大阪の本物の木材を追求する材木店のページ
空を見上げて

周知不足・・・

2月4日付けの読売新聞に掲載の記事より・・・・

「この森は崩壊寸前。衰退に向かっているのです。」とあります。

巨木のケヤキなどを擁する皇居の森としてしられるこの森が、どうしてそんなことになっているのか・・・

景観はとても緑が多く、ほんとに都会の中の森林!!という雰囲気なんですが、記事にも書かれていますが、巨木などの寿命が尽きるとそのあとに育つのは、他の樹木の生育を阻んでしまうほど自らが急激に成長する樹種である。
そのため、様々な樹種が繁茂する美しい森とは違い、同じ樹種のみが立ち並ぶヤブのようになってしまう。

ということです。

なるべく自然のままに・・・と、人の手が入らない状態で守られてきた森ですが、必ずしも自然のみが正しいとはやはり言えないのかもしれません。

私がこの記事から連想したのは、いまだに「木を伐採するのは悪だ!!」と考えておられる方がいらっしゃるということです。

というのは・・・



続きを読む

木ぃクンmuku_mokuzai  at 14:53  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム  

知れば楽しい木の漢字 回答編

何問正解できたでしょうか?答え合わせです。

・四季を当てはめ…… 榎 楸 ど

 

・木でない木?…橅

 

・堅くて重い…Τ

 

・スーッとする樟脳の香り…Ь

 

・何か怖そう、でも縁起木です…槐

 

・神事でよく用いられる…榊

 

・木の仏?…梻

答え


.張丱 ▲┘離 キササゲ ぅ劵ぅ薀 ゥ屮

Εシ Дスノキ ┘┘鵐献 サカキ タモ



 

 




木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:22  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム  

知れば楽しい木の漢字 問題編

さぁ、あなたはいくつ読めます?!
  
   

・四季を当てはめ…… 榎 楸 ど

 

・木でない木?…橅

 

・堅くて重い…Τ

 

・スーッとする樟脳の香り…Ь

 

・何か怖そう、でも縁起木です…槐

 

・神事でよく用いられる…榊

 

・木の仏?…梻

 

 

  回答は次回です。

よぉーく考えてくださいね。 

木ぃクンmuku_mokuzai  at 10:15  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム  

板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング

板屋楓(メープル)施工写真 2
キラキラと輝く材面、時に優美な杢をだす性質。

DSCF0584







それが板屋楓の印象でしょうか。

今回ご紹介するのは、通常メープル材といって販売されている木材である、正式名称「板屋楓」、または「ペインテッドメープル」の無垢フローリングです。


板屋楓(メープル)


























楓の仲間の中でも大きく成長する板屋楓は、その杢目の独特の美しさをいかし、高級車のインテリヤパネルや、装飾家具材料としての用途は有名です。
私も現物は見たことはありませんが、昔はスキーの板にもこの板屋楓が使われていたそうですよ。


無垢木材の材質の話になりますが、一般的にメープルとだけいって販売されますが、メープルと称される物の仲間は世界には200〜300種ほどあるそうです。
メープルとは楓材(正確には槭)のことです。

その中でも建築に関係するものは限られてきますが、装飾目的で使用するキルテッドメープル、板屋楓よりも白く淡白で縮み杢の出る北欧楓(ヨーロピアンメープル)、その反発と耐久力から野球のバットに使用される(広義)ハードメープル、そして床柱からボーリングのピン、住宅のフローリングにまで使用される板屋楓。
これらが代表的でしょうか。

カエデの中でも板屋楓は適度な硬さを有し、また弾力性や粘りも併せ持っているため床材としては最適です。(とはいっても、強打すると、十分に硬いですから注意!!)

