大阪の本物の木材を追求する材木店のページ
空を見上げて

高野槙無垢一枚物壁・床材

桧や杉のような針葉樹の仲間である高野槙。

コウヤマキ科に属する、1科1属1種という珍しい樹種ですが、日本固有種で、弘法大師が供花のかわりに御仏前に供えたことから、神聖な木材として扱われています。
昔は船の材料や、棺材として珍重されていたそうです。
近年では、秋篠宮悠仁親王のお印とされたことでも有名になりました。


木材としては流通本数が桧や杉に比べて圧倒的に少ないため、いろんな木材をご覧になっている方でも、まだ見たことのない方もいらっしゃるんではないでしょうか。
そこでご紹介したいのが、高野槙の無垢一枚物羽目板(壁材)と一枚物床板です。(写真は全て羽目板材です。目透かし加工品)


DSCF0550







高野槙とは字の如く、高野山に多く生えている木材です。この高野槙、水に対して腐りにくい性質を持っていることはご存知の方がいらっしゃると思いますが、ほんとのところ、その性質を持っているのは「赤身」とよばれる木の中心に近いところだけだそうです。なので、高野槙を使っているといっても赤身のみを使わないと本来の性能を発揮していないことになりますね。

弊社のご用意した高野槙材は、ほぼ赤身のみを使用しています。(原木の都合上、すべてではありません。一坪・畳二枚分の数量で二枚ほどに若干の白太が入る場合があります。)
赤身のみで木取りするのは、丸太の皮に近い白っぽい部分(白太という)がまるまる使えないわけですから、どれだけ木取りしにくく材が少ないかが想像できると思います。通常の桧や杉の材を見ていただければよくわかるとおもいます。


DSCF0553







材質はやや軽く、少し黄色っぽい外観に薄茶の節(枝跡)があり、何より高野槙を印象ずける特有の甘くも清々しい香りを有しています。概観は桧ほどはっきりとした色ではなく落ち着いていて、また香りも強すぎないので材自体が目立ちすぎることがありません。

フローリングとしてはもとより、湿気のこもりやすい洗面脱衣の壁材としてや、清々しい香りで、ご自宅のお手洗いの印象を変えてみるのも面白いですよね。

DSCF0556








・高野槙一枚物無垢フローリング ・羽目板 節あり赤身  (若干の白太を含む。寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×108×2000(フローリング)  
          :15×108×3000(フローリング) 
          :15×108×4000(フローリング)
          :12×108×2000(羽目板)
 
・形    状 :一枚物(エンドマッチなし)

・入    数 :2m物16枚入り(3.456屐/羽目板共 
         :3m物10枚入り(3.240屐
         :4m物 8枚入り(3.456屐

・価    格 :2m物 ¥35880(税込¥38750)/3.456
         :3m物 ¥42000(税込¥45360)/3.240
         :4m物 ¥46000(税込¥49680)/3.456

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :節有り赤身材のみを使用

・納    期 :お問い合わせ下さい。(受注生産の為約1ヶ月位が目安です。)

・ご 注 意  :赤身中心の木取りをしていますが、稀少な材の都合上一部に白太を含む場合があります。
基本赤身ですが、数量にして、2m材の1ケースの中に2枚ほど、材料の面積の2割程に白太が入っている物もあります。

また、一般の節板のイメージより、大きくはないですが節が多く入りますので、貼り面積の検討をお願いします。

未成熟球果

これは高野槙の未成熟球果。お目目のたくさんある妖怪みたいですよね。
こんなに密集はしていませんが、目のように見える節が点在します。という例え・・・ということで。


*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。


・弊社へのお問いあわせはこちらから 
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から

 



木ぃクンmuku_mokuzai  at 22:54  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 国産材 無垢フローリング | 本物の無垢木材 

恭賀新年

本日が弊社の仕事始めです。

昨年末から少しずつ進めてきましたが、まだまだ思うようにいきません(当然ですが・・・・・)。

この2009年も、情報の氾濫する社会の中で、自分の知りうる限りの正しい情報をご紹介していきたいと思いますので、たまに覗いてください。

大きな宣伝や、派手なうたい文句は苦手なので、小さいことから少しずつ進めますのでお付き合いくださいませ。

宜しくお願いします。


木ぃクンmuku_mokuzai  at 21:16  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 

