイカンバの宿題、分かりましたか?!
禁じ手のネット検索を行ったかたもおられるのでは(笑)。


ある程度、その語彙を感じることが出来ればすぐにわかる事なのですが、ウダイカンバの「ウダイ」というのは観光でも有名な地域名物である「鵜飼い」に由来します。
ウダイのウは鵜飼いのウ。
そしてウダイのダイは松明のダイ。

そうです、ウダイカンバ=鵜松明樺!
鵜飼いの松明に用いられる樺ということでウダイカンバ!!
う〜ん!シブい!
用途限定のこれしかない!という樹木の役割がその名になっているのですね。

鵜飼いの松明


意外かもしれませんが、樺の樹皮はとてもよく燃えるのです。
私がいつも地松活用の授業で教えるのは、「松の明かりって何だと思う?!」です。
書いてその通りの「松明(たいまつ)」なんですけど、その松をさしおいての樺の松明。
なんか、漢字のられるで見ると樺とが混同されていると思ってしまいますが、寒冷地に多い樺の仲間は山岳地で生き抜くため、自然の中で暖をとれる貴重な存在としても知られています。

樺の樹皮


あってはならないことですが、万一の遭難やサバイバル状況に陥ったとき、少しの火があれば樺の樹皮を採取して着火し暖を取ることが出来ます。
そして火がともると周囲が明るくなります。
樺の木語は「明るく照らす」。
その火の明かりが周囲を明るくしてくれるのですが、その様子は現代の言葉の中にも見ることが出来るのです。

盛大な結婚式を「華燭の典」と言います。
日常生活では使うことのない言葉ですし、通常は結婚式の中で司会が読み上げる祝電くらいでしか耳にしません(これもみんな聞いてないかな・・・笑)が、この言葉の所以が実は樺なのです。


今明かしますが私、秘書検定準一級資格の保持者です!!
木材や建築の業界では、なんやねんそれ、と思う方も多い?でしょうね。
正式には「秘書技能検定試験」という、文部科学省後援の資格試験です。
私が取得した時には、男性での準一級の資格保持者は近畿ではおられなかったらしい、非常に稀なケースでした。
昔は秘書といえばほぼ、女性でしたものね。


秘書のゆうちゃん


筆記試験に加えて面接実技試験もある、しっかりとした試験。ビジネスでの文書に関してや所作、言葉遣いや対応など幅広い分野での能力を問われるわけですが、その試験勉強で登場したのが上記の「華燭の典」。

まったく知識に乏しかった私は、本当に「なんやねんそれ・・・」です。
とにかく試験のために覚えるわけですけど、その当時は漢字の意味合いとして「華やかなキャンドルサービスの式典」という理解でした。
それから家業の木材業に携わるようになり、樺を知ったときはじめて、華燭の典が樺に由来することを知ったのです。

華燭というのは、樺の樹皮を松明にして明るく照らすことを意味すると伝わります。
カバノキ属の灯火を中国では華燭と表し、途中で消えることのない(縁起ですね!!)樺の皮を蝋に巻いて燭火としていたことに由来すると聞いています。
華燭=樺燭、だったということですね。
樺の明かりは周囲を照らし、絶え消えることのない幸せな生活を照らし続ける光としてたたえられたのでしょう。

現在では、鵜匠と鵜の見る水面を照らす光として残るその明かりですが、本来はとても縁起が良い明かりだったことを、皆さん忘れないでくださいね。


高砂2



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

植物は多種多様で、同じ種類でも細分化されているものや、仲間なのに大きく質感の異なるもの、又はややこしい名称がつけられているものなど、多岐にわたって楽しいと思えるようになれば相当なものですが、やはり予備知識がないとなると厄介にも感じられます。

もしかしたら、カバもそうなのかもしれません。
そして、そこが反対に言えば利点で「カバ桜」なる名称が生まれた理由も含まれるのかもしれません。
「カバ桜」の記事で、材質が似ていると言われることや樹皮も似ていることをお伝えしました。
また、カバの名称の由来にも触れましたが、カバと総称される樹木の中にも様々な種類があります。