また、フローリングに仕上げた場合の表面は絹肌のような滑らかさで、平滑で足ざわりの感覚が何ともいえず気持のいいもので、思わず撫でてしまうような仕上がりです。
これも板屋楓のすぐれた特徴の一つといえます。

しかも材面の表情が、他のフローリング材に比べて抜群によく、貼りあがりの印象がとても美しく、光の当たり具合で輝きを変える様はまさに夕日に煌くさざ波のようで、見る者を魅了してやみません。


板屋楓フローリングの中にはメープル材のもう一つの特徴的な杢目、「バーズアイ」も贅沢にも含まれています。

バーズアイメープル節あり材の中から玉杢








光り輝く白い珠が鳥の目のように見えることから、バーズアイ=鳥眼杢と呼ばれているものですが、これは「不定芽」という正常に発達しない節が集まってあらわれるもののことです。

原因は定かではないですが、成長不良がこんなに美しい杢を織りなすのです。
もっとも、メイプル以外ではあまり歓迎されるものではありませんが・・・


白っぽい材面にこのような様々な優美な杢を有する板屋楓を贅沢な無垢フローリングに仕上げています。
お部屋が明るく、いつまでも眺めていたくなる空間となること間違いなしです。

安定的に供給するのが困難な高級材である一枚物の幅広材や、床暖房対応品も、少量づつながらもご用意しました。


なお、一枚物ではありませんが、同じ幅広13cm幅で、1.82mの長手方向に継ぎ目のあるユニ品に、つなぎ目の所にv溝をきって乱尺フローリング施工のような貼りあがりに仕上げることができる継ぎ目v溝加工品もご用意しました。



板屋楓幅広ユニ 継ぎ目V溝部分拡大板屋楓幅広ユニ 継ぎ目V溝拡大







継ぎ目箇所は1.82メートルの中で2〜3か所までです。

溝の印象と継ぎ目が少ないことで、縦継ぎ品と感じさせない仕上がりです。


プルミエグレードのみですが、価格も定尺1.82m一枚物よりもお手頃ですし、無垢の質感や、グレード基準は定尺一枚物とかわりませんので、溝があることによる貼りあがりのリズム感を楽しむことのできる商品です。

板屋楓幅広ユニ 継ぎ目V溝加工拡大1



  美しい縮み杢もしっかりと入っています。



こちらもぜひご検討ください。
そして、板屋楓(ペインテッドメープル)以外にも、幅広無垢V溝フローリングのラインナップがあります。詳しくは下記記事をご覧ください。(樹種によってはグレードの限られるものもあります。)

イースタンアッシュ(タモ)幅広無垢一枚物フローリング
ホワイトアッシュ幅広無垢一枚物フローリング
カスクオーク幅広無垢V溝フローリング
ブラックウォールナット幅広無垢V溝フローリング
ロシアンバーチ(樺・かば)幅広無垢V溝フローリング
ノルデストウォールナット(胡桃・くるみ)幅広無垢V溝フローリング

また、同じ板屋楓でもより自然味溢れる仕上がりとなるネイキッドグレードもご用意しています。
不揃いの色合いの中にも綺麗な杢が含まれていたりします。
本物の板屋楓(メープル)を味わってみたい方にはお勧めのグレードですよ。


板屋楓(メープル)施工写真 2














板屋楓(メープル)施工写真 3





 こんなバーズアイを想わせる杢もちらほら・・・


















・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリングはこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)無垢一枚物フローリング90幅プルミエグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅プルミエグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅セレクショングレード施工写真はこちらから
・板屋楓(ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅ネイキッドグレード施工写真はこちらから
・板屋楓(いたやかえで・ペインテッドメープル)幅広無垢一枚物フローリング130幅セレクショングレード大阪研修の家、施工写真はこちらから


板屋楓以外の弊社取扱無垢フローリング一覧はこちらから

弊社へのお問い合わせはこちら


板屋楓(メープル)無垢フローリングは、幅広材を使用することで、板屋楓の持つ独特の杢目、風合いをより一層楽しんでいただくことができるとともに、塗装品では、床暖房の仕上げ材としてもご採用していただけます。(床暖房用も隙や反りのないことを保証したものではありません。隙や反りは木材の性質としてご理解ください。)