本年もお世話になりました

本日27日をもって、2008年の営業を終了させていただきます。
お世話になりありがとうございました。

なお、年始は7日より営業いたしておりますので、今後とも宜しくお願いいたします。

2009年も、様々な無垢木材をご紹介したいとおもいますので、ご期待下さい。





木ぃクンmuku_mokuzai  at 20:25  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! ご案内・ご連絡  

高樹齢 百年杉柾浮造り無垢フローリング


国産木材の中で、蓄積量が豊富で、桧と共にとても身近な材である杉。

その名の由来は「直ぐい木」。すぐい木、と読みますがまっすぐに伸びることからその名がついたといわれていますが、これは江戸時代後期頃に植物学の先生が唱え始めたそうですので、俗説ということになりますが、それでも、木を見てみるとその名の通りのイメージです。

日本酒の樽や割り箸、住宅用の床柱に使用され、その木肌の美しさ、手触りの良さ、色の良さから古くから日本人の暮らしに深く溶け込んでいる材です。
巨樹や古木が存在したり、銘木と言われる屋久杉や秋田杉、霧島杉に代表される素晴らしい材を産出する日本特有の樹種です。
材には暖かみがあり、適度に弾力があるため床に使用した場合には衝撃を吸収し、足に優しいという利点があります。反面、傷はつきやすいのですがそれがまた良い思い出になったりしますよね。


気になる実験結果があります。
マウスの飼育実験で木製の箱と、コンクリートの箱、そしてアルミの箱の3種類の箱を使用したところ、3世代にわたって生存できたのは木製の箱だけだったそうです。
我々が住んでいるのも木造の大きな木の箱だったりしますよね。
そこにフローリングなどとして杉を使用すると、材の発する香りが睡眠を促進し安眠効果をうみだすことが研究で明らかになっています。

これらの効果は杉材に含まれる「セドロール」という成分によるもので、体内時計を整えるホルモンである「メラトニン」や鎮静効果をもたらす「セロトニン」の分泌を促し、気持ちを落ち着かせたり安眠効果をもたらしてくれるそうです。
もちろん、産地や樹齢や生育環境そして芯材と辺材の違いにも大きく左右されますので、一概に言えない事は言うまでもありませんが、人間の肺が吸い込む酸素のうちの20%を脳が消費すると言われています。
体は脳からの信号によって動かされますので、その脳が消費する酸素の状態が如何に重要かということですが、杉は人の生活する大切な空気環境をも整えてくれる効果があると言えます。

さて、ご紹介するのはその杉の木のフローリングですが、通常の杉のフローリングとは一味も二味もちがいます。

DSCF0542-3


これです。杉の柾目の一枚物フローリングです。



丸太を製材するとき、通常は板目木取りといって、木材の年輪がタケノコのような山形模様が現れる様に製材するのですが、このフローリングは「柾目木取り」といい、材の年輪が縦に平行にそろう様に製材したものです。

これ、言うは易しで、柾目木取りというのは実はとても贅沢な方法で取られているのです。


DSCF0541-2
板目木取りなら丸太の中心も含めて切り取っていくので幅が広く、たくさんの材が取れますが、柾目木取りは丸太の外側から中心に向かっての半径分しか取れないため、幅広が取りにくく1本の丸太から約20%しかとれないといわれる貴重な木取りのです。



DSCF0545-4更にその貴重な柾目板を杉板の柔らかい組織の部分を削り、硬い組織の部分を残す浮造り加工という方法で、仕上げられている為「杉は手触りが暖かいが、すぐに傷がついてしまう」や「洋風住宅に杉を使いたいが、ログハウスっぽくなるのがちょっと・・・」、「杉フローリングで他と違ったものが欲しい!」というご要望にお応えできるものと思います。

他にも浮造り加工を施した杉板は見かけますが、この商品の浮造りは特殊で浮造りが深く傷がつきにくいのと、浮造りされていない杉材の床と比較して艶がでやすく、数年経過後の色の変化もとても美しく、なにより柔らかい部分に付着しやすい汚れが付きにくいので、使い込んだ時の風合いが飴色の艶を伴って古くなっていきますので、より一層の愛着がわいてくるものと思います。

時間経過での艶の出方2
これくらいの飴色になります。

右が製造直後です。

左は約1年経過のサンプル材です。



そして、もう一点他の杉材フローリングと違うところは、完全天然乾燥を実施していることです。

芯材まで完全に、短期間で乾燥させるには人工乾燥機(要は窯です。)にいれて、人為的に水分を抜いていくんですが、これでは急速に乾燥するのと、樹脂分まで飛ばされてしまうため、杉などの針葉樹の場合は特に材の色艶が失われることが多いのが現状です。