先ずはカバの筆頭ともいうべき存在の「マカバ」から。
その名称は、発音からも想像できると思いますが推察するに「真樺」=「本当の樺」もしくは「樺の中でも優れている樺」という意味合いだと思われます。
ただの「カバ」ではなく「マカバ」というにはそれなりの根拠があるはずですが、本当の理由は定かではなく邪推の域を超えません。
しかし、広葉樹の本場であり樺の優良材を産する北海道においても「マカンバ」(北海道ではカンバと呼ばれている。これが転訛としては正しい?!)と称されているので、やはり木材流通上では非常に重要な名称だったのでしょう。

マカバ・ミズメ 框材


うちの原木、原板はマカバ(マカンバ)だから非常に優良だ!、という材木屋のイメージ戦略なんでしょうかね。
もちろん、そうやって仕分けされるほどの用途の違いや求められる質があったことを理由に呼び分けれらることが習慣となったのかもしれません。

ちょっと脱線しますが、木材の業界ではマカバをはじめとして他の樹種でも同じ傾向で呼ばれるものがあります。
そういえば、サクラも「マザクラ」と言われますし桑も「マグワ」と称されるものもあり、どちらも得意な用途があったり、材としての評価が高いことから類似の樹種が用いられることと区別するために「マ」の文字を接頭語としていると考えられます。
弊社に古く入荷していた材も、単純な桜表記のほかに「眞櫻」もありましたし、櫻とされていてもウワミズザクラやシュリザクラが混じっていることもありました。
そして桑の場合は代用品として「メグワ」がありますから、それに対しての「マ」なんだろうと推測できます。


そんな推測も他の理由があって、木材業界ではマカバ(マカンバ)やカバという名称が一般的ですが、植物としての名称では「ウダイカンバ」が一般的。


マカバ・マカンバ・ウダイカンバ


そのため、ウダイカンバとしての記述はあってもマカバの名称の記述は見る限り見当たらないのです。
木材業界にいて、何も知らずにマカバ表記とウダイカンバ表記が並列していれば「似てるけど、見分けつかないなぁ・・・」と思われていることでしょう。
見分けられるはずない、同じなんだもの・・・
業界ではマカバと称している樹種は、樹木としてはウダイカンバが一般的。
だから、どんな文献でもウダイカンバを基本として書かれているように思います。

さて、ここで問題。
このウダイカンバの名称。
どうして「ウダイ」なのか・・・


こっちの方は「マカバ」とは異なって、きちんと明快な理由があります。
さぁ、それは何?!

次回までの宿題ですよ。
ググったらあきませんよ。
次回、そのお話からマカバ・ウダイカンバに焦点を当てましょう。

鵜飼いの松明



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜さらに樺(カバ)を知る〜 

今日からはカバ桜改め、カバのお話(笑)。

サクラの名前を借りるのではなく、カバ本来の魅力をお伝えしたいと思います!

前回までのカバ桜はご理解いただけたでしょうか。

カバ桜7

独特な桃色(と見える!)〜薄ピンクと言われるような色合いを持つ「カバ桜」は、本家のサクラ(桜)よりもサクラっぽくて、私も何も知らなければこれを木材となった桜だと思うでしょう。
でも、これだけきれいな色合いなんだからわざわざ桜を名乗らなくてもいいと思うのですが、その辺は商売上のイメージ戦略。
私が一番苦手としているところですね(汗)。


どうしても、樹種そのものの個性や特徴的なストーリーをお伝えすることに集中してしまうので、イメージ戦略というものは後回しにしてしまう悪い癖・・・
しかし、今回からは桜の名前を冠せずとも、十分に魅力深い樺(カバ)の世界をお伝えしたいと思います。


樺(カバ)についての大まかなことは、ロシアンバーチ(カバ・樺)無垢一枚物フローリングの記事にて取り上げていますが、今でこそ様々なところで見られるうえ、カバ桜のような名称でも知られるようになりましたが、ほんのふた昔前までは「バーチって何やねん?!」と、殆どのひとが訝し気に感じていたものでした。


ロシアンバーチ幅広無垢一枚物フローリング 2


しかし北国での美しい白樺並木や、あの有名な鵜飼いにも関係していると知れば、おそらく一気にカバ材は身近なものと感じる事でしょう。
そうです、カバの生息地としては比較的冷涼な地が多いことと、古くから有名な産地が北海道を中心とした北国であることから、特に大阪ではなじみがなかったのかもしれませんね。
北海道の広葉樹を語る時、避けては通れない(と思っている)樹種であるカバ。
その理由は、カバ材を分かりにくくしている名称とも関係しています。