板屋楓 一枚物 幅広 無節



幅広一枚物プルミエグレード イメージ




板屋楓 幅広 一枚物 小節


幅広一枚物セレクショングレード イメージ



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15  | コメント(0)  |  この記事をクリップ! 無垢フローリング | 本物の無垢木材 

高樹齢 百年杉柾浮造りフローリングに並柾追加

以前ご紹介していた杉柾無節浮造りフローリングに、お手頃な並柾グレードを追加いたしました。

ユニだけのラインアップですが、柾目の流れや年輪の揃いが不規則、小節などの内容になっています。

製品規格や、品質には問題ありませんので安心してお使いいただけます。

今後ともお引き立てをよろしくお願いいたします。

・高樹齢百年杉柾浮造りフローリングはこちらから
・高樹齢百年杉柾浮造りフローリング、一枚物の施工写真はこちらから
・その他の記事掲載無垢フローリング一覧はこちらから
・弊社へのお問い合わせはこちらから

木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。

・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp



木ぃクンmuku_mokuzai  at 15:49  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 国産材 無垢フローリング | 本物の無垢木材 

スプルースって、じつはすごかった

常識とか机上の知識とか、知ってても実際は・・・・・・


そんな話です。

最近でもあるのかは定かではありませんが、10年ほど前は百貨店でもよく売られていました。

アラスカ桧のまな板。


まな板の、それも当然木のまな板の話です。

一般的なまな板は、昔から桧材とされてきました。(一部では、朴や、柳もよいとされます。)

DSCF0812








水湿に耐え、抗菌力があり、食品に過度に香りを移さずに適度な硬さがあり、包丁にも優しい。
これが桧をまな板に使用する理由です。

とても材の特長を活かし、理解した先人の知恵といえます。

そして、そんな桧に比べて水のかかるところには使うな、とされてきたのが前述のアラスカ桧です。

アラスカ桧・・・

もっともな名前です。アラスカに自生する桧。

当然そう思いますよね。でも、実際は・・・・・

正式名称、スプルース。和名、米唐桧(べいとうひ)と呼んだりします。

桧の字がついていますが、松科の植物です。

柾目を使って建具の材料とすることで有名です。

昔は、木曽桧(きそひのき。桧の王様。伊勢神宮の遷宮に使われたりする、桧の中の桧。)の値段を基準にその半値が米桧(べいひ。アメリカの桧。独特な芳香がある。)、そのまた半値が台桧(たいひ。タイの桧ではなく、台湾の桧。今は殆ど手に入らない。)、そしてそのまたまた半値がスプルース。
なーんていわれていた材です。

実際のところの明言はさけますが、そんな揶揄をされていた材ですが、とても素直で、材面に表れる斑(ふ)がとても美しい優れた木材です。

そのスプルースですが、桧の様に水湿に耐える特性を有しているわけではなく、どちらかといえば弱い方なので、桧と同じような用途に使ってはいけない、というのが常識というか通例として頭にありました。

ですので、冒頭で述べた「アラスカ桧のまな板」を売り場で見つけたとき、こんなのを購入した方はあとあとすぐに老朽化し、「やっぱり木のまな板はすぐだめになる。」と落胆されることになるんだろうなぁ・・・とひとり売り場で座り込んでいたことを覚えています。


が、そんなことを言いつつも、実は拙宅のまな板の一つもその「スプルース」です。


会社のきれっぱしで、捨ててしまうには勿体ないので・・・と吉野桧のまな板の他の、簡易まな板として使いはじめたそれですが・・・・

使い始めて10年超。

今はその手軽さとタフさで、殆ど桧の出番がないほどの活躍です。

手軽なのは、端材なので薄くて小さかったから、というのが理由ですが、注目すべきはそのタフさ!!です。

私も全く知らなかったのですが、スプルースのそれはほぼ毎日
「食洗機にいれられていた!!!」
のです。

10年も!!です。

温水で洗剤と共に洗われ、高温で乾燥させるそんな苛酷極まりない環境にずっとさらされてきていたのです。

考えられません。

スプルースの通常使用にしては、なかなかいい状態を維持してつかってるなぁ・・・なんてまぬけたことをおもっていたのに、まさか食洗機にいれていたなんて・・きいた瞬間驚きで、言葉がありませんでした。