そこを、手間暇をかけてゆっくりと乾燥させていく天然乾燥をすれば、材は強くしなやかで、良い香りを残すことができます。
当然、この商品にはこの天然乾燥材を使用していますので、香り、色艶、材のあたたかさは、本来のものがしっかりと残されています。
もちろん、これらを実現するにはそれなりの良質な原木が必要です。
この百年杉柾無垢フローリングが生み出される原木は主に樹齢100年を迎える頃の高樹齢原木が主になっています。
そのため、色艶といい木目といい全く異なるのです。
高樹齢原木の前では、一般的な杉の原木である40年生や50年生はまだまだ子どもの様なもの・・・
仕上がりの違いは、原木の時点で決まっていると言えますね。

杉柾浮造り一枚物無垢フローリング施工写真拡大1

また、この柾目という不規則でありながらも規則的に見える自然のリズム感は「1/fゆらぎ」といわれるもので、パソコンでひいた一直線の様にあまりにも正確に規則正しいものでは、チカチカとして人間の目はとても疲れてしまうそうです。
それが、これら木材の生み出す自然のリズムは、年輪ごと、成長ごとの微妙な違いを持った規則的でありながら不規則なリズムがあります。
これが、杉の安静効果とともに、視覚的にも優しい杉柾フローリングのよいところでしょう。

当然材の表面も木目の揃った美しい仕上がりです。是非この贅沢な杉材をご自宅の床にご使用下さい。
高樹齢百年杉柾浮造り無垢フローリングは弊社展示スペースに実物を大きく展示しております。是非ご覧になって手触り、足触りを体感してください。
杉への考え方が変わるかもしれませんよ。


ショールーム内 杉柾無節浮造り一枚物無垢フローリング


























・一枚物の施工写真はこちらから

長さ方向にたて継ぎのあるお求めやすいUNIタイプも追加しました。

高樹齢百年杉柾浮造りフローリング 6

・UNIタイプ施工写真はこちらから

なお産地は、日本全国の優良な原木です。全国の杉材の活性化のため地域を限定することなく、良材原木を集め、ていねいに仕上げられています。


杉フローリング原木丸太杉柾無節浮造りフローリング原板拡大







貴重な大径木と、そこから産出される目の通った柾目原板。


・高樹齢 百年杉柾浮造り無垢フローリング  源平無節(赤身込み)  (寸法表記は全てmm単位)

・寸    法 :15×110×1950

・形    状 :一枚物、又はユニ(縦継ぎ)

ユニの縦継ぎ箇所の目安は3〜4ヵ所です。

・入    数 :8枚入り(1.716屐

・エンドマッチ :あり

・価    格 :一 枚 物     ¥27027(税込¥29189)/1.716
       :ユ ニ 上 柾     ¥18404(税込¥19876)/1.716

・運    賃 :別途、地域によりお問い合わせ下さい。

・グ レー ド :節なし材のみを使用(一枚物には、多少の木目の流れや        
不揃い、小さな葉節を含みます。)

・納    期 :お問い合わせ下さい。   

表情の違い

入り皮

高樹齢百年杉柾浮造りフローリング 2

軽微な節

高樹齢百年杉柾浮造りフローリング 7



*ご検討の前に弊社からのメッセージを必ずご覧ください。


・弊社へのお問い合わせはこちらから
・その他の無垢フローリング・羽目板ラインナップはこちらの記事下段から


木のビブリオが、それぞれの木が持つストーリーとともに、こだわりの木材をお届けするブログと、稀少木材・無垢フローリングのホームページです。


・樹種別無垢フローリングのブログ記事一覧 http://trackback.blogsys.jp/livedoor/muku_mokuzai/1611916

・戸田材木店・セルバのホームページ
http://selva-mukumokuzai.jp






木ぃクンmuku_mokuzai  at 19:33  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 国産材 無垢フローリング | 本物の無垢木材 

― 木材塗料には植物性無公害オイル、オスモカラーをおすすめします ―

・木材に塗装は必要か・・・?