名称については、もうカバ桜だけで十分だ!と思われるかもしれませんが、北海道で使われてきたカバ材の名称が多岐にわたることは、やはりそれだけ材質や用途を考えられてきた証拠だと思いますし、取引や売買に関して重要なイメージを担っていたのではないかと思うのです。

その証拠に、北海道以外では一般的ではない「メジロ」という名称や、ただのカバではなくわざわざ「マカバ」という名称を用いることなど、意図的に区別していることを端的に表しています。

ウダイカンバ1


考え方によると、カバ桜と同じように古くから有用な木材であったカバを細分化した隠語としての名称だったのか、もしくは少しでも優良だというイメージを持たせるための、イメージ戦略と同じだったのか?!

おぉ・・・カバよ。お前もか・・・的な(笑)。


いや、もちろんカバが悪いわけではなくて人間のつごうなんだけど。
そんなことせずとも、私にとってはこの美しいさざ波の様な木目と少し荒っぽい芯材のコントラストだけで十分なのになぁ・・・・

カバ耳付き1


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜カバ桜を知る〜 

混同される理由その2、材の性質。

フローリング屋さんのカバ桜の紹介を見てみると、どこも「硬くて磨り減りにくいのでフローリングにぴったり」と書かれています。
実際、樺の中でマカバやミズメ等の材は敷居材として利用していたこともあるものの、敷居材としての用途で大工さんのなかでも有名なのはやはり「サクラ(桜)」。

サクラ 敷居材1


サクラは磨り減りにくいことから、同じ用途での度重なる使用を目的とした用途(版木など)に用いられた歴史がありますが、ことさら敷居という用途については「滑りが良い」という特性を活かしてきた、と教えられました。
敷居と言えば、ドアや引き戸の下にあるもの。
バリアフリーという言葉が普及する以前は、部屋を仕切る入口の床部分には必ず敷居がありました。段差があったわけですが、バリアフリーという言葉とともに、現在は敷居が見られなくなり、桜が活躍する場であった「引き戸の敷居」の用途もほぼ消滅・・・

和の建築では、障子やふすまがあります。
それら引き戸は、枠となる敷居の上を滑ることで開閉をするのですが、滑りが悪いと開閉がしにくい。
しかし、滑りすぎると敷居が磨り減ってしまう。
その相反するような課題にぴったりだったのが桜。

磨り減りにくくも滑りが良いということで、敷居といえば桜材でした。

現代では、敷居に使えるような桜の材自体の流通量が少ないこともあり、南洋桜(桜ではない赤色の樹種)で代用されることがあります。
しかし、それを見ることも少なくなりました。
僅かにみられるのは、桧の薄い単板をはりつけた集成材の敷居の表面層に仕込まれている「サクラ」として位。
そう、桧の薄板の下に見えている薄赤い部分(巾方向に数mmの厚みが通っている)が「サクラ」と呼ばれている部分。

もちろん、日本のサクラではなく海外の木なのですが・・・

樺材も確かに緻密であるものの、敷居に求められる滑りやすさではやはり桜だと思いますね。


桧貼 集成敷居材


混同される理由その3、ミズメ桜

カバ桜と並んで誤解の多いのがミズメ桜。
またややこしいのが出てきましたが、これも樺材です。
ミズメという樹種の皮や材質が似ている、ということでその名がついているのですが、もちろん正式名称ではなく通称名です。

おそらく建築用木材業界発祥なのではないか、と思うのは上記の敷居等の用途として桜の代わりに使われたから。
昔、疑問に思って「カバじゃなくてミズメなんですか?」と聞いた大工さんのお話では、「そら、敷居はミズメやで!」とおっしゃっていました。
ミズメの方が硬いから、ということ(個人差と個体差あり)だけでその他の理由まで詳しく聞いていませんでしたが、ここでも桜の代用材としての樺材の側面を感じることが出来ます。

硬い、といってもいろんな硬さがあって、マカバの方が硬いという文献もありますし、加工をされている方はそう感じる方もおられるようです。
しかし、以前の道管実験でわかるように、木材は同じ樹種でもその細胞の形成でまったく性質が異なるので、もしかすると、敷居にちょうど良い寸法や長さ、硬さが調達できるものがミズメだったのかもしれませんし、マカバはその名の表記である「真樺」の通り、性質優秀な真の樺なので敷居以外の用途に使われていたために、木材業界に多く流通したものがミズメだったからなのかもしれません。