ですが、よくよく考えるとすごいことなんですよね。

DSCF0809








見てください。そんな環境にありながら、こんな状態を保っていられるなんて。

いくら柾目で素直だからといっても、材木屋の常識を覆す症例?!だとおもいます。

乾燥状態を維持していたのがよかったんだとは思いますが、それにしても反りも少なく割れも食洗機に入っていたにしては少ないです。

DSCF0806DSCF0816








これらを見てまた木材の可能性や、知識だけではわからない性質の素晴らしさを再確認しました。

これだから、「本物の無垢木材」は奥深く、素晴らしいものなんでしょうね。


まだまだこれからもたくさん本物の素晴らしさを見つけてお届けしていきたいなぁと思っていますので、楽しみにしていてください。





木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:15  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 木まぐれコラム  

金具不使用 槐木製名刺ケース(名刺入れ)

材木屋も知らない木材。

あるんですねぇ。

それが今回ご紹介する「槐」です。
DSCF0772



DSCF0774







以前、新樹種紹介のページでご案内したとおり、「一位」に続く縁起木シリーズの2作目です。

この奇妙で、少し怖そうな漢字をあてられた木材、えんじゅ。

元々は鬼門の方角に植えたり、玄関に植えたりしたことからこの名がついたようです。
今でも、鬼門に当たる方角の出入り口の鴨居に使って厄除けや、縁起担ぎをすることが希にあります。

当て字で書くと「延寿(長生きの意)」や、「縁寿(良縁)」としてえんじゅと呼ぶ場合が多いです。ここからも縁起物であることがわかりますよね。


最近、木工作品展を目にする機会がふえました。

木材にふれるいい機会だと思います。

以前の木製名刺ケースのご紹介で、一位をご案内しましたがあの一位材とともに彫り物材料としてこの槐もみつけることができます。
槐材を使ったブローチや、ペンダントなどのアクセサリーがあったり、中には梟(ふくろう)をほってあるところも・・・

アクセサリーにまじってどうしてわざわざ梟なのか・・・

これもおもしろい語呂合わせ(当て字)ですが、ふくろうは漢字で書くと「不苦労」で、苦労しないと・・・・


いかがでしょうか・・・・

日本人の感性というか、洒落っ気というかそんなものを感じますよね。

今度機会があったら一度観察してみてください。

どこかにちょこんとフクロウ君が鎮座しているはずですよ。

槐材の特徴としては、肌目は少し荒いですが、加工後の仕上がりが良く手触りが良いのが特徴です。
少し薄めの茶褐色の色合いも、使い込むうちにだんだんと深みと味を増して、濃い茶褐色へと変わっていきます。

木材として活用するほども蓄積が多くなく、また大径木になりにくいため流通にのりにくいので、目にすることは少ないですが、国産の良材であることは間違いありません。

携帯していただいて、槐の字の如く鬼の力で邪気をはらうお守りとするのもいいんではないかと思います。


金具不使用槐木製名刺ケース(名刺入れ) 無塗装

DSCF0775








素材:槐

価格:10500円(税込)

好評頂き完売いたしました。ありがとうございました。

*ご検討の前に、名刺ケースの特徴とご注意をご覧ください。


お問い合わせはこちらから



木ぃクンmuku_mokuzai  at 13:30  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 金具不使用木製名刺ケース | 本物の無垢木材 

金具不使用 本紫檀木製名刺ケース(名刺入れ)