悔しいながらもYES!です。悔しいながらというのは、私自身あまり塗装をするのは好まないからです。何故なら、樹種が持つ独特の色が少し濡れ色になり、芳しい香りが若干のオイル香に包まれてしまうからです。
ですが、それでも塗装する理由・・・それは、愛着のある木自体を保護するためです。木材はあらゆる生活環境に耐え、水分や紫外線等により、植物がもつ細胞が破壊されていき老朽化します。
それをなるべくおさえ、保護するのが塗装の役割です。ですが、近頃は無垢の木だから自然の塗料を塗ればいいというだけの考えから、純天然成分のみのもので塗装本来の役割である木材保護の役割を果たせないものや、自然とうたっておきながら、粗悪なものまで様々乱立しています。そのような物の中にあって、材木屋がすすめるのは、植物性無公害塗料「オスモカラー」です。


 なぜオスモカラーなのか?

1、大きな違いは、主成分とその内容です。
  一般的に植物性の自然塗料は亜麻仁油などが主成分で、液体に対してシミ汚れが残りやすかったり、メンテナンスサイクルが短かったりするのですが、オスモカラーの主成分はひまわり油、大豆油、アザミ油です。これらを幾度も精製して純度を高めていますのでコストや手間はかかりますが、汚れが付きにくく木によく浸透し木目が美しく際立ちます。また、植物由来のカルナバワックス、カンデリラワックスを高純度で配合していますので、磨耗にも強くシミ汚れが残りにくくなっています。

  また、亜麻仁油などが原料のオイルはそれ自体が黄色みを帯びていますので、桧や杉その他の白っぽい樹種に塗装した場合、素材の白さがオイルの黄色みに負けて、仕上がりが元来の風合いよりも黄色くなってしまいます。
  その点、オスモカラーはひまわり油ですので、若干の濡れ色とオイルの色は乗りますが、原料の色を極端に変えてしまうようなことがありません。


2、優れた耐水性と、透湿性。
  オスモカラーは、水分が付着してもきっちりとはじいてくれます。(放置はしないで下さい)動物性の自然塗料にあるような変色や、白化がありません。
また、水分はとおしませんが湿気は通すので、木本来の呼吸を妨げることがないので、木材に最適でありなおかつ呼吸ができることで、樹脂塗装にありがちな塗装面が剥離する、ということもありません。

image002



  イメージ図





3、メンテナンスが容易である。
  塗装面の仕上がりは塗りむらが出にくく、木部によく浸透し皮膜を作らず曲面等も容易に塗装可能です。
また、一部塗装面が傷ついても、その部分だけサンドペーパーをかけ、塗るだけでムラなく、また塗り継ぎが目立たず塗装出来ます。合成樹脂塗料のように、皮膜を剥がす必要がありません。


4、無公害なのでおもちゃにも安心です。
  オスモカラーは、食品衛生試験に適合していますので、お子様の遊具や玩具の塗装にも安心です。
誤解があるといけないので注意してください。
食品衛生試験に合格していても、オスモカラーは食べ物ではありません。乾燥した塗装面を万が一口にしても安全ですが、人為的に飲むようなことは避けてください。よく、自然塗料は舐めても安全!と宣伝されていますが、なめないでくださいね。22








*ただし、屋外木部用に関しては防腐剤などを含んでいますが、環境に対して生物学的に危険を及ぼす化合物を揮発することはありません。


5、主剤の比率がだんぜん高い!
  通常の水性塗料に比べ、単純な価格は高価ですが、オスモカラーは主剤の配合比率が高く、水性塗料に比べ約2〜3倍多く塗れます。一缶でよくのびます。他の塗料は同じ内容量でも、溶剤といって乾燥するときに蒸発してしまう部分が多いので主剤が少なく、あまりのびないものが多いです。


6、豊富なカラーバリエーション
  用途により様々なラインナップから商品を選んでいただけます。また、着色仕上げも、内外装とも豊富なカラーから選択していただけます。内装と外装を近似色で仕上げることができます。


7、無垢フローリングに最適、速乾床用ハードワックス
  塗装工程は一回の部位もあれば、床などで常時摩擦がかかったり、汚れが付着しやすかったりする部分は二回のところもあります。通常はどの部位も二回塗装していただきたいですが、フローリングは施工した後で塗装することが多いので、意外とこの二回塗装が時間をとってしまいます。

そこで、お勧めするのがフロアークリヤーラピッドです。通常なら約12時間で乾燥するところを、4〜5時間で乾燥します(気温約20度の場合)。これなら、一日で2回塗りが可能です!!(床に塗装される場合、表面仕上げが平滑すぎると滑りやすくなることがあります。超仕上げやカンナでつるつるに仕上げず、#180程度でサンディングして木地調整を行ってください。)