後述しますが、樺材自体が寒冷な地域に多い中でミズメ材は南方にも分布していたために、広く入手可能だったことも理由の一つかもしれません。

ミズメ乾燥角材1


サクラとカバが木材として混同されるのはこれらの理由からかと思いますが、確かに似た用途として用いられることが多かったようです。
とはいえ、サクラはサクラでカバはカバ。
カバにはサクラに決して劣らない魅力を備えています。

これからはカバ桜ではなく、「カバ」を指定してもらえるように近いうちに「樺(カバ)特集」としてもう少し本当のカバ材を掘り下げていきたいと思います。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜カバ桜を知る〜 

いつも通り前置きが長いシリーズになってしまいました(汗)。
弊社ショールームに来ていただいて「カバ桜」の名称を聞いたとき、もしくはメールやお電話でのお問い合わせで「カバ桜フローリングを検討しています」というお話しを頂いた時には、前回までのようなお話を長々とするのですから、私も疲れるしお客様も聞きつかれるはず・・・

ということで、カバ桜の正体を今回は突き詰めていきたいと思います。

ここ数年で、無垢フローリングの名称を「カバ桜」とされているなかでも、商品解説の部分で「植物学的にはカバ材(バーチ材)で・・・」と表記されているところが多くなりました。
そういわれても、植物の事に精通していなければサクラとカバの違いなど判らないので、やっぱりイメージ先行になってしまうでしょう。

カバとサクラは見た目や雰囲気が似ている、と言われます。
だからカバ桜なんだと・・・
うむ、これも一つかもしれません。
でも、比べてみて似てるかなぁ・・・・

サクラOPCボード

サクラ OPCボード

カバ(ミズメ)OPCボード

カバ(ミズメ) OPCボード


サクラ材とカバ(ミズメ)材の比較。
はっきり言って、私は全然似ていないと思うんですが・・・
色合いもはっきりと差があります。

だからこそ、「カバ桜のテーブル材」などのご希望時に「戸田さんのところのは本当にサクラですか?!」と言われてきたんですからね。
そうです、一般の方でもサクラ材を見せられると自分たちが思い描く「カバ桜」とは違う!とはっきりと認識されるくらいに違うんですよ。

じゃぁなぜ、カバ桜は生まれたのか・・・
その理由は、私が耳にしたものの中でも微妙に違いながら様々な要因があるようです。


混同される理由その1、樹皮。
桜皮の細工もの工芸品を、一般的には樺細工と呼んでいます。
それは、樺(カバ)や桜の樹皮がはがれやすくその樹皮の呼び名をアイヌ語で「カリンパ」と言い、古くは弓や矢筒の巻かれており、古語で道具に巻く樹皮の意味を表す「カニハ」(かにぱ、迦仁波)になり、カンバ(カバ)に転じたからという説。
「かにぱ、迦仁波」はヤマザクラの樹皮のことで、上記のカンバがそれと混じったことで樺を指すようになったと聞いたことがあります。

樺細工


樺はカバノキ科、サクラはバラ科。
まったく違う樹種ですが、確かに樹皮は似ています。
皮目と言われる横長の目のような模様が特徴。

何も知らなければ、用途も似ていれば混同してしまいそう。
用途が似ているといえば、桜は燻製用のチップに名高いですが、樺も燻煙用材として使われているということも聞きます。
その理由については明らかではないですが、同様の効果を狙っての事なのでしょう。

私がいつもお世話になっている国産ウィスキーに、「サクラカスクフィニッシュ」というものがあります。
つまりは、原酒をオーク(ナラ)の樽ではなく桜の樽にいれて熟成させている、ということ。
オーク樽以外でのウィスキーやワインの熟成に関しては、オークの成分の析出がない為に、やはり特有の熟成効果はないのでは?!と訝しがりながら飲んでみると、これはこれでちょっと甘い香りの中にもスモーキーと言いますか、そんな感じがして「樺燻煙」の可能性というのも否定できないなぁ・・・と思わせてくれるものでした。