前回の縞黒檀にひきつづき、3大唐木のひとつ「本紫檀」材のご紹介です。

DSCF0767







通常は、材の名前としては「紫檀」とだけ呼ぶ場合が多いと思います。

それを敢えて「本紫檀」と呼んでいるのはなぜか・・・・

そこに弊社のブログの核となる理由があるからです。少し話はそれますが・・・


このブログを書く目的」というところで簡単に述べていますが、現在かなりの情報が簡単に取得できるにもかかわらず、その中で正しい情報が少ないのが現状だと思います。
それが何の関係があるのか。

この紫檀材でいうと、産地ごとや、また若干の樹種の違い(区別の違い)、はたまた外観が似ているものを紫檀として販売していたりします。

以前ご紹介していた名刺ケースの素材で、「インドローズ」がありましたが、それも広義でいえば紫檀の仲間です。
本紫檀もローズウッドといわれていたりします。
DSCF0771



(右がインドローズ材、左が本紫檀材)




ですので、「紫檀材」という表記でも、それがどこの産地の何紫檀か?ということまで見ないといけないということです。紫檀だと思って購入したが、実はよく似た別の木材だった!なんてことのないようにしたいものです。

ですが、残念ながらそういった情報を明示しているところは少なく、“本物の”材質を手にすることが難しい場合があります。

そのため、弊社ブログで少しでも“本物の”木材に触れていただきたいとおもっています。


話はもどって・・・

弊社が今回製作したのは「本紫檀」木製名刺ケースです。

本紫檀はタイ産で、材色は赤褐色に黒っぽい、または紫の縞が入る、木目のはっきりとした材です。

優美でどこか華のある材面は、肌目は少し粗いですが、とても緻密で加工しやすく、仕上がり面が輝くので美しい光沢を望めます。

この本紫檀、なんといっても香りが素晴らしいんです!!

在庫丸太から板材を切り出す製材をしている最中は、作業場の近辺にバラのような甘美な香りが漂い、なんという木材だ…とあらためてみなおしました。

ただ、香りは製品自体からは直接香っては来ません。加工中のみです。
ですので、あの香りをお届けできないのが残念で仕方ないのですが、それでも材のもたらす美しさに変わりはありませんし、その甘美な香りを想像しながら所有欲を満たしていただけたらと思います。

縞黒檀同様、比重(縞黒檀の記事参照)が高いので持ち応え、触りごたえ満点です。
こちらも使い込んで磨かれ、どんどん光沢を増していってくれることと思います。


DSCF0770







金具不使用本紫檀(ほんシタン)木製名刺ケース(名刺入れ) 無塗装

材質:本紫檀

価格:12600円(税込)

*ご検討の前に、名刺ケースの特徴とご注意をご覧ください。


お問い合わせはこちらから

在庫僅少です! 

売り切れました。ありがとうございました。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 15:16  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 金具不使用木製名刺ケース | 本物の無垢木材 

金具不使用 縞黒檀木製名刺ケース(名刺入れ)

DSCF0779              







写真でもこのシマシマわかりますよね?

少し揺れながら縦方向に流れる木目が何とも美しいこの材が、縞黒檀です。

黒檀の原産はタイやインド、ミャンマー、スリランカです。
直径18センチにまで育つのになんと、200年!!!!!かかるそうです。
今ある材は、いつ苗木が芽を出したんでしょうか・・・これだけでも稀少性大ありですよね?


種別として材色や模様により、縞黒檀とか青黒檀とか種類があります。
今回は、おそらく男性ウケしそうな(偏見でしょうか?!)縞模様のほうを加工してみました。

特徴としてはご覧になっておわかり(名前もしかり・・・)でしょうが、基本的に黒いです。
シックというか、漆黒というような黒さを呈しています。

なにせ、昔のピアノの黒鍵は、この黒檀材で造られていたくらいですからその黒さ、推して知るべしというところでしょうか・・・

その黒さの中に黄褐色の筋がはいり縞模様を形成しているわけですが、通常の黒色のみの黒檀に比べて縞の並びがあることで、違和感なくそれが貴重な木材であることを気づかせてくれます。
(ほんとの話、真っ黒に近い黒檀材を持っていても、よっぽど気にして見なければ木材だと気づかれないほどです。持っていても、めづらしがってもらいにくいのです・・・この気持ち、おわかりいただけますか?!というか、そこまで見る人は・・・・・マニアです。ははは・・・)