このように、様々な利点を持つのがオスモカラーです。


ここまでみると完璧なようですが、きちんとお伝えしないといけないことがあります。

自然塗料全般にいえることですが、空気中の酸素を取り入れて乾燥する酸化重合という過程で、オスモカラー自体にはホルムアルデヒドは含まれていないのですが、微量ながらホルムアルデヒドの発散が確認されます。原因などははっきりとはしていませんが、植物油を原料とする自然塗料には切り離せないもののようです。
とはいえ、塗装後は乾燥が進むと徐々に発散は減退しますし、塗装10日後には国土交通省の告示F☆☆☆☆の基準値内に納まります。
それでも強いアレルギーをお持ちの方や、自然のオイルにもまけてしまう方もいらっしゃるので、必ずご使用の上で問題がないか確認下さい。


そして、取り扱いについて、1点のみ注意していただきたいのが、塗装使用後のウエス(布)の処理です。塗料の付着したウエスを放置しておくと、乾燥過程で熱を持ち自然発火の恐れがあります。使用後はすぐに償却処分するか、十分水に浸しておいてから処分してください。


オスモカラー価格表

オスモカラー定価表(税別)

クリックして拡大をご覧ください
各送料別途

カタログを用意しております。お問い合わせ下さい。

カラーカタログ















木ぃクンmuku_mokuzai  at 22:00  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 天然植物性無公害塗料オスモカラー  

窯だし

本日12月18日、以前少しご紹介しました弊社社長の陶芸作品の釜出しに同行いたしました。
愛媛県のとても静かな町にその釜はあります。
海が近く、心地よい風が感じられるとてもいいところです。
DSCF0529







毎回出来映えを楽しみに道中むかいますが、今回もなかなかのものでした。
薪釜なので、灰をかぶり様々な色を出し、時には熱で少し形が変わったりと、やはり自然の産物と思わせる何ともいえないものがあります。
DSCF0003 (1)
徳利、ぐいのみや壷、抹茶椀に雑炊椀など絵、色、形の違う作品が様々・・・
明日はその整理におわれることでしょう(^∀^)

今回の作品も含め、常時店舗展示スペースにて手にとっていただけますので、一度ご来店下さい。

新築御祝いや、結婚御祝いその他実用的なものでご自宅用まで相談に応じますので、気軽にお尋ね下さい。
もちろん、ご自分だけの一品物も注文いただけますのでそちらもお待ちしております。弊社社長はもとより重松さん、福井さんにも依頼可能ですのでお声かけ下さい。


おまけですが、こちらも重要!!
海の近くということで、何といっても魚です。帰りに漁港によって、買って帰りました。早速頂きましたが、いつもながら美味しい!!!ぷりぷりの身がこたえられません。やはり自然の産物というのは素晴らしいと実感いたします。木材も一緒です!どちらも大切に消費したいものですね。
DSCF0537

木ぃクンmuku_mokuzai  at 23:15  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 自然の土から・・・陶芸作品販売・注文制作  

お問い合わせはこちらから

お問い合わせ

お電話、FAX、メールにてお待ちしております。
メールは上部「お問い合わせ」をクリックしていただくとメールフォームが表示されます。
メールにて先にご連絡いただいた場合、業務状況により回答までにお時間をいただくことがございますので、ご了承くださいませ。確認でき次第ご連絡いたします。


また、万が一当方よりの折り返し連絡が無い場合は、大変お手数ですが、ご一報いただけますと有難く思います。
サーバーにより受信されていないケースが稀にですが起こっている様ですので、なにとぞよろしくお願いいたします。


ご来店いただく場合は是非ご予約をお願いいたします。
御予約のない場合、せっかく御足労いただいても、担当不在のためお話をうかがえない場合があります。

ご予約の際下記をお知らせくださいませ。

・お名前
・ご来店いただける人数(お子様についてもおっしゃってください)
・予定日時
・考えていらっしゃる樹種などあれば、樹種名・商品名(寸法など)

よろしくお願いいたします。


なお、日曜、祝・祭日、毎月第一土曜日並びに年末年始、お盆は会社自体はお休みを頂いております。
休日にお越しいただく場合は別途ご相談ください。倉庫などは閉まっております為ご覧いただける商品が限られますが、ショールームについてはご案内・ご相談お受けいたします。