樹木の持つ個性っていうのは、活かすことが出来ると素晴らしいものです。

サクラカスクフィニッシュ



・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp






木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜カバ桜を知る〜 

私は木が好きなので、木の事は無限大に知りたいですし自分が扱う木の事はなおのこと。
特に、前回もお伝えした「カバなのか、サクラなのか」ということは、追求せずにはいられないのです。(あくまでも自分が知りたい。)
カバ桜として販売されている方の中には、本当にその樹種がその名称であると信じている方もおられます。
サクラという樹種にこだわらず、その材質や外観が気に入って入手されるものは全く構わないのですが、単純な「価格比較」や「桜」という名称だけが強調されて、お尋ねを頂くケースが困りものなのです。
現在は、情報がたくさんありますから一般の消費者も間違えることは少なくなってきたようですが、それでもやはりその名称からは「桜」を思い浮かべるのではないかと思ってしまいます。
現実として、「桜のフローリングを採用したいとおもってカバ桜に決めたものの、どうも違う気がする」という質問を頂くこともありました。


カバ桜5
(写真右:カバフローリング、写真左:カバ桜フローリング)


そんな私がいつもぶつかる問題は前回の文末に挙げたような無垢フローリング。
というよりも、無垢フローリング以外ではカバ桜を見かけることは無いようにも思います。

聞かれるお言葉は、「カバ桜がこんなに安いんだけど・・・」とか、「予算がないからカバ桜でも・・・」と言われるケースです。
前回お伝えの通り、カバとサクラはまったく別の樹種。
弊社ではカバ桜という名称では扱っていませんし、価格の安いカバ桜という名称のフローリングをおすすめすることもありません。

カバ桜フローリング2


その度に、「カバ桜という樹種は無くてですね…」とお話をするのですが、伝わらないか若しくはそれでも価格優先だと言われるか・・・
なので、私にはカバ桜はある種のめんどくさいもの、という印象なのです。
そのカバ桜。めんどくさいのは、カバ桜も1種類ではないこと!(汗)。
私がお客様から尋ねられるパターンで大きく分けると、一つは「カバ材を桜のイメージに合わせてピンク色っぽく塗装」したもの、もしくは「カバ材の赤ピンクっぽい色合い」の物、そして「芯材と辺材の濃淡のあるカバ材をそのままカバ桜という名称にしている」もの。

説明を見て分かるように、どれをとってもカバ材なんだけどもとにかくサクラに結びつくようになってます。
サクラじゃないんだけど、どうしてもサクラとして・・・いや控えめにサクラの仲間のとして販売されることがあります。
そんな事情は、今からもう10年前になるロシアンバーチ(カバ・樺)幅広無垢一枚物フローリングの記事でも書いています。
その時からすでにずっと、根に持っていたんですね(笑)。
いや、その時期から「カバ桜」が変わっていないということ。


カバ桜フローリング3


カバはカバでとっても美しい特徴があるし、サクラはサクラであの花のイメージ(ソメイヨシノ)とは異なるものの、建築材料としても古くから大切に使われてきました。
この薄ピンクの花を連想させるような朱色?!っぽいフローリングは、本当はカバ(樺)材だとしても一般の方にとってはやはり「カバ桜」なのかもしれません。

一般の方にとって、サクラのイメージは確かに良いものだと思いますが、そろそろカバとサクラを混同して販売しなくてもいいんじゃないかと思うんです。
確かに、アメリカネズコよりも米杉が分かりやすい、というようなイメージもあるでしょうけども、カバ材がもっと認められてもいいんじゃないかなぁ…


次回からは、カバ桜の正体である「樺・カバ」と、カバ桜という言葉が生まれた背景を考えていきたいと思います。
カバ桜、最初は無垢フローリングの販売目的だけではなく、本当にカバとサクラの似た関係からできた言葉だから、余計に混同されてしまうという、結論の出ないような出るようなお話しですが、まとめていきたいと思います。

カバ桜6


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材 

私が苦手な樹種、カバザクラ 〜カバ桜を知る〜  

さて、いよいよ問題のカバ桜のお話に入っていきます。

皆さんはこの呼び方を聞いて(見て)、何を感じるでしょう。
私はとっても違和感を感じます。
カバなのか、サクラなのかいったいどっちなのか。


カバ桜2


弊社にも入荷しております、カバ桜!!
もちろん、この表記名では販売していませんが、入荷時の名称はこれです。


木材の世界では、特定の樹種に似たものの名称に●○サクラや、●●桧、などと産地や見た目の印象等の冠詞をつけて流通させることがあります。
代表的なものは、私が本当の初期に疑問に思った米松(ベイマツ)に代表される「米ヒバ、米杉、米栂」たち。
米(ベイ)というのは言わずもがな、アメリカ近辺からきているという意味ですが、その後に続く樹種名は日本でも生息する樹木名で、建築には古くから使われ続けているもの。