そして、黒檀の美しいところはその磨くほどに鏡のように輝く光沢と、比重(物の重さを同体積の水と比べた時の割合)の高さです。

材の表面は艶が深く、光っていますが、使い込むうちに更に深みを増しかがやくこととおもいます。

比重1,1から1,2もありますので、手にした時の重量感はかなりのものです。
この比重がどれくらいのものか、なかなかピンとこないですよね。
たいがいの木材は水につけるとぷかぷか浮かびます。港の貯木場のイメージですねぇ。
ですが、黒檀のように比重が1,0を超えると水に沈むんです!!

重量が軽くても沈みます。

私も実験してみました。

重量が2倍の、これもまた重たい比重0,9近辺の材とをバケツにつけてみたら、黒檀は沈みもう一方は浮かぶんです。

今更ながら、「おおぉ〜〜!!」と声をあげてしまいました。

人間の感覚として、重たいほうが沈む!という先入観があるので、驚きが大きいんでしょうね。


私もいろんなお客様にご要望を伺うのですが、意外と男性は野性味があったり、特殊な模様だったり、珍品(失礼・・)などを好まれる傾向にあるようなんです。
それに比べて女性はより洗練されていたり、香りが良かったり、持ち物に会う(自分に合う)ものをお選びになるようです。

少し木材をご存知な男性からお問い合わせいただくのが、「ゼブラウッド」です。

DSCF0801







ブラジル、アフリカ産のとても変わった杢目・・・というより柄といえるような縞模様をもっていて、まるで「ゼブラ」=「シマウマ」の縞のようで美しいのですが、木材自体がとても狂いやすい(ねじれや反りがでること)ので、使用しないことにしています。
木材なので仕方がないことですけども…

でも特徴的、装飾的な杢目の材を持ちたい!!

そこで思いついたのが、この縞黒檀!!ということです。

ゼブラほどは主張しませんし、ずっしりとくる重量感やなめらかな木肌は、所有感たっぷりですし、ついつい触りたくなってしまうような素材感がたっぷりです。

勿論、ゼブラとは違い銘木中の銘木ですから、格式高く、自信を持ってご使用いただける商品です。

DSCF0784








金具不使用縞黒檀(しまこくたん)木製名刺ケース(名刺入れ) 無塗装

素材:縞黒檀

価格:9450円(税込)

おかげさまで完売いたしました。ありがとうございます。

*ご検討の前に、名刺ケースの特徴とご注意をご覧ください。


お問い合わせはこちらから




                                                   

木ぃクンmuku_mokuzai  at 15:52  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 金具不使用木製名刺ケース | 本物の無垢木材 

お待たせしました 新樹種追加

DSCF0788




全員集合!!(神代桧欠席・・・)



以前ご案内していた、弊社オリジナルの金具不使用木製名刺ケースの新樹種が本日入荷いたしました。

いつもながら、素材からいくつの製品が生まれてきてくれるのか心配でしたが、今回もしっかりと生まれてきてくれました。

美しい杢目と艶を持って・・・

まだ価格は未定ですが、早急にご案内できるように素材紹介記事にて情報を掲載したいと思います。
ご期待ください!!


追記 今回は、あるお客様の要望で、ご案内した樹種以外にも少量ですが違った木材で誕生した仲間が存在します。
いわば、裏アイテム?!ですね(^o^)

そちらもご紹介できるかと思いますので、あわせてご期待ください。

いやぁ〜木材って、ほんっとにいいもんですねぇ・・・
(どっかで聞いたようなセリフだなぁ…)


木ぃクンmuku_mokuzai  at 17:23  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 金具不使用木製名刺ケース | 本物の無垢木材