戸田材木店・セルバ

大阪府 茨木市 大池 1−11−31

tel:072-634-3425

fax:072-634-3000

mail:selva-toda@lion.ocn.ne.jp

HP:selva-mukumokuzai.jp


お問い合わせの際にいただきました個人情報は弊社から、お客様へのご連絡業務など以外には使用いたしません。



木ぃクンmuku_mokuzai  at 23:06  | コメント(5)  |  この記事をクリップ! 弊社へのお問い合わせ  

弊社からのメッセージ   無垢の木と暮らすということ(必ずご覧下さい)

「無垢の木」
それは木そのもの。
接着剤で貼り付けたり、無用な工業加工を経ていないものです。
そして、木というものは生き物であるということを知ってください。

動物のように、声を発したり動いたりすることは出来ませんが、植物であり生き物です。とはいっても、実感としてはなかなか湧いてこず意味のつかみにくいことから、木材に対する偏見や無知からくる木の「いきもの」としての特性を否定する意見を耳にします。

例えば「反る」、「曲がる」、「すく」、などでしょうか・・・・

専門用語で「木が動く」といいますが、たとえ伐採されても木は生き続けています。(正確には生きているというより、吸放湿を繰り返しているのが呼吸と称されている)そのため、急激な吸放湿で反る・曲がる・透くなどがおこります。

これらは全て、木の持つ性質であり、工業製品でない証なのですが、どうしても工業製品と無垢の木を同じように考えらるかたが多くいらっしゃいます。以下無垢の木材を扱う上での注意しなければならない特性や、どうしても起こりえる現象をご紹介しますので、無垢の木材を検討されるかたは熟読くださいませ。


・木は、人と同じいきものです。フローリングなどで言うと、冬になると乾燥し縮んで、各板間に5ミリほどの隙間が生じたりし、夏場には吸湿し膨らみ隙間が閉じたりもしくはフローリング同士突きあがったりする場合があります。
(ただし、近年の高気密高断熱住宅では必ずしも季節は関係なく起こります。)

DSCF9524米ヒバ無垢一枚物フローリング
5ミリ弱の隙間






DSCF9526
板屋楓無垢フローリングFJL(縦横接ぎ)ウレタン塗装
3ミリ弱の隙間

(比較的寸法が安定するウレタン塗装幅接ぎ材でもこんな感じです。)             


*両写真とも1月に撮影(床暖房なし、室内暖房のみ使用)

これらの隙間も、湿度によってほぼ目立たなくなるくらいにひっつくほど伸縮があります。ずっと隙間のすいたままを維持する訳ではありません。
乾燥しきった木材の割れも、水分で割れがわかりにくくなることもあるほどです。(木材の中の水分は、完全になくなっているわけではありません。)

お風呂で本物のさくらんぼ1




ここまで割れていても・・・








風呂上がりの本物のさくらんぼ2




水分を含ませると、わからないくらいに割れがふさがります。






こういった動きを繰り返すのが、木材の伸縮動作です。
写真の動きの記事はこちらから

・フローリングの場合、床下の湿度環境により防湿シートを敷くなどしてください。過湿度で突き上げの原因になります。特に喚起の難しい床下や、コンクリートスラブの上などは注意してください。

・無垢フローリングは使用個所によっては、別途注意していただきたいところがあります。
水はねやこぼれが多い場合のキッチン前、脱衣室のお風呂出入り口前は、足ふきシートなどを敷きっぱなしにせず、乾燥を保ってください。
また、人は就寝中に大量の汗をかきます。無垢フローリングの上に直接布団を敷いている場合、フローリング表面が黒色などに変色する場合がありますので、よく乾燥させるなどしてください。

・木の表面は基本的に傷がつきます。硬い木、柔らかい木とありますが、必ずつきます。が、これも無垢の証、どんどん味わい深くなっていきます。この味は、工場出荷が、美しさ100%の段階の工業製品とは全く異なるところです。クレヨンや油汚れ、シミやキャスター傷も家族の歴史の一部として残るものと微笑んで見守ってください。

・フローリング表面が割れる原因に、強い西日やカーペットの使用(ホットカーペット含む)、床暖房の使用、ファンヒーター直射の使用があります。熱せられた木材からは水分が失われ、やせて縮んでいくからです。ご使用には十分ご注意下さい。並びに施工説明をよくご理解の上、施工頂く様にお願いします。

・木の表情・・・皆さんお分かりになりますか?人の顔、性格が十人十色なのと同じく、木の色、性質、見た目も千差万別。例え同じ樹種でもです!
ですので色や目、見え方が同じというのものはありえない。その表情の違いを楽しむ余裕を持ってもらうことで、より木と上手く接することが出来ると思います。

・無垢の木は、永い年月をかけて徐々に年をとります。色の薄い樹種は特に、最初の色合いから少しずつ太陽の光等で、焼けて色濃くなっていきます。美しい飴色に艶めくものもあります。同じ年月を過ごす一員として経年美という観点から楽しんでください。
(反対に、次第に色抜けし色みが薄くなっていくこともあります。)


ブラックチェリー日焼け比較 1ブラックウォールナット日焼け比較 1









両写真とも右にあるのが新しい材、左にあるのが日焼け材。
1ヶ月半、直射日光下での日焼け実験の結果です。
左写真はブラックチェリー材、右写真はブラックウォールナット材です。

・無塗装の無垢フローリングは、必ずしも「塗装仕上げ向け」というわけではありません。
塗装の種類や方法によっては、反りや割れ伸縮の原因になる場合がありますので、塗装方法等ご留意ください。

・節(枝の跡)のある商品はとても自然で、木材らしい表情を持っていますが、フローリングならストッキングや靴下がひっかかって破れたり、節部分が割れたり欠けたりしますので、ご採用には十分ご留意くださいませ。

・天板としてご使用になる木材は、表面のみに塗装したり、ビニールマットを被せたりすると、一面のみの吸放湿が妨げられて反ったり割れたりすることがありますので、塗装する場合は全面に塗装を施し、マットなどで覆わず常に呼吸できるような環境になるようご配慮下さい。

・樹種により、表面がケバ立ち易かったり、ささくれが出やすかったりし、一部引っかかることもあります。不具合な場合は他の樹種の選定や、使用の可否を再検討お願いいたします。

・フローリング、天板等、一枚一枚全て性質が異なるため、表記寸法と誤差のあるものも含まれます。特に針葉樹フローリングでは、巾方向同士を突きつけた場合、寸法が1〜2ミリ異なることもあります。木の性質、寸法等を考慮しての商品選定、施工をお願いいたします。
また、湿度や温度の変化が大きい状態でフローリングの梱包をほどいた状態のままですと、材の吸放湿により寸法変化や反りなどの原因となりますので、材料の保管管理にはくれぐれもご注意ください。

・フローリング、天板共、施工中の水掛かり(特にキッチンや洗面所)や、夏場の施工現場での汗の滴などで、仕上げ面が吸湿し毛羽立つことがあります。塗装しても目立つため、施工中は十分に気をつけてください。

・アルミサッシやユニットバスの入り口枠など、無垢フローリングや無垢材の端部に部材を取り付ける際は、必ず下穴をあけることと、できる限り端部を避けて施工してください。
割れが生じる原因になります。

・節のあるグレードや、木材は節(枝の後)が抜け落ちて穴になっていたり、パテ埋めを施しているものもあります。また、針葉樹材の中には逆目(さかめ)と呼ばれる木目がはがれる様な現象の起こるものがあったり、硬質広葉樹材の中にはソゲの立ちやすいものなどありますので、取り扱いには手袋をすることや、表面を強くこすらない、欠け部分に配慮するなどの注意をお願いします。

・床暖房向け商品でも、必ずといっていいくらい隙や反り、曲りなどが生じます。隙などがないことを保証しているものではありません。生きている木材のことです。
生き物だと考えれば、ご理解いただけるかと思いますが、ご理解の上ご採用くださいますようにお願いいたします。
また、床暖房向けの商品においても、表面温度が30度を超えるような温度での使用やフローリング表面を覆った状態での使用では、割れや隙間が大きくなるなどの原因になりますので、床暖房の使用状況にはご注意ください。

・木材は季節により伐採できない、もしくは出荷できない事情で入荷のない樹種もあります。ご採用にあたっては、在庫や、納期に十分余裕を見ていただくようにお願いいたします。

・木材のうち、特に広葉樹の中では見る角度により、光の反射で表情が変わるものが多々あります。これが広葉樹の杢の美しさですが、それが現れるものと現れないものがありますので、無垢の表情の違いとご理解下さい。

・広葉樹木材の中で、特にナラや、ケヤキ、タモなどは、辺材部がキクイムシの食害にあう可能性があります。
食害の可能性の低い樹種を選択されるか、食害の可能性をご理解の上ご検討くださいませ。
もし被害にあわれた場合は、専門の駆除業者様にご相談ください。

・上記キクイムシ以外にも、針葉樹も含めシロアリやその他の木材加害虫の被害をうけることがあります。
被害の拡大を防ぐため、発見のときは早期に駆除業者様にご相談ください。

・木材製品の天板等は基本的に鋸(のこ)で製材したままの状態です。別途仕上げ加工が必要になりますので、加工が必要な方はご相談ください。

・記事に掲載の商品写真は現品の一部のものです。無垢商品の為、実際の商品は杢目や色合いが異なることが必ず!ございますことをご理解下さい。

・木材の中でも特殊な部類のものである「神代木」は、永年土中・水中にあったため、現在の丸太からの木材に比べて粘りや強度などの特性は劣ります。桧や杉などの針葉樹神代、ケヤキやタモなどの広葉樹神代に関係のない性質ですので、ご使用においては、使用部位や頻度等を配慮頂きますようお願いします。

・無垢フローリングや無垢羽目板には、木裏加工(木の中心部に近い面を仕上げ面に加工しているもの)が含まれます。
諸条件を勘案して取り入れていますので、必ずしも木表加工ばかりではありませんので、ご理解いただきますようにお願いします。

カラマツ木裏加工




ピュアラーチ(TENKARA・カラマツ)幅広無垢一枚物羽目板の木裏加工。






カラマツ木表加工




同じく木表加工(木口の年輪の山形模様の向きをみてください。山なりになる方が木表・きおもて。受け皿になる方が木裏・きうらです。)



・無垢フローリングの場合、特にキャラクター豊かなネイキッドグレードや節ありグレードは、材の有効活用と、木材そのものの成長の特徴を「欠点」と切り捨てることなく利用しています。
そのため、実部分の節欠けや変色、補修部分の割れの開きなどが見られるかもしれません。

節補修





節のパテ補修ですが、ここから広がる事も稀にあります。






フローリング実の節1




実付近の節補修。裏側はかけていますが・・・







フローリング実の節2




写真下側、フローリング表面は補修を施しています。







・桐無垢フローリングは、湿度環境や接触空気面積の違いなどによって、材中の灰汁の出方に変化があります。
そのため、濃茶褐色に変色する場合や・・・

桐フローリング 変色後

施工時の床養生材によっては、筋状に変色したりする場合もあります。

桐フローリング 養生跡

桐材の場合の養生材は、隙間のできるような凹凸のあるものや、空気たまりのできるようなものは避けてください。(フクビ化学 エコフルガード系は特に避けてください。)


これらも大切な無垢の木材の一部です。
節があるから成長し、人間と同じように成長の過程で何らかの影響で変色をおこしたり、傷がついたりします。
ネイキッドグレードや節ありグレードのみに限った事ではありませんが、より多く含まれますので、採用の際には御留意くださいますようお願いします。




木ぃクンmuku_mokuzai  at 22:47  | コメント(12)  |  この記事をクリップ! 必ずご覧ください | 無垢フローリング 

名刺ケースの価格を掲載しました


各名刺ケ−スに価格を表示しました。

今後とも宜しくお願いいたします。

木ぃクンmuku_mokuzai  at 16:13  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 金具不使用木製名刺ケース | 本物の無垢木材 

戸田材木店・セルバ展示スペース


神代欅銘板と木製名刺ケース
こじんまりとですが、展示スペースを設けています。








プロの陶芸作家の重松史二さんや、福井信義さんの作品を展示・販売しています。

実はそこにまぎれて、弊社社長の作品も展示しています。社長はチョコチョコと窯にお邪魔するくらい、お二人と懇意にさせていただいるとともに、アツイ陶芸談義を交わすくらいに陶器には深く関わっています。

何せ、今日も社長が釜焚きに行っているくらいなんですから。
詳しくは次の機会に・・・・


ご紹介してきた金具不使用木製名刺ケースや、各種銘板も展示しています。
写真は、神代欅の柾板です。

陶器と木と住宅に関してのご相談にのります。ご来店下さい。
お待ちしています。

 



木ぃクンmuku_mokuzai  at 19:33  | コメント(0)  | トラックバック(0) |  この記事をクリップ! 本物の無垢木材 | 金具不使用木製名刺ケース