しかしながら、米松は日本の松とは異なり、米ヒバは日本のひばとは異なり、米杉は日本の杉ではなく、米栂で入荷するものには樅(モミ)もまじり・・・・
インターネットもなく教えてくれる人が周りにいない状態で、数年間悩みましたね(笑)。どういうこっちゃ!と。

要は、用途が似ている、材が似ている、性質が似ている、などという理由でつけられた流通名。
カバ桜もある意味同じ。
本来は、カバ材はカバノキ科の樹木でありサクラはバラ科の樹木ですが一般的には、カバ材とサクラ材の見た目や用途が似ていることから混同されたり、もしくは同じ用途に使われている中でカバ材がサクラ材として流通したり、または「カバ」というよりも「サクラ」のほうが、日本人の心には響くというイメージ戦略で合成された名称であるのだろうというのが私見です。


米杉は決して杉ではないのですが、樹種を正確に直訳した本名である「アメリカネズコ」として販売するよりも、やはり日本人が慣れ親しんできた杉の名前の方がよほどインパクトがあったんでしょうね。
もちろん、輸入され始めの時期の米杉は木目も美しく、銘木杉のような優美な杢があったことでしょうから、米杉の名前がすんなり定着したのかもしれません。

米杉1


私の好きな芳香を放つ樹種である日本のひばも、一時期の米ヒバしか知らない大工さんにとっては「悪臭」の代表格の様に言われ、「ヒバはあかん!くさい!」というのが第一声。
そこから、あれは日本のひばとはちがうんですよ!ということを知ってもらうまでが時間がかかるんですよね〜。
本当に、イメージというのは非常に大切であり厄介なものだと思います。

おっと、米材(べいざい)のお話に入っていくところでした。

カバ桜もそれと同じなのです。
あのお花見で見る、美しい桜の花のイメージがその名称から想像されるうえ、端正なカバ材の赤身(芯材)はほんのりとピンクがかっていて、あのソメイヨシノの花びらのイメージにぴったり。
そりゃ、売れるわなぁ・・・美しいピンク色。

最近は少なくなりましたが、様々な無垢材を在庫している弊社にも稀に、「サクラのフローリングを使っているので、ダイニングテーブルもサクラで作りたくて・・・」とお客様がいらっしゃることがありました。
馬鹿正直な私は、ちゃんとご希望のサクラ材をお見せするのです。
するとお客様は開口一番、「御宅のはサクラとはちがうんじゃないですか?!・・・」と言われます。
そりゃそうだ。本当のサクラ材はピンクでもなければ美しくもない(いや、イメージとは違うという意味)。
不審な目で見られた挙句、おそらく想像されているのはカバ材ですよ、とお伝えするも反対に「この人、こんなにきれいじゃない木材を売ろうと必死になってる」と思われ、決まることはありませんでした。


サクラ天板材


池に落ちたおんぼろの斧。
女神さまが現れても、落とした斧は決して金の斧だと言えないだろう私。
カバも好きだしサクラも好き。
だからこそ、混同したくないし名称のイメージや単なる色合いだけではなく双方の特徴を知ってもらって、喜んで使ってもらいたい。
そう思うからこそ、決してカバ桜とは言いたくないのです。
ましてや、桜のイメージへ誘導しておいて「安く使ってもらえる無垢フローリング!」的な販売方法は、私はする気になれません。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から
・無垢フローリング・羽目板の一覧はホームページからどうぞ

*2019年以前のリンク表示をクリックしても過去リンク記事が見られない場合は、こちらの手順でお願いをいたします。
*消費税10%への改定前、2019年9月以前の記事の価格は旧税込み価格となっています。お手数ですが、ご連絡の上正式なお見積の依頼をいただけますようにお願い致します。(ホームページ価格も改定が間に合っていない物もありますのであしからずご留意ください。)


 木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 
http://muku-mokuzai.livedoor.biz/archives/1611916.html

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム | 本物の無垢